女性の「寿司職人」を見かけないのは、なぜ?

意識して考えたことはありませんでしたが、言われてみれば確かにそう。すでに知っている人も多いかもしれませんが、海外でも取り上げられることが多い話題のようですよ。

女性の寿司職人
あまり見かけないのはなぜ?

shutterstock_238101190

Quora」は、いい職人が持ち合わせている要素をいくつか紹介しています。包丁など調理器具の手入れ、素材の扱い、清潔さ、手先の感覚ーーどれも日々怠ることの出来ない小さなルーチンの積み重ねによって成り立つもの。手の感覚を頼りに米を数粒とたがわない量で握れるなんて話も聞いたことがありますよね。

もちろんそのすべてをうかがい知ることはできませんが、たとえば、世界的に有名な寿司職人・小野二郎氏は、素材に触れる手を守るために、365日間手袋をつけることで知られています。東京・銀座の鮨店「すきやばし次郎」の店主で、2014年には店にオバマ大統領が訪れ話題になりました。

どうしたらうまい寿司を握れるのか?を今でも追求し続けている彼らの言葉を、「The Guardian」が伝えています。

職人文化のなごりかも

iStock_000008807202_Medium

2011年にアメリカで公開された映画『Jiro Dreams of Sushi』は、彼の仕事を追ったドキュメンタリー作品。そこでは、女性が寿司職人になることに関してこんな考えがあると言われていたそうです。

体調・体温・味覚の変化が男性に比べ出やすい化粧が感覚器官に影響する

これには賛否両論の声があるようですが、職人ならではの味に対するこだわりが現れているのかもしれません。

じゃあ女性は握れないの?

といえば、そんなことはありません。静岡にある「穴子の魚竹寿し」の2代目・千葉由美氏も稀有な女性職人として知られ、その技術は数々のコンクールでも証明されています。彼女のお店では、穴子が絶品だとか。

さらに、2010年には女性が握る寿司店「なでしこ寿司」が秋葉原にオープン。そこでは、女性ならではの気配りや気遣いが取り入れられており、より気軽で新しい食べ方を楽しめるそうです。

女性職人が注目される機会は、国内外問わず増えつつあります。が、なぜこれまで少なかったのかといえば、長年にわたる修業や重労働に耐えながら、安定した味を提供していくために、男性が職人として選ばれることのほうが自然だっただけなのかもしれません。

Reference:Quora,すきやばし次郎,Jiro Dreams of Sushi,The Guardian,穴子の魚竹寿し,なでしこ寿司.

くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
イギリスにある最高!?のマリアージュを発見。「Runaway Brewery」が開発したGari Goseは、成分にガリや昆布、梅やすし飯が入っているビー...
日本が世界に誇る料理、寿司。真っ白なシャリに新鮮な素材がのった姿は、海外から見ると「芸術」と評されることもあります。それが、実際にアート作品へと昇華しました。
今回は、これぞ匠の技!という動画をご紹介。酷く錆びた出刃包丁が、職人の手によって、みるみるうちにキレイになっていきます。日本が世界に誇る、包丁研ぎの技術。...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
チューインガムの原材料を見直したら、必要なのは6つだけだった。
全11系統ある東北の「伝統こけし」。宮城県はそのうちの5系統が存在する、全国屈指の“こけしどころ”です。ここで紹介する映像は、大崎市に自身の店「こけしの岡...
オフィスランチをメンバー持ち回りで手作りしているTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもおいしいけれど、いろいろな人とこの場を共有したらもっと...
フォトグラファーRobert Götzfriedさんは、ドイツのボーリング場だけを撮影するプロジェクトを始めました。どれも個性の強いものばかりで、眺めてい...
過去にニューヨークでミシュランの3つ星を獲得した「SUSHI YASUDA」。その元オーナーで、現在は南青山に「SUSHI BAR YASUDA」を構える...
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
イタリア生まれの中国人シェフYujia Hu。彼の名前を覚えておいて損はない。もしかして、もしかすると、来年あたりTIME誌の選ぶ「最も影響力のある100...
瀬戸市の旧市街を彩る末広町の入り口に、「金福(きんぷく)」はある。炭火ではなく、昔ながらの琺瑯でできたガスコンロで一気に焼いていくと、かみ応えのあるホルモ...
“人間の巣”をつくり続ける職人、Jayson Fann。好きだけでは食べていけない。というセリフをよく聞くけれど、大人が本気で“遊び”を極めたら、仕事に変...
職人の手仕事、その仕事場、そこで仕上がった品物を、一貫して眺めてみましょう。なかなかじっくりと見学する機会がないなという人には、こんな映像をおすすめ。伝統...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
スパークリングワイン、チリの「サン・ホセ・デ・アパルタ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット」。お値段は1,598円〜ですが、シャンパンと同じ製法の瓶内2次発酵...
女性という、生き物について。
20代のリアルカルチャーを発信する「Elite Daily」。食のトレンドを伝える記事は、目新しさ、驚きそして、若者ウケの良さが判断基準だったりして?ライ...
ビジネスコーチのMelanie Gormanさんと著者のJohn Grayさんが共同で寄稿した「Your Tango」の記事は、女性が意見することを激励し...