そのチョコ、「ただの板チョコ」とあなどらないで。

今年のバレンタインはどんなチョコレートをもらった?板チョコはちょっとがっかりだけど、それが「ビーントゥバー」なら話は別。

数年前から話題になっているビーントゥバーは、カカオ豆の買い付けから、選別、焙煎、摩砕、テンパリング、成形まですべての工程を一貫して自分たちの工場で行なっているチョコレートのこと。

東京・蔵前に旗艦店があるサンフランシスコ発祥の〈ダンデライオン・チョコレート〉で、これまでに世界13ヶ国以上のカカオ農園で買い付けを行ってきたというグレッグ・ダレサンドレさんに話を聞いてきた。

材料は、カカオ豆と砂糖だけ!

一番シンプルな方法でチョコレートを作ろうとしたら、必要な材料はカカオ豆と砂糖の2つだけ。スペシャリティカカオは高価なため、市販のチョコレートの多くは、コモディティカカオを使用し、さらに油脂や香料、ミルクなどを加えている。

ダンデライオン・チョコレートでは、シングルオリジン(単一原産地)のカカオ豆とオーガニックのきび砂糖以外には添加物を加えず、非常にシンプルなチョコレートを作っている。

彼らが販売しているビーントゥバーは現在7種類。だけど2つの材料だけで味の違いなんて出せるんだろうか。

今年で開催2回目になる「CRAFT CHOCOLATE MARKET 2018」にて、グレッグ・ダレサンドレさん。

グレッグさんによると、チョコレートの味を決めるのは、カカオ豆の産地、種類、発酵のさせ方、乾燥のさせ方、焙煎の温度や時間、砂糖を投入する時間の6つの要素だという。

「例えば2つのワインメーカーが、シャルドネ種のぶどうを使ってワインを作っているとします。同じシャルドネ種であっても、そのぶどうをどこで採ってくるか、どうやって醸造するかによって、ワインの味はまったく違う味わいになる。チョコレートもそれと同じです」

つまり、同じカカオ農園で育てられていても豆の種類が違えば異なる味になるし、同じ種類の豆でも発酵や乾燥の仕方が違えば味わいが変わるというわけ。

そしてカカオ豆と砂糖以外には材料を加えないのだから、豆の味の違いはダイレクトにチョコレートの味に表れるのだ。

中にクリームやソースが入っているトリュフもいいけど、シンプルな材料で作られるビーントゥバーも背景を知ると奥が深くて面白いなぁ。

Top Photo by Dandelion Chocolate Japan
Licensed material used with permission by DANDELION CHOCOLATE
チョコレート界隈が騒がしくなる時期がやってきました。バレンタインのチョコというと、カラフルなチョコや、クリームが中に入っているようなトリュフを思い浮かべる...
夏に食べるバナナといえばお祭りの「チョコバナナ」でしたが、この夏は「グリルドバナナ」に注目です!!
神奈川県のクラフトビールメーカー「サンクトガーレン」は、チョコレート未使用の「チョコビール」を発売。お菓子のような甘さのない、ビターでほろ苦いビールがクセ...
バレンタインデーまで、もうあとひと月。例年のようにずバレンタイン商戦は活況で、とくに今年は男性が自分のために買う「俺チョコ」なるものが流行るとかなんとか。...
大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000」が、Amazonのカスタマーレビュー数1万件を達成(2月10日18:00時点)したこ...
ニューヨークのユニオンスクエア付近にある「Blue Stripes Cacao Shop(ブルー・ストライプス・カカオ・ショップ)」。チョコレートラバーも...
クラフトビールメーカー「サンクトガーレン」が2月1日からチョコレート風味のビールと食べられるチョコレート製グラスのセットを販売する。800セット限定。
パン・オ・ショコラを自宅で再現するのは難しいですが、バゲット・オ・ショコラだったら簡単。
世間では今、“ルビー“のような赤きピンクのカラーが特徴の「ルビーチョコレート」が話題。色による新しい楽しさもあって、カワイイ!食べたい!誰かにあげたい!そ...
チョコレートの原料となるカカオが地球上から消滅日が来るかもしれない…。
「NEC」の「A-RROWG(アローグ)」は、日常を変えることなく“品格”をアップさせるために開発された「歩行センシングインソール」。
わたしの場合、です。
甘そうな印象を覚えるでしょうか。これは、“ほろ苦く濃厚な味わいのお酒”。バレンタインデーに飲むお酒として、またはプレゼントとして、検討してみてはいかがでし...
広島空港内に店舗&工場を構える「Foo CHOCOLATERS」のチョコレートは動物性の原料を使わないヴィーガン仕様。
もうすぐ、バレンタイデーですね。
バレンタイン当日、恋が叶った人もそうじゃない人も、皆思い思いの1日を過ごしたはず。あなたはどんな日になった?私は──。
ロンドン生まれの“本物の木”からできたノートブランド「Bark&Rock」が日本初上陸。「銀座 蔦屋書店」の店頭及びオンラインショップで販売がスタートした。
イタリアに拠点を置くデザイン事務所「F. Taylor」が開発したカーペットは、掃除をするのが簡単なだけでなく、不要になったら自然に還るエコな製品。
一口サイズの「さつま揚げ」をトリュフケースに納めた、バレンタイン限定商品。創業119年の老舗かまぼこ店「魚万」から登場した「バレンタインさつま揚げ」。
バレンタインデーの日。NYの地下鉄でちょっと嬉しいサプライズがありました。女性が意中の相手にチョコを渡すのとは、また一味違ったドキドキ感と幸せがここに。ご...
真冬とチョコレートのかけ算はズルさがある。たとえ、オーナーが有名バリスタで、本格派コーヒーを出す店『COFFEEHOUSE NISHIYA』でも、ホットチ...
オーブンも、発酵器も不要。フライパンを使った「チョコパン」レシピのご紹介。発酵時間を除けば、所要時間わずか20分!動画はたったの3分ですが、作り方のポイン...
チョコレート欲が高まる2月。寒さが厳しくなる日には「重い」と感じるほどの濃厚なホットチョコレートがいい。そう思って探し出した『Bonnel Cafe』では...
恋人がいれば「リア充」なんてカテゴライズされるのもおかしいし、ひとりでも自立して幸せに過ごしている人たちが、クリスマスやバレンタインで肩身の狭い思にさせら...