2度驚くチョコレート。

ほんの数年前まで、カカオ70%とか95%のチョコレートなんて、苦くて渋くて食べれたもんじゃない、と思っていた。けれどそんな私もいつの間にかカカオの風味に目覚め、チョコの魅力に気づき始めた。きっかけは2014年にオープンした『Minimal -Bean to Bar Chocolate-』のNUTTY ROASTY。あれはカカオ85%だけどすごくおいしかったし、私のなかでちょっとした革命だった。

そこから、『USHIO CHOCOLATL』『Dandelion Chocolate』など話題のチョコレートショップがオープンするにつれ、物理的に選択肢が増えたことで、元来チョコレート好きの私はさまざまなチョコレートを食べ歩くようになった。だから、ちょっとやそっとの変わり種チョコにも驚かない自信があった——のに。

このニュースを見たときには、さすがに驚いた。それは……。

梅干しに、奈良漬!?

左・燻し梅干し/右・京奈良漬(賀茂茄子)

正直にいう。まず、理解に苦しんだ。

冒頭で書いたとおり、チョコは好きだし、いろんな選択肢を楽しめるとわかっている今だからこそ、どんなチョコにも果敢に挑戦したいとすら思っている。けれど、これは……? しかも、ロンドンで行われたチョコレートの世界大会「インターナショナル・チョコレート・アワーズ2017」で金賞を4品も受賞していると聞いて、ますます謎は深まる。

そしていろいろ調べていくうちに、この謎のチョコの製作者に行きつく。それは——。

キング・オブ・パティシエ!?

このチョコレートを作っているのは、兵庫県三田市にある『パティシエ エス コヤマ』だ。このお店のオーナーシェフ、小山進さんは、1990年代に人気を博した『TVチャンピオン』のケーキ職人選手権大会で何度も優勝を果たした腕の持ち主。2000年に独立し、その3年後にオープンした念願の自店が『パティシエ エス コヤマ』だった。

まさに、キング・オブ・パティシエともいえる小山さん。そんな彼が目指したのは、チョコレートで「日本の素晴らしい素材を深く掘り下げ、世界のカカオとの組み合わせを探求していく」ことだった。

燻し梅干し、京奈良漬のほか、受賞作のなかには、

和歌山県の「完熟赤山椒」に、伝統野菜の「日の菜漬け」!

四国の「吉野川産青のり」に、兵庫県奥丹波・山名酒造の「柚子酒」!

このほかにも「味噌漬けスモーク豆腐」や「生姜の醤油漬けプラリネ」といった、想像を超える和素材とチョコレートとを組み合わせ、日本流チョコレートの新境地を表現し続けているのだ。

でも、驚いてばかりじゃ
いられません!

なので、考えてみた。
見つけたときはもちろん二度見、三度見くらいの衝撃だったけれど、それぞれの素材とチョコの関係をよく考えてみると、だんだん「ああ、そりゃそうだ」と納得することができた。

そもそも人の味覚って、苦味を感じるセンサーがダントツで多いらしい。逆に一番少ないのが甘味を感じるセンサー。基本味(甘味、塩味、酸味、苦味、うま味)の感じ方に差があるということは、素材そのものの味はもちろん、そこの緻密な計算も必要になってくるということ。さらには、人間には舌以外の感覚で感じとる味(辛味、渋みなど)もあるので、そのバランスも必要になる。それこそが、食べ物のマリアージュを豊かにしていくキモなのだ。

それでいくと、「燻し梅干し」は、和歌山県産・南高梅の梅干しの酸味をショコラ・オレでまろやかな味わいにしてバランスをとっているし、「柚子酒」の上層のガナッシュ部分は、酒粕の酸味・甘味を生かすため、赤いベリーのようなテイストのショコラ・ノワールとミルキーでコクのあるショコラ・オレを使用している。それぞれの和素材がもつ特徴にもっともマッチするチョコレートはどれか——カカオの産地やパーセンテージを考慮し、計算して、組み合わされているのだ。

というわけで、
みんなで2度驚こう

この異色の和素材チョコレートは、パッケージにもなっているので贈り物にもぴったり(もちろん自分に買ってもOKですよ)。というわけで、あなたも、あなたがこのチョコを贈るあの人も、まずは梅干しや奈良漬に「えっ!?」となって、口に含んだ「はっ!?」となって、2度驚いちゃってください!


