カナダを席巻した寿司が二子玉で食べられる……それが「Aburi Sushi」

地元じゃあ、ちっとは名の知れたアイツ。東京で一旗揚げるだろうと期待していたら、もっとビッグになるって、外国へ行っちまった。
いまじゃ北米、カナダの地で人気を集めて大成功。そんなアイツが東京に凱旋!

……こんなサクセスストーリーで、“ニコタマ”こと二子玉川に凱旋してやってきたのが「Aburi Sushi」だ。

カナダを席巻した独自のソースを炙った寿司

そもそも「Aburi Sushi」は何かと言えば、その読み名の通り、“炙り”に特徴のあるお寿司。

ネタを直火で炙ることで、脂を落としながら旨味を凝縮。炙った香ばしさとともにシャリとの抜群の相性を楽しむ。直火で炙るスタイルは特徴的であるが、「炙り寿司」自体は他の寿司店にもあるカテゴリー。

その炙り寿司をさらに進化させてカナダで絶大な人気を集めてブレイクしたのが紹介するAburi Sushi。押し寿司の上にオリジナルソースを上にかけてバーナーで炙ったお寿司となる。

©九州寿司 寿司虎 Aburi Sushi TORA

“Aburi(炙り)”とは、火を入れることで変化を生み出し、これまでになかった価値を創出すること。すなわちイノベーションの象徴。Aburi Sushiは、日本の握り寿司でもない、海外のロール寿司でもない、ネクストステージの寿司カテゴリーとしてカナダで定着に成功したのだ。

味わい楽しむならば、次の3種などがオススメ。

炙りサーモン押し寿司

©九州寿司 寿司虎 Aburi Sushi TORA

脂の少ない紅鮭の上に卵黄を使用したオリジナルソースを塗って炙ることで旨味が増す「炙りサーモン押し寿司」。

ブラックペッパーとピリ辛の青唐辛子がアクセントになり深い味わい。甘めの特製赤シャリとも相まって、海外でも高く評価される逸品。

●炙り海老押し寿司

©九州寿司 寿司虎 Aburi Sushi TORA

海老の旨味との相性を考えたオリジナルソースには梅肉を加えて炙った逸品。レモンと大葉を合わせることで、香ばしさを感じながらもさっぱりと食べられることができる。

●炙り鯖押し寿司

©九州寿司 寿司虎 Aburi Sushi TORA

ネタのメインになる〆鯖は、三陸産の鯖を酢〆した上に熟成させ寝かし旨味を存分に引き出したもの。炙るオリジナルソースは味噌を加えている。鯖の旨味と味噌を炙ったことでより広がる香ばしさが絶品のマリアージュ。

宮崎発→カナダ経由で東京に初進出した寿司店
「九州寿司 寿司虎 Aburi Sushi TORA」

©九州寿司 寿司虎 Aburi Sushi TORA

このAburi Sushiを食べられるのは、今年9月二子玉川ライズ・ショッピングセンター7階にオープンした「九州寿司 寿司虎 Aburi Sushi TORA」。

宮崎発祥で九州の人気回転寿司店「寿司虎」がカナダでブレイクさせた業態「Aburi TORA」を進化させて日本へ逆輸入し、東京初進出となったお店。

©九州寿司 寿司虎 Aburi Sushi TORA

コンセプトは、高級店に匹敵するクオリティの寿司を人とテクノロジーを融合させることで、リーズナブルに提供すること。タッチパネルやオートレーンによる提供などを駆使し、美味しさを追求しながらも効率化を実現している。

とはいえ、「鮨ソムリエ」という専門知識をスタッフが、一皿ごとのこだわりや食べ方を提案してくれるなど、新しいスタイルのお寿司を楽しめるサービス面はぬかりのない充実ぶり。

「氷結熟成寿司」にも注目

©九州寿司 寿司虎 Aburi Sushi TORA

こちらの店には紹介したAburi Sushi以外にも複数の目玉メニューが揃う。九州の店舗から引き継ぐ伝統の炙り寿司や塩レモンで食べるスタイルなどもそうだが、業界初の「氷結熟成鮨」も注目。

これは魚の旨味と水分を特別な電流庫に入れることで閉じ込めて、ゆっくりと2〜5日かけて熟成解凍していくネタで握られた逸品。鮮度を保ちながら極限まで魚の旨味を引き出す画期的なテクノロジーの味もぜひ試してほしい。

