握らない、巻かない、押さない、ちらさない、スシ。

今やお寿司は、日本の食文化という立ち位置から、「SUSHI」として、世界中で愛される新たな食ジャンルへと転化しつつあるように思えます。だって、カリフォルニアロールにはじまり、ケーキやブリトーにも姿を変えるんですから。

ここで紹介するのは、そんな世界の創作SUSHIへのオマージュ(笑)。洋食のアラカルトのようでしょ。いつもの醤油で、と言わず、お塩、バルサミコ酢、ココナッツミルクやスパイスなどでも楽しめますよ。

オープンサンドならぬ
オープンSUSHI

材料:2本分

<アボカドとサーモンSUSHI>
酢飯:400g
アボカド:サイズにあわせて4〜5枚
サーモン:サイズに合わせて4〜5枚
レモン:適量(輪切り)
イタリアンパセリ:適量

 

<カプレーゼ風SUSHI>
酢飯:400g
モッツァレラチーズ:5ミリ幅の半月切り3〜4枚
トマト:5ミリ幅で3〜4枚
生ハム:適量
バジル:適量

パウンド型にラップをしき、1/2量の酢飯を詰めて形を整えたら取り出します。それぞれの具をバランスよく乗せたら出来上がり。

押し寿司をつくる際の「押し枠」があればそちらで、あるいはパウンドケーキ用の「パウンド型」でも可能。パウンド型にラップをしき、酢飯の半分量を詰めて型を整えてから取り出します。そのれぞれの具材をバランスよく乗せればできあがり。

Top image: © FOOD CREATIVE FACTORY
Text used with permission byFOOD CREATIVE FACTORY
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
11月30日、秋葉原に寿司ブリトー専門店「beeat sushi burrito Tokyo」がオープンしました。
Yujia Huさんは、寿司でいろんな有名人やハイブランドプロダクトを作り上げています。
イスラエルを旅したら、一度は食べてみたいフュージョンSushiのご紹介!
「SUSHI TELEPORTATION」は、食のデータ転送を実現して、世界中どこにいても、3Dプリンターで好きな料理を再現できるようにするというプロジェ...
イギリスにある最高!?のマリアージュを発見。「Runaway Brewery」が開発したGari Goseは、成分にガリや昆布、梅やすし飯が入っているビー...
20代のリアルカルチャーを発信する「Elite Daily」。食のトレンドを伝える記事は、目新しさ、驚きそして、若者ウケの良さが判断基準だったりして?ライ...
アメリカで流行る前から、寿司ブリトーを販売していたブラジルの日本食チェーン店「Koni」。
日本が世界に誇る料理、寿司。真っ白なシャリに新鮮な素材がのった姿は、海外から見ると「芸術」と評されることもあります。それが、実際にアート作品へと昇華しました。
日本人が愛してやまないソウルフード、お寿司。いまでは国境を越えて多くの人に愛されているけれど、ふと、理由が気になってしまったんです。アメリカの女性ライター...
スパークリングワイン、チリの「サン・ホセ・デ・アパルタ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット」。お値段は1,598円〜ですが、シャンパンと同じ製法の瓶内2次発酵...
ヘルシーフードとしても注目され、「日本のことはあまり知らないけど、スシは好き」なんていう海外の人もいたり。その土地の人の口に合うように大幅アレンジされたも...
過去にニューヨークでミシュランの3つ星を獲得した「SUSHI YASUDA」。その元オーナーで、現在は南青山に「SUSHI BAR YASUDA」を構える...
彩り豊かな寿司ロールが逆上陸 銀座で創作和食を楽しめるスシバーSHARI THE TOKYO SUSHI BAR〒104-0061 東京都中央区銀座2丁目...
意識して考えたことはありませんでしたが、言われてみれば確かにそう。すでに知っている人も多いかもしれませんが、海外でも取り上げられることが多い話題のようです...
イタリア生まれの中国人シェフYujia Hu。彼の名前を覚えておいて損はない。もしかして、もしかすると、来年あたりTIME誌の選ぶ「最も影響力のある100...
15,000を超えるRTを集めた「簡単寿司」の作り方がまさに目からウロコ!使うのは100円均一で購入できる製氷トレーです。確かにこれなら手がベトベトにもな...
パリやロンドンで、数年前にちょっとした話題となった「スシバーガー」が、今になってアメリカで熱を帯びているらしい。ヘルシーさをウリにするものから、明らかにハ...
栄養価の高いネバネバ野菜「オクラ」は、夏バテにも効果があると言われています。せっかくなので、おいしく食べるためのとっておきレシピを紹介しましょう。ごはん1...
春の行楽シーズンは、ちらし寿司や茶巾寿司など、薄焼き卵を焼く機会が増えてくるもの。普段のお弁当においても、彩りに重宝する料理です。ただ、薄焼き卵って地味だ...