おうち手巻き寿司がプロの味に!寿司職人直伝の「合わせ酢」

こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」にたずさわるみなさまから、“レシピのおすそわけ”をいただきました。

教えてくれたのは高級寿司出張サービス「SUSHI+」の寿司職人・岡林義明さん。

さあ、一緒に作ってみませんか?

岡林義明(おかばやしよしあき)

1992年生まれ。大学卒業後、すしアカデミーで寿司を学ぶ。2019年3月起業家で兄の輝明氏とともに「SUSHI+」を立ち上げる。ホームパーティやオフィスイベント等に職人が出張し、寿司を握る。決まったメニューはなく、予算とリクエストに応じてオリジナルのメニューを提供。現在、SUSHI+ DEMAEをスタートし、デリバリーの常識を超えた新体験を提供している。
@sushiplus2019

プロが教える酢飯の極意

自宅で手巻き寿司となれば、市販の「すし酢」に頼ってしまうところ。今回特別に、門外不出?のプロの合わせ酢の配合を教えてもらいました。ポイントは2種類のお酢の配合です。

「合わせ酢」つくりかた
©2020 NEW STANDARD

<材料>

シャリの合わせ酢
・米酢:70ml(色々入ってないシンプルなもの)
・赤酢:30ml(ミツ判山吹)なければ米酢だけで100ml
・砂糖:15g
・塩:15g

・お米:3合(お好みの量で!)
・焼き海苔:適量(全型は半分に切る)
・きゅうり:適量
・大葉:適量
・たくあん:適量
・卵焼き:適量
・生わさび:適量(なければチューブでOK)
・お好みのお刺身や野菜で

<つくりかた>

お米と同量、もしくは水をすこし少なめでご飯を炊き上げる。

「シャリ」合わせ酢を回しかける作業
©2020 NEW STANDARD

②米酢、赤酢、砂糖、塩で合わせ酢をつくる。赤酢がなければ米酢100mlでもOK。お米が炊き上がったら10分ほど蒸らし、木桶に移して(なければ大きめのボウルで)、合わせ酢をまわしかけるようにお米にまんべんなくふりかける。

「シャリ」片側に寄せる作業
©2020 NEW STANDARD
「シャリ」切る作業
©2020 NEW STANDARD

よく濡らしたしゃもじで、全体を切るように混ぜ合わせる。このとき、木桶の半分にお米を寄せ、しゃもじで山から少しずつお米を崩し混ぜ合わせると、合わせ酢が全体によく馴染みます。

人肌まで冷めたらシャリの完成。

「手巻き寿司」巻き方
©2020 NEW STANDARD
「手巻き寿司」材料
©2020 NEW STANDARD

お好みのネタを組み合わせて楽しく味わいましょう!

 

※木桶がない場合は、大きめのボウルで代用できます。
※お刺身は本まぐろ、車えび、いくら、ウニ、イカ、タコ、中落ちなどがオススメ。

プロが握ったお寿司が届く!

©SUSHI+ / Instagram

SUSHI+ DEMAE

現在、SUSHI+では、高級寿司のデリバリーサービスを開始。従来のデリバリーをアップデートした寿司で、自宅にいながら心躍るような体験を!

https://sushiplus-demae.myshopify.com/

Top image: © 2020 NEW STANDARD
スパークリングワイン、チリの「サン・ホセ・デ・アパルタ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット」。お値段は1,598円〜ですが、シャンパンと同じ製法の瓶内2次発酵...
炙り寿司をさらに進化させてカナダで絶大な人気を集めてブレイクした「Aburi Sushi」が二子玉川に凱旋してやってきた。押し寿司の上にオリジナルソースを...
Yujia Huさんは、寿司でいろんな有名人やハイブランドプロダクトを作り上げています。
江戸前寿司チェーン「板前寿司」より、自宅でも本格生本まぐろが楽しめる「板前 手巻きファミリー寿司セット15本分」が発売。
ウォーターローションとシリコンローションのいいとこ取りをしたような、肌なじみがいいテクスチャーが特徴です。
イギリスにある最高!?のマリアージュを発見。「Runaway Brewery」が開発したGari Goseは、成分にガリや昆布、梅やすし飯が入っているビー...
創作寿司の可能性って、まだまだありそうですね。
アメリカで流行る前から、寿司ブリトーを販売していたブラジルの日本食チェーン店「Koni」。
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
11月30日、秋葉原に寿司ブリトー専門店「beeat sushi burrito Tokyo」がオープンしました。
真っ白なトートバッグに絵を描いて作品を作る「第17回 ROOTOTEトート・アズ・キャンバス アート&デザインアワード」が開催中。エントリー締め切りは8月...
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
「SUSHI TELEPORTATION」は、食のデータ転送を実現して、世界中どこにいても、3Dプリンターで好きな料理を再現できるようにするというプロジェ...
「株式会社ユーグレナ」と「銀座久兵衛」がコラボし、地球温暖化により海洋生態系が破壊され、寿司から日本近海のネタが消える未来を予測した「寿司が消える日」。
意識して考えたことはありませんでしたが、言われてみれば確かにそう。すでに知っている人も多いかもしれませんが、海外でも取り上げられることが多い話題のようです...
イスラエルを旅したら、一度は食べてみたいフュージョンSushiのご紹介!
今年に入ってオープンした2つのグランピング施設と、来月オープン予定の1施設を紹介。特に関西方面に注目施設が多い!
応援購入サービス「Makuake」に、ホタルの光のように発光するジャケット「発光ホタルジャケット」が登場。どんな光源でも蓄光し、光のないところで発光。ペン...
15,000を超えるRTを集めた「簡単寿司」の作り方がまさに目からウロコ!使うのは100円均一で購入できる製氷トレーです。確かにこれなら手がベトベトにもな...
過去にニューヨークでミシュランの3つ星を獲得した「SUSHI YASUDA」。その元オーナーで、現在は南青山に「SUSHI BAR YASUDA」を構える...
映画にもなった「奇跡のリンゴ」を育てた木村秋則さんが作ったという完全無農薬米「ささしぐれ」。この米を使った江戸前寿司が、12/5にオープンした「東急プラザ...
栄養価の高いネバネバ野菜「オクラ」は、夏バテにも効果があると言われています。せっかくなので、おいしく食べるためのとっておきレシピを紹介しましょう。ごはん1...
次のトレンドをつくるかもしれない「ネオ料理人」のひとり、横山祥太郎をインタビュー。専門学校で寿司を学び、フリーランスのラーメン屋になった料理人が考案する「...
20代のリアルカルチャーを発信する「Elite Daily」。食のトレンドを伝える記事は、目新しさ、驚きそして、若者ウケの良さが判断基準だったりして?ライ...