日本の「押し寿司」が、意外な名前でNYに浸透。

食べ物のInstagramを眺めるのが好きだ。フード系アカウントばかりをフォローしているアカウントがあって、空腹時はそのフィードを眺めてひたすらハートを押す。満腹のときは絶対に開かない。そして最近思うのは、弁当の写真がマンネリ化しているということ。どの写真も、真俯瞰から撮影したものばかりなのだ。だからこの弁当を見つけたとき、「横だ!」と思った。

地層に見立てたBENTO

5731e8ad766ef15cac756c367bd2200e1c531b18
NYのカフェやデリで販売されているこのジャー入り弁当。NYへ移住した日本人女性が作っており、地元の人からじわじわと人気を集めているらしい。「押し寿司」からアイディアを得て、層状に食材を詰めることを思いついたのだそう。であれば「SUSHI」という名前を付けそうだが、具材を「地層」に見立てた「CHI-SO」という名前が面白い。
D7714a29d007290bebb3c92feaac8415087b406d
オーソドックスな「CHI-SO」の構成は、以下の9層。
1)パンプキンシーズ
2)ピンクレディアップルとセージ、ココナッツチップスのサラダ
3)おろし生姜
4)キャラメライズドオニオンカレー
5)グリルしたズッキーニ
6)ごま塩ごはん
7)パプリカのアップルサイダーピクルス
8)人蔘とショウガのキンピラ
9)シソご飯
野菜と米はすべてオーガニック。ナッツフリー、グルテンフリーのヴィーガン弁当だ。
157ea939dafea11400342c7b660198332a04d2ff

日本の押し寿司が、まさか地層としてNYで受け入れられているとは…。さすがグランドキャニオンのある国だ。

Licensed material used with permission by CHI-SO
正月、お雑煮に飽きたら作ってみたいなと思っているのが「お餅で作るチーズ」。そのまま食べたり、サラダに入れたり、サンドイッチに挟んだり、食べ方も色々とアレン...
他の国の食べ物の文化も受け入れて食べてみる。そこから始まる楽しさを『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)の著者、本山尚義さんが教えてくれ...
オフィスランチをメンバー持ち回りで手作りしているTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもおいしいけれど、いろいろな人とこの場を共有したらもっと...
日本でも珍しい京都の弁当箱専門店「Bento&Co」が開催した、弁当箱を使った国際コンテスト。「第7回国際BENTOコンテスト2015」の結果をご覧あれ。
過去にニューヨークでミシュランの3つ星を獲得した「SUSHI YASUDA」。その元オーナーで、現在は南青山に「SUSHI BAR YASUDA」を構える...
日本人が愛してやまないソウルフード、お寿司。いまでは国境を越えて多くの人に愛されているけれど、ふと、理由が気になってしまったんです。アメリカの女性ライター...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
20代のリアルカルチャーを発信する「Elite Daily」。食のトレンドを伝える記事は、目新しさ、驚きそして、若者ウケの良さが判断基準だったりして?ライ...
厚生労働省の調査によれば、12歳以上の日本人のうち48.1%が日常生活でストレスを感じているそうです。そして、その解決の方法として、食事から見直そうという...
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...
ココナッツミルクを使った「ヴィーガンホイップ」が、いま密かにブームになっているんです。
フリトレー社のスナック菓子「チートス」といえば、世界40ヵ国で販売されている人気商品。チェダーチーズの濃厚な味わいと食感がクセになっている人も多いのではな...
もし、日本の食卓に並んだら、箸が進まないかもしれない。でも、他の国では愛され、好まれる料理を「The Infographics Show」の動画で紹介され...
どのような食生活が合うかは人それぞれですが、Vlad Ixelさんにとってのそれは「ヴィーガン」だったそう。過去5年怪我なく走り続けている彼のスタイルを、...
実はこれ、食品サンプルではないんです。
日本が世界に誇る料理、寿司。真っ白なシャリに新鮮な素材がのった姿は、海外から見ると「芸術」と評されることもあります。それが、実際にアート作品へと昇華しました。
15,000を超えるRTを集めた「簡単寿司」の作り方がまさに目からウロコ!使うのは100円均一で購入できる製氷トレーです。確かにこれなら手がベトベトにもな...
春の行楽シーズンは、ちらし寿司や茶巾寿司など、薄焼き卵を焼く機会が増えてくるもの。普段のお弁当においても、彩りに重宝する料理です。ただ、薄焼き卵って地味だ...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第5回は北欧スウェーデンの名物料理。