これら新しい味を堪能できる店内は、木のぬくもりを感じる温かみあるシンプルでナチュラルな空間。「お寿司屋さんです」って感じがしない、洒落たカフェレストランのような印象で、ファミリーでも女性客のみの利用も気軽にできそう。

ここでしか味わえない、日本の伝統的な炙り寿司とは違うAburi Sushi。二子玉川で新しい寿司の魅力に出会ってみてはいかがだろう。

『九州寿司 寿司虎 Aburi Sushi TORA 二子玉川ライズ店』
【住所】東京都世田谷区玉川2-21-1 二子玉川ライズ・ショッピングセンター タウンフロント7F「FUTACO TABLE」
【アクセス】東急線「二子玉川」駅下車
【営業時間】11:00~23:00(LO 22:00)※入店受付は21:30まで
【TEL】03-6332-7556

Top image: © 九州寿司 寿司虎 Aburi Sushi TORA
創作寿司の可能性って、まだまだありそうですね。
11月30日、秋葉原に寿司ブリトー専門店「beeat sushi burrito Tokyo」がオープンしました。
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」にたずさわるみなさまから、“...
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
福岡県柳川市の蒲鉾店「関屋蒲鉾」が、10年後の食卓をイメージして新たに開発した、惣菜感覚の新ジャンルさつま揚げ「DELIさつま」の発売をスタート。
イスラエルを旅したら、一度は食べてみたいフュージョンSushiのご紹介!
「SUSHI TELEPORTATION」は、食のデータ転送を実現して、世界中どこにいても、3Dプリンターで好きな料理を再現できるようにするというプロジェ...
Yujia Huさんは、寿司でいろんな有名人やハイブランドプロダクトを作り上げています。
日本人が愛してやまないソウルフード、お寿司。いまでは国境を越えて多くの人に愛されているけれど、ふと、理由が気になってしまったんです。アメリカの女性ライター...
彩り豊かな寿司ロールが逆上陸 銀座で創作和食を楽しめるスシバーSHARI THE TOKYO SUSHI BAR〒104-0061 東京都中央区銀座2丁目...
100%ペットボトル再生素材から作られた「KIND BAG」に、ちょっとした買い物に役立つminiサイズが仲間入り。
イギリスにある最高!?のマリアージュを発見。「Runaway Brewery」が開発したGari Goseは、成分にガリや昆布、梅やすし飯が入っているビー...
過去にニューヨークでミシュランの3つ星を獲得した「SUSHI YASUDA」。その元オーナーで、現在は南青山に「SUSHI BAR YASUDA」を構える...
20代のリアルカルチャーを発信する「Elite Daily」。食のトレンドを伝える記事は、目新しさ、驚きそして、若者ウケの良さが判断基準だったりして?ライ...
日本が世界に誇る料理、寿司。真っ白なシャリに新鮮な素材がのった姿は、海外から見ると「芸術」と評されることもあります。それが、実際にアート作品へと昇華しました。
アメリカで流行る前から、寿司ブリトーを販売していたブラジルの日本食チェーン店「Koni」。
コスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAのグッズをボクら目線で選んでみました。
めまぐるしいインターネットの普及やオリンピック種目になるのではないかという話題から、熱い注目を浴びるようになった「eスポーツ」スポーツとして本格的にプレー...
江戸前寿司チェーン「板前寿司」より、自宅でも本格生本まぐろが楽しめる「板前 手巻きファミリー寿司セット15本分」が発売。
「株式会社ユーグレナ」と「銀座久兵衛」がコラボし、地球温暖化により海洋生態系が破壊され、寿司から日本近海のネタが消える未来を予測した「寿司が消える日」。
スパークリングワイン、チリの「サン・ホセ・デ・アパルタ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット」。お値段は1,598円〜ですが、シャンパンと同じ製法の瓶内2次発酵...
2016年1月6日よりTOKYO MXで放送されている5分アニメ『SUSHI POLICE』のアイデアは、実際に起きた騒動が元になっているそう。WEBサイ...
映画にもなった「奇跡のリンゴ」を育てた木村秋則さんが作ったという完全無農薬米「ささしぐれ」。この米を使った江戸前寿司が、12/5にオープンした「東急プラザ...
意識して考えたことはありませんでしたが、言われてみれば確かにそう。すでに知っている人も多いかもしれませんが、海外でも取り上げられることが多い話題のようです...