バレンタインデーに、ほろ苦い「チョコビール」を飲みにいこう。

甘そうな印象を覚えるでしょうか。これは、“ほろ苦く濃厚な味わいのお酒”。バレンタインデーに飲むお酒として、またはプレゼントとして、検討してみてはいかがでしょう?

通常の黄金色のビールに使用されているモルトを高温焙煎すると、色がダークになり、ビターチョコのような香りや苦みが味わえるため、チョコレートモルトと呼ばれています。これを複数のモルトとブレンドしてつくったものが「チョコビール」です。

プレゼントに最適な、
「チョコビール」セット。

種類がいくつかあり、バニラチョコ風味にアレンジされた、まろやかな飲みくちのものもあります。チョコレートやバニラアイスと合わせても◎。

画像は、フルーティで香り高いエールビール主義を貫く「SanktGallen Brewery」のHPで販売されている商品。種類は画像左から順に、「オレンジチョコレートスタウト」、「セサミチョコレートスタウト」、「インペリアルチョコレートスタウト」、「スイートバニラスタウトバレンタイン Ver.」の4種。取扱店舗を確認すればお店でも飲めます。

自宅で楽しむときには、こんな商品も。

手で触っても溶けにくい、
食べられるチョコレートグラス。

2月1日に発売予定の、食べられるチョコレートグラスは、カカオ分の高い純チョコ製で、油分が少ないため、手で持っても溶けにくく、ビールを5杯以上注いでも大丈夫。

パティシエの柳正司氏がビールと相性の良いカカオを厳選して仕上げているため、ビールとの相性も期待大!どちらも、遊び心が感じられる楽しいアイデアですよね。

Licensed material used with permission by SanktGallen Brewery
他の記事を見る
お店に元カレもしくは元カノの写真を持っていき、シュレッダーにかけて切り刻んだら、バッファローウィングがタダになるクーポンをもらえます。
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
ビールが苦手な人には理解してもらえなさそうだけど、どうしても飲みたくなる気持ち、とても分かります……。そんなときは我慢せず、グビッと行きましょう?
バレンタインデーまで、もうあとひと月。例年のようにずバレンタイン商戦は活況で、とくに今年は男性が自分のために買う「俺チョコ」なるものが流行るとかなんとか。...
オーストラリアのビール会社Sydney Beer Co.がユニークな職種を募集をしています。Chief Clock-Off Officer。意訳すると「時...
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
キャンプでも、屋外パーティーでも、みんなで集まって飲む機会が増える夏。そんなときに最高に盛り上がるビールがこちら。
ニューヨークのユニオンスクエア付近にある「Blue Stripes Cacao Shop(ブルー・ストライプス・カカオ・ショップ)」。チョコレートラバーも...
チョコレート界隈が騒がしくなる時期がやってきました。バレンタインのチョコというと、カラフルなチョコや、クリームが中に入っているようなトリュフを思い浮かべる...
愛する人や友達にチョコレートをプレゼントするバレンタインデーは、じつは家族に日頃の感謝を伝えるチャンスでもあります。改まって伝えるのはなんだか照れくさいか...
チョコレートの原料となるカカオが地球上から消滅日が来るかもしれない…。
「Been a Slice」は古くなったパンを材料にしたビールです。
この時期、どこを歩いていても目に入る真っ赤なハートたち。きたる2月14日に向けて、いそいそと準備にいそしむ女性も多いのでは。でも、男性って、一体なにをもら...
イギリスにある最高!?のマリアージュを発見。「Runaway Brewery」が開発したGari Goseは、成分にガリや昆布、梅やすし飯が入っているビー...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
バレンタインデーに手作りチョコは当たりまえ。今年は、こんな朝ごはんで彼にサプライズなんていかがでしょう?
医学博士は言います、太る原因がビールにあるわけではないと。さらには、病気知らずの体づくりにビールが役立つとまで。
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...