タップからセルフで注ぐビールが1時間飲み放題、しかも「バスタブ」の中で!

毎年、ひとつずつ年齢を重ねていくうちに胸のときめきが減ってきたのが、「〇〇食べ放題」という宣伝文句。常人レベルのキャパシティでしかない自分の胃袋には、そもそも“食べ放題(あるいは飲み放題)はお得”という認識はさほどなく、あえてたくさん飲み食べすることへの価値も見出せない、というのが本当のところ。

けれどこの〇〇放題だけは、正直かなり食指を動かされる。というのも、その発想があまりにもバカバカしくて(笑)、それでいて「死ぬまでに一度は経験してみたい!」とも本気で思ってしまいました。

見よ!この恍惚の表情を

お風呂につかりながら片手にビールでえびす顔。「陶酔」とは、まさにこういう状態のことを言うんじゃないでしょうか。お酒好きであれば誰もが一度はきっと経験する、あの“風呂飲み”を1時間という制限付きながら、心ゆくまで満喫できるスパがあるんです。プラハには。

蛇口をひねるように
タップからビールを注ぐ

ビールスパと言っても、こちらはお湯がビールなわけではありません。が、ビール醸造で使われるホップや酵母がお湯にじんわり!なんでも、中世の時代にはすでにビールとお風呂の組み合わせ(ビールスパ)がチェコには存在していたようで、民間療法として古代から伝わるユニークなスタイルが、今日のかたちに変容してきたんだとか。

で、とにかくウリはお風呂の蛇口と並んで設置されたビールタップ。ここをクイッとひねるだけで、お風呂につかったままグラスにビール(8〜10℃に調整)を自分で注ぐことができること。制限時間内(1時間)であれば、何杯飲んだってOK。気の合う仲間と裸になって、ぐいぐい飲めちゃいそうですよね。

少し健康面が気になりますが、心臓への負担を考慮して、あらかじめお湯の温度は35〜37℃と低めに設定してあるそうです。

お湯はビールじゃないけど、
ホップと酵母でつくる入浴剤

プラハ市内に2店舗を構える「Beer Spa Bernard Prague」では、ホップを粉末状にして、オリジナルの入浴剤と混ぜたものをバスタブに入れて楽しむそう。ビール気分を味わうだけでなく、このホップや酵母にこそ体にうれしいメリットがあると、長くこの地に暮らす人たちは信じてきました。たとえば、①毛穴の汚れを取り除く、②髪や皮膚の再生、③神経組織を活性化、といった具合。どうやらリラックス効果だけでもないようですね。

タップされるビールは、チェコ産ホップを用いて南ボヘミア地方の伝統製法で造られた「ベルナルドエール」。

そうそう、ちょっと酔いが回っちゃったという人のために、バスタブのある部屋のすぐ横には、クールダウンのためのベッドルームも。この辺りの至れり尽くせり感がうれしい。

専用のバスタブは、大人が二人ゆったり足を伸ばせる程度。これが浴室に2つ設置されていることから、一応の定員は4名とのこと。水着がマストではないというは、ちょっと意外でしたが、それも完全なプライベートタイムを楽しんで欲しいという施設側の意向から。

酔っ払ってハメを外すようではただの迷惑でしかありませんが、いい感じにほろ酔いを楽しめる大人のツーリストならば、プラハステイのプランに悪くないでしょ。プライスリストなど詳細はこちらからどうぞ。

Licensed material used with permission by Bernard beer spas
好きなだけビールを注いで飲む。これを可能にしたのが「PourMyBeer」。専用カードをビアサーバーにタッチすれば、ロックが解除され、自分でビールを注げる...
医学博士は言います、太る原因がビールにあるわけではないと。さらには、病気知らずの体づくりにビールが役立つとまで。
ビールが苦手な人には理解してもらえなさそうだけど、どうしても飲みたくなる気持ち、とても分かります……。そんなときは我慢せず、グビッと行きましょう?
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
何時間使ってもサラサラで「臭くない・蒸れにくい・すぐ乾く」を標榜する「藍染めガーゼ」のマスクが新たに登場。今年で創業101年目を迎える久留米絣(かすり)の...
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
チェコにできたキャッシュレスマーケット。クラフトビールからアパレルショップまで様々なものが売られています。
今月16日より実証実験を兼ねて開始された「東急グループ」のサブスクリプションサービスは、東急の電車とバス全線乗り放題乗車券に加えて、「109シネマズ」での...
サンディエゴにある「Museum of Beer」。ここは、一度にたくさんの地元のビールやクラフトビールを堪能できる場所。テースティングエリアには、65種...
キャンプでも、屋外パーティーでも、みんなで集まって飲む機会が増える夏。そんなときに最高に盛り上がるビールがこちら。
福井市のアイウェアブランド「FACTORY900」が新型コロナウイルス感染症対策として開発したメガネ。ウイルスと最前線で闘う医療従事者に向けて開発されたもの。
オーストラリアのビール会社Sydney Beer Co.がユニークな職種を募集をしています。Chief Clock-Off Officer。意訳すると「時...
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
イギリスにある最高!?のマリアージュを発見。「Runaway Brewery」が開発したGari Goseは、成分にガリや昆布、梅やすし飯が入っているビー...
クラフトビールの定期配送サービス「ふたりのみ」は、新型コロナウイルスショックにより苦境に立たされているブルワリーを応援・支援するキャンペーンを実施。
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
イギリス・ロンドンの学生たちによって結成されたチーム「The Tyre Collective」がタイヤ片を集められるガジェットを開発した。
「Samsung」のインキュベーションプログラムで生まれた窓型照明「SunnyFive」。朝日から夕日まで、太陽の全スペクトルが再現可能だとか。
温泉につかりながら熱燗で一杯、こんなイメージを本当に実践しているのは、せいぜいシニア世代くらいなもの。どうせならば「泡(スパークリングワイン)」の方がオシ...
「Elite Daily」の記事では、運動後にビールを飲んでもイイ理由を紹介しています。飲酒を勧めているワケではありませんが、これらの知識を使えば、今度か...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
「Victoria Bitter Tea」は、お茶なのにビール風味を楽しめるということがウリだ。
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。カナダのセブンでは、特定の商品よりもサービス精神に興味を惹かれました。
53杯のクラフトビールを飲みながら東京から徒歩で京都を目指す、「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅。東京を出てから7日目で、静岡市に到着した。ここでも...