見た目も味わいも「まんまタマゴ」なチョコレート

その断面、まるで煮卵のよう……。

栃木県産の最高級卵「箱庭たまご茜」と、伝統的な製法でつくられた徳島県阿波和三盆糖」。ふたつの地域特産品がコラボして生まれた「茜ショコラ」は、世界で初めて生卵の味わいを包み込んだ、卵のチョコレートだ。

バレンタインデーに合わせ、養鶏場「ハコニワ・ファーム」ECサイトにて、現在予約販売を実施中。2月1日より順次発送となるほか、13日〜15日には池袋エチカ「SWEET BOX」にも出店予定だ。

©株式会社ハコニワ・ファーム
©株式会社ハコニワ・ファーム

さて、件のチョコレートだが、卵黄を焼いてしまうのではなく、生卵のままチョコレートに混ぜ込むという斬新な製法で作られ、卵の旨味を感じつつも食感はチョコだという。なかなかに想像力を必要とするが、写真を見ればストレートに“卵”を実感できる。

黄身だけではない。表面はホワイトチョコレートで殻を演出。味わいも見た目も卵というわけだ。

ところで、1玉300円という「箱庭たまご茜」は、純国産鶏「もみじ」が平飼いで産む最高級卵で、天然アスタキサンチンがたっぷりと含まれた茜色の黄身が特徴だそう。「茜しょこら」のネーミングはここから来ている。

10個入りで3300円(税込)。リモートの合間に、自分へのご褒美に。特別なタマゴはいかがだろう?

ハコニワファーム「苺しょこら」

【公式サイト】https://ec-haconiwa.jp/

Top image: © 株式会社ハコニワ・ファーム
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
9月13日、スイス発のプレミアムチョコレートブランド「リンツ チョコレート」が、チューリッヒ・キルヒベルクに博物館「リンツ・ホーム・オブ・チョコレート」を...
新潟県月岡温泉のクラフトビール醸造所「TSUKIOKA BREWERY」が、日本で初めてルビーチョコレートを用いたクラフトビールの醸造に成功
日本にも上陸しているサンフランシスコ生まれのチョコレート専門店「Dandelion Chocolate」が、チョコレートチップの形を再考。
2021年3月27日(土)の20時30分から、世界最大級の消灯アクション「EARTH HOUR」が実施。
京都の老舗チョコレート店「フランス屋製菓」が、創業70年で最もやわらかい生チョコレート「La Fondue(ラ・フォンデュ)」をバレンタインに向けてリリース
気持ちも温まるホットチョコレートを飲めるカフェ。晴れた日に、ふらっと立ち寄りたい『COFFEE SUPREME TOKYO』は公式サイトにも、Instag...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
オートミールの種類や加工法から、美味しい食べ方、アレンジ料理まで。元祖スーパーフード「オートミール」について詳しく!
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...