タップからセルフで注ぐビールが1時間飲み放題、しかも「バスタブ」の中で!

毎年、ひとつずつ年齢を重ねていくうちに胸のときめきが減ってきたのが、「〇〇食べ放題」という宣伝文句。常人レベルのキャパシティでしかない自分の胃袋には、そもそも“食べ放題(あるいは飲み放題)はお得”という認識はさほどなく、あえてたくさん飲み食べすることへの価値も見出せない、というのが本当のところ。

けれどこの〇〇放題だけは、正直かなり食指を動かされる。というのも、その発想があまりにもバカバカしくて(笑)、それでいて「死ぬまでに一度は経験してみたい!」とも本気で思ってしまいました。

見よ!この恍惚の表情を

08e959b582c5f9ad8a4f0e01d3eb8bfe06f5aa6b

お風呂につかりながら片手にビールでえびす顔。「陶酔」とは、まさにこういう状態のことを言うんじゃないでしょうか。お酒好きであれば誰もが一度はきっと経験する、あの“風呂飲み”を1時間という制限付きながら、心ゆくまで満喫できるスパがあるんです。プラハには。

蛇口をひねるように
タップからビールを注ぐ

998e2150a59a05c5f47bb304405865e554abe2aeAc9cd9fccaababb8047a1c371b8a0f49da9acc2c

ビールスパと言っても、こちらはお湯がビールなわけではありません。が、ビール醸造で使われるホップや酵母がお湯にじんわり!なんでも、中世の時代にはすでにビールとお風呂の組み合わせ(ビールスパ)がチェコには存在していたようで、民間療法として古代から伝わるユニークなスタイルが、今日のかたちに変容してきたんだとか。

で、とにかくウリはお風呂の蛇口と並んで設置されたビールタップ。ここをクイッとひねるだけで、お風呂につかったままグラスにビール(8〜10℃に調整)を自分で注ぐことができること。制限時間内(1時間)であれば、何杯飲んだってOK。気の合う仲間と裸になって、ぐいぐい飲めちゃいそうですよね。

少し健康面が気になりますが、心臓への負担を考慮して、あらかじめお湯の温度は35〜37℃と低めに設定してあるそうです。

お湯はビールじゃないけど、
ホップと酵母でつくる入浴剤

E23c2febee8a118f3a56f1a2036b369c134e93a8

プラハ市内に2店舗を構える「Beer Spa Bernard Prague」では、ホップを粉末状にして、オリジナルの入浴剤と混ぜたものをバスタブに入れて楽しむそう。ビール気分を味わうだけでなく、このホップや酵母にこそ体にうれしいメリットがあると、長くこの地に暮らす人たちは信じてきました。たとえば、①毛穴の汚れを取り除く、②髪や皮膚の再生、③神経組織を活性化、といった具合。どうやらリラックス効果だけでもないようですね。

07c2a85f131a925ac990bcb8830f2c79ed8d9db4

タップされるビールは、チェコ産ホップを用いて南ボヘミア地方の伝統製法で造られた「ベルナルドエール」。

38a31c9eac9a31b56718a2aa30f2d021415a2805

そうそう、ちょっと酔いが回っちゃったという人のために、バスタブのある部屋のすぐ横には、クールダウンのためのベッドルームも。この辺りの至れり尽くせり感がうれしい。

C95668f604e35935887fd917dc892892a30d402b

専用のバスタブは、大人が二人ゆったり足を伸ばせる程度。これが浴室に2つ設置されていることから、一応の定員は4名とのこと。水着がマストではないというは、ちょっと意外でしたが、それも完全なプライベートタイムを楽しんで欲しいという施設側の意向から。

酔っ払ってハメを外すようではただの迷惑でしかありませんが、いい感じにほろ酔いを楽しめる大人のツーリストならば、プラハステイのプランに悪くないでしょ。プライスリストなど詳細はこちらからどうぞ。

Licensed material used with permission by Bernard beer spas
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
温泉につかりながら熱燗で一杯、こんなイメージを本当に実践しているのは、せいぜいシニア世代くらいなもの。どうせならば「泡(スパークリングワイン)」の方がオシ...
「Elite Daily」の記事では、運動後にビールを飲んでもイイ理由を紹介しています。飲酒を勧めているワケではありませんが、これらの知識を使えば、今度か...
キンキンに冷えたビールが好きな人や、ビールはのどこし!という人からすれば、「温めて飲む」なんて発想は邪道に聞こえるかもしれません。けれどこちら、イギリスの...
お店で飲むのも良いけれど、ときには家でゆっくりしたい。そんなときに役立つ「お家ビール」がおいしくなるポイントとは?ぜひ知っておきたい4つのコツを、リース恵...
53杯のクラフトビールを飲みながら東京から徒歩で京都を目指す「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅(前回の記事はこちら)。スタート地点となる「日本橋」は...
コーヒーとビールで健康管理できたり、メンタルの向上に役立つなんて言われても、にわかには信じがたい話ですよね。そこでこの本のご紹介。メディアカルクリニックで...
スコットランドのマイクロブルワリーBrew Dog(ブリュードッグ)といえば、「IPA」でもおなじみのビールメーカー。同社がオハイオ州コロンバスに、世界初...
1日の仕事が終わって、待ちに待った家での晩酌。家で飲むビールって最高の息抜きです。とはいえ、缶からグラスへとただただ注いでいませんか?そう、缶ビールのおい...
東欧のハンガリー。首都のブダペストでは、数年前に話題になった移動式のバーがいまだ人気。乗車する人たちが自らこがなきゃ進まない。飲んでエクササイズもしながら...
53杯のクラフトビールを飲みながら東京から徒歩で京都を目指す、「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅。(前回の記事はこちら)。東京を出てから7日目で、静...
世界を見渡せば「街の数だけビールがある」と言われるほど、たくさんの種類が存在しています。そのなかでも食卓の話題づくりになりそうな「初級編」から、飲むのを少...
食べもの、飲みものに関わらず、どんな世界にも専門用語はありますが、もちろんそれはビールにも。ここで紹介するのは、ビールを表現する時に必要な用語や、ビアパブ...
海外へ行き、ビールを飲んで、給料がもらえる。世の中には、こんな求人があるんです。フロリダを拠点にクラフトビールBARのチェーンを展開している「World ...
「それ、家にあったらめっちゃイイですね!」あるプロダクトの紹介記事を書こうとHPを眺めていると、僕のPCを覗き込んだビール好きの後輩が話しかけてきた。どう...
男性の人たちに、こっそりとご紹介したい記事があります。それは、ビールを飲むことで夜の営みが何倍も楽しくなるというもの。ライターのChristine Sch...
長い長い登山道を登った果てに辿り着く、美しい山頂の景色。そんな広大な自然の中で飲むビールは格別!という人も多いかもしれませんとはいえ、山頂でお酒を楽しむの...
甘そうな印象を覚えるでしょうか。これは、“ほろ苦く濃厚な味わいのお酒”。バレンタインデーに飲むお酒として、またはプレゼントとして、検討してみてはいかがでし...
2016年1月に銀座にオープンした「STAND BY FARM」は、千葉県佐倉市にある自家農園「在来農場」直送の、穫れたて&無農薬・無化学肥料で育てた野菜...