3980円!自宅で楽しむ本格寿司屋の「手巻き寿司セット」

銀座、赤坂を中心に都内に9店舗(甲府に1店舗)を構える江戸前寿司チェーン「板前寿司」より、自宅でも本格生本まぐろが楽しめる「板前 手巻きファミリー寿司セット15本分」が発売された。

デリバリー、テイクアウトに特化した3〜4人前のセットは、税込み3980円とお値打ち。家庭で気軽に楽しめる手巻き寿司を「ブランドマグロでさらに美味しく楽しく」がコンセプトというだけあって、主役のマグロは知る人ぞ知る豊洲ナンバー1のまぐろ仲卸「やま幸」の逸品。

市場にマグロ仲卸業者は数あれど、寿司の名店に限らず、割烹、ミシュラン店のシェフらがこぞって「やま幸」のマグロ目当てに訪れるその理由は、「産地よりも目利き」に重きを置いているからなのだとか。

確かな目利きで選ばれたその日いちばんのマグロのほか、穴子イカいくらサーモンといった脇役が華を添える。

注文は「Uber Eats」「出前館」「fineDine」から、あるいは店頭テイクアウトで。受付時間や配送時間など詳細は、以下の公式ページでCHECKを。

©株式会社 板前寿司ジャパン

『板前寿司』

【公式ページ】https://itamae.co.jp/delivery/

Top image: © 株式会社 板前寿司ジャパン
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」にたずさわるみなさまから、“...
スパークリングワイン、チリの「サン・ホセ・デ・アパルタ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット」。お値段は1,598円〜ですが、シャンパンと同じ製法の瓶内2次発酵...
11月30日、秋葉原に寿司ブリトー専門店「beeat sushi burrito Tokyo」がオープンしました。
Yujia Huさんは、寿司でいろんな有名人やハイブランドプロダクトを作り上げています。
スウェーデンの広告会社「Le Bureau」が非常にユニークな体験型広告を製作した。雑誌に石鹸で作られたページを挟むことで、実際にそのページを使用して手を...
アメリカで流行る前から、寿司ブリトーを販売していたブラジルの日本食チェーン店「Koni」。
炙り寿司をさらに進化させてカナダで絶大な人気を集めてブレイクした「Aburi Sushi」が二子玉川に凱旋してやってきた。押し寿司の上にオリジナルソースを...
イギリスにある最高!?のマリアージュを発見。「Runaway Brewery」が開発したGari Goseは、成分にガリや昆布、梅やすし飯が入っているビー...
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
創作寿司の可能性って、まだまだありそうですね。
福岡県柳川市の蒲鉾店「関屋蒲鉾」が、10年後の食卓をイメージして新たに開発した、惣菜感覚の新ジャンルさつま揚げ「DELIさつま」の発売をスタート。
「株式会社ユーグレナ」と「銀座久兵衛」がコラボし、地球温暖化により海洋生態系が破壊され、寿司から日本近海のネタが消える未来を予測した「寿司が消える日」。
映画にもなった「奇跡のリンゴ」を育てた木村秋則さんが作ったという完全無農薬米「ささしぐれ」。この米を使った江戸前寿司が、12/5にオープンした「東急プラザ...
「SUSHI TELEPORTATION」は、食のデータ転送を実現して、世界中どこにいても、3Dプリンターで好きな料理を再現できるようにするというプロジェ...
15,000を超えるRTを集めた「簡単寿司」の作り方がまさに目からウロコ!使うのは100円均一で購入できる製氷トレーです。確かにこれなら手がベトベトにもな...
過去にニューヨークでミシュランの3つ星を獲得した「SUSHI YASUDA」。その元オーナーで、現在は南青山に「SUSHI BAR YASUDA」を構える...
夏のイヤな風物詩、「蚊」に刺されないためのさまざまな対策記事を紹介。蚊によく刺される人の特徴を知るもの、自家製「蚊よけスプレー」や「蚊取り線香」の作り方、...
7月5日、ラッパーでありファッションデザイナーであるカニエ・ウエストは、11月の米大統領選への出馬を自身のTwitter上で表明。「これはおもしろくなりそ...
コンビニやスーパーに並ぶ食品なら、おおよその原料と添加物がわかりますが、居酒屋やファミリーレストランなどの外食の場合、原材料は何も表示されていません。消費...
イスラエルを旅したら、一度は食べてみたいフュージョンSushiのご紹介!
今回は原宿にある「ONE(だしまきドッグ専門店)」。土日限定!キッチンカー販売のレアな「だし巻きドック」を食べてきたで!ミレニアルズに人気のうどん屋さん「...
次のトレンドをつくるかもしれない「ネオ料理人」のひとり、横山祥太郎をインタビュー。専門学校で寿司を学び、フリーランスのラーメン屋になった料理人が考案する「...
20代のリアルカルチャーを発信する「Elite Daily」。食のトレンドを伝える記事は、目新しさ、驚きそして、若者ウケの良さが判断基準だったりして?ライ...
日本人が愛してやまないソウルフード、お寿司。いまでは国境を越えて多くの人に愛されているけれど、ふと、理由が気になってしまったんです。アメリカの女性ライター...