マンチェスターではお寿司と一緒に「ガリビール」!?

寿司の横に添えられるガリ。海外でもお寿司屋さんに行けば、ちゃんと提供されているので、日本にしかない食べ物ってわけじゃありません。

けれど、これにはビックリ。

イギリスのマンチェスターにはガリのビールがあるそうです。その名も「Gari Gose」

気になるのはその味ですが、「ガリの味というよりも寿司の味がする」そうです。調べてみると、成分にすし飯や昆布、梅が入っているそうで。かなり寿司フレーバー強めっぽいです。

このビールを開発したのはRunaway Brewery。どこで買えるのか問い合わせてみたところ「主にマンチェスター市内の酒屋で買うことができるよ。あとは、レストラン『Umezushi』でもオーダーするのもオススメ。やっぱりSUSHIと一緒に飲むのが最高なんだ」とのこと。

日本では体験できないマリアージュをマンチェスターで!

© 2018 The Runaway Brewery
Top image: © MaraZe/Jiri Hera/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
Yujia Huさんは、寿司でいろんな有名人やハイブランドプロダクトを作り上げています。
イギリスで、ケロッグがブリュワリーとコラボしました。生まれたのは、「Throw Away IPA」と名付けられたビールです。廃棄されるはずだったコーンフレ...
炙り寿司をさらに進化させてカナダで絶大な人気を集めてブレイクした「Aburi Sushi」が二子玉川に凱旋してやってきた。押し寿司の上にオリジナルソースを...
アメリカで流行る前から、寿司ブリトーを販売していたブラジルの日本食チェーン店「Koni」。
長時間の有酸素運動でなくたってOK。自宅で1日3分で出来る「脂肪燃焼トレーニング」をご紹介。先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYou...
11月30日、秋葉原に寿司ブリトー専門店「beeat sushi burrito Tokyo」がオープンしました。
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
オーストラリアのビール会社Sydney Beer Co.がユニークな職種を募集をしています。Chief Clock-Off Officer。意訳すると「時...
医学博士は言います、太る原因がビールにあるわけではないと。さらには、病気知らずの体づくりにビールが役立つとまで。
「ブルガリ」がフレグランスや化粧品の開発でパートナーシップを組む「ICR社」と共同開発した、消毒剤を用いた「ハンドクレンジングジェル」。イタリア市民保健局...
スパークリングワイン、チリの「サン・ホセ・デ・アパルタ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット」。お値段は1,598円〜ですが、シャンパンと同じ製法の瓶内2次発酵...
「株式会社ユーグレナ」と「銀座久兵衛」がコラボし、地球温暖化により海洋生態系が破壊され、寿司から日本近海のネタが消える未来を予測した「寿司が消える日」。
「SUSHI TELEPORTATION」は、食のデータ転送を実現して、世界中どこにいても、3Dプリンターで好きな料理を再現できるようにするというプロジェ...
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
高度4万フィート(約1万2000メートル)で誕生したクラフトビール「Speedbird 100」。ブリティッシュ・エアウェイズとスコットランドのクラフトビ...
切なく官能的な作風でおなじみのイラストレーター・たなかみさきとコラボレーションした新商品「キットカット めかくしショコラトリー」がデビュー。
「ドラえもん」が、2020年でまんが連載開始50周年を迎えたことを記念し、「のび太さんのエッチー!」でおなじみのヒロイン・しずかちゃんのバスタイムをイメー...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
過去にニューヨークでミシュランの3つ星を獲得した「SUSHI YASUDA」。その元オーナーで、現在は南青山に「SUSHI BAR YASUDA」を構える...
サンディエゴにある「Museum of Beer」。ここは、一度にたくさんの地元のビールやクラフトビールを堪能できる場所。テースティングエリアには、65種...
「Been a Slice」は古くなったパンを材料にしたビールです。
神奈川県のクラフトビールメーカー「サンクトガーレン」は、チョコレート未使用の「チョコビール」を発売。お菓子のような甘さのない、ビターでほろ苦いビールがクセ...
ビールが苦手な人には理解してもらえなさそうだけど、どうしても飲みたくなる気持ち、とても分かります……。そんなときは我慢せず、グビッと行きましょう?