チェコの人形劇がきっかけで、「我が子のような」マリオネットを作る

チェコを訪れた時に一番印象に残ったのは、人形劇とマリオネットを作る職人たちの姿。「人形づくりを仕事にしたい」という言葉が頭の中にパッと浮かんだ。

これが、kinokosupaが日本でマリオネット作家となることを決意した瞬間でした。

家族や友人、動物や植物、感動した出来事。世にある様々なことから影響を受けて生まれたkinokosupaの個性あふれる人形たちを紹介します。

愛嬌のある「顔と性格」

5f80f7ed5f464abd6ba6ae76aa68a503fd10cfc7

ちょっとブサイクだけど、惹きつけられる愛嬌ある顔つき。kinokosupaが一つひとつ丁寧に作り上げた人形たちには、「心」があるように思えるんです。

上の動画は、「ポーヤン」と名付けられたマリオネットのショートムービー。きょろきょろと周囲を見渡しながらも、軽快にカラダを動かす。どこか食いしん坊な雰囲気のある、一挙一動に個性を感じます。終わりまで見ていると、フシギとポーヤンに愛着が湧いてしまい、いつの間にか操り人形であることを忘れてしまうんです。

4ad81ec61a5064d43659ad8753a11e464b6f16f9

自身で作り上げた全てのマリオネットに、名前と心を与えることがkinokosupaのこだわり。

制作時間は気にせず、とにかく楽しんで作ることを大切にしているそうです。愛情をもって優しく作り上げているからこそ、我が子のような個性あふれる作品が生まれるのかもしれませんね。

最後に、彼女が生み出した自慢の子どもたちをじっくり見てください。

324f5de4d5e6f29acf4051b6a7dae85c0e792ee9D9b560414346de0e0434449b21aca951955422c0Acb5bdd66ba8ab94d54f26d0879120b1dd361b60D865761ee4125c58bf19f5e072fd4cb2321e8c15B37add733ab3df34d355df9c81ebb4b1e59f540e2d0d5df42f158fb8e6cdeda25ecbd0838d8a0dcd4a42d8e5fdc458f143781d16def51e540a2a2f6018f9e2a0334d8e6193da0fedeea6078ffc991b41Aba48ddc0769105f8fb212d21ec9e737f9d0de4305616364a82d6a30d3ce078ddb2df3d1e0ea271f
Licensed material used with permission by kinokosupa
この人形を作っているのは「Eyes of Things」というプロジェクトチーム。帽子についているカメラを使い、喋っている人の表情から8種類の感情を認識す...
多くのメディアに取り上げられ、一躍脚光を浴びた白斑のモデル、ウィニー・ハーロウ。彼女にインスパイアされたというKay Blackさんは、白斑の人形を作った...
オーストラリアのSofiaは、幼い頃からお古の人形に囲まれて育ちました。壊れては直し、を繰り返し、そのたびに手入れをしながら、ひとつひとつを大切にしてきた...
使うときだけフックが現れる。「Köllen Bookshelf」。普段は平面の状態にしておけるから、見た目もスッキリ。
医学博士は言います、太る原因がビールにあるわけではないと。さらには、病気知らずの体づくりにビールが役立つとまで。
駆ける馬、舞う砂塵、荒ぶる無頼、鳴り響く銃、薫る硝煙、そしてカウボーイハットの下から覗く鋭い瞳。アーティストのフェリス・ハウス(Felice House)...
私たちは、色々な「違い」を持って生きています。ただその「個性」についての発言は、時に人を傷つけてしまうこともあります。たとえ、そのつもりはなくとも、です。...
毎年増えつづける、大阪に訪れる外国人観光客。その中心でもある難波の一角にある、文化住宅をリノベした「道草アパートメント」という建物。 なかでも通行人の目を...
明日は失敗できないプレゼンが、大事な試験が控えている…。ガツンと気合を入れておきたい前日の夜は、にんにくをベースにしたスープ「チェスネチュカ」はいかでしょ...
人形と一緒に写真に写る男性ーー。ちょっと不思議な光景ですが、これにはかわいい理由と、それに応える愛がありました。彼の名前はTrent McCainさん。カ...
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
ウィッグやマスク、球体関節の描かれたストッキングといった全身ドールスーツスタイルで活動する「着ぐるみドールモデル」橋本ルル。完全な人形でもなく、人間でもな...
汗を全身でかきながら熱した空間に座り続ける姿は、我慢比べをしているように見えてしまう。それでも、毎日のように通い詰める人たちからすると、天国のような場所ら...
生まれながらの性は女。でもサムは、幼少期から男の子が興味を持つことに自分も興味を持っていた。けれど社会の女の子への見方を押し付けられて、なかなか本当の自分...
風が冷たくなり、秋の気配が漂ってきた今日この頃。そろそろ紅葉の季節も近くなってきましたね。四季の移り変わりで毎年楽しめる紅葉ですが、美しいのは日本だけでは...
ペットボトルは、耐水性や耐久性など、あらゆるポイントで優れています。なのに、あまりにも身近な存在すぎて、ただのお手軽なモノと見られがち。『PET-ART』...
ビール消費量世界一の国チェコ。ピルスナービールの発祥国でもあるこの土地には、とにかくビールに合う料理であふれています。そこにチェコ版お好み焼きとでも呼びた...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
チェコ生まれで、現在はノルウェーで暮らしているエヴァさん。今年で69歳になった彼女に、パートナーはいません。ここ数年間相手を探し続けているのですが、なかな...
正月、お雑煮に飽きたら作ってみたいなと思っているのが「お餅で作るチーズ」。そのまま食べたり、サラダに入れたり、サンドイッチに挟んだり、食べ方も色々とアレン...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
レストランの入り口でよく見かける「食品サンプル」。本物みたいな出来にビックリすることも多いですが、「サンプル」なので、当然食べられません。ところが、今回ご...
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...