【商品情報】

ボンボンショコラ
SUSUMU KOYAMA’S CREATION INTERNATIONAL CHOCOLATE AWARDS 2017
・No.1 味噌漬けスモーク豆腐
・No.2 柚子酒
・No.3 カシス畑の1日(2種類のカシスリキュール)
・No.4 プーアル茶(マダガスカル51%)
4個入り・1,620円(税込)
発売中

ボンボンショコラ
UNDERGROUND CHOCOLATE AWARD 2017
・オニオンタタン
・アブサン&マンゴーパッション
・燻し梅干し
・燻し醤油
・完熟赤山椒
・コブミカン2017 
・赤と緑 No.3(木苺&リーフ)
・生姜の醤油漬けのプラリネ
8個入り・3,240円(税込)
12月1日発売

「ドラジェ ヌーヴォー」
ストロベリー&ライム
抹茶&柚子
各1,620円(税込)
12月1日発売

タブレット
「SUSUMU KOYAMA’S CREATION INTERNATIONAL CHOCOLATE AWARDS 2017」
各2,160円(税込)
12月1日発売
Licensed material used with permission by 株式会社パティシエ エス コヤマ
カカオ豆からの全行程を店内で手作り中目黒にあるBean to Barチョコレート専門店green bean to bar CHOCOLATE 〒153-0...
2015年11月に東京・中目黒にオープンした「green bean to bar CHOCOLATE」は、その名の通り、「Bean to Bar」のチョコ...
新しいもの、おいしいものが好きな博多の人たちには、嬉しいニュースかもしれません。Bean to Barの火付け役のひとつとも言える「ダンデライオン・チョコ...
チョコレート界隈が騒がしくなる時期がやってきました。バレンタインのチョコというと、カラフルなチョコや、クリームが中に入っているようなトリュフを思い浮かべる...
クリスマスシーズンにお菓子を売ろうとするとき、作り手が味にのみフォーカスするのは、もはや時代遅れ。と言い切るのはあまりに極端かもしれませんが、そんなことを...
しかも、カカオ豆からチョコレートになるまでの、各製作工程の豆を試食して選べちゃうチョコレートスタンドなんです!「Minimal 銀座Bean to Bar...
先日2016年2月11日、サンフランシスコ発のチョコレート専門店「DANDELION CHOCOLATE(ダンデライオンチョコレート)」の日本1号店が東京...
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
このチョコレートは「食前酒」→「スープ」→「魚料理」→「シャーベット」→「肉料理」→「カフェ」の順番でお召し上がりください。
「ダンデライオン・チョコレート鎌倉店」がオープンしたのは、鎌倉駅の西口から徒歩1分、東口から出ても、2分歩けば十分に到着する絶妙な立地条件だ。
最新の紫外線対策として「池袋さくらクリニック」が開発した「高Cacao(カカオ)点滴」を紹介。肌のうるおいを高めたり、紫外線で受ける肌ダメージを予防・修復...
「スピルリナ」というスーパーフードを知ってますか。30億年前から地球上に存在すると言われている藻類の一種。良質なタンパク質とビタミン、鉄分が豊富なこの藻が...
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
溶かしたチョコレートにナッツやビスケットを入れて固めるだけ。
目が覚めるほど鮮烈なカフェイン入りのチョコレートです。エネルギーチョコレートと呼ばれることも。ビターなテイストの赤缶がオリジナルですが、甘めが好みならミル...
山形県酒田市にある楯の川酒造がつくっているお酒「ヨー子」は、「楯野川 純米大吟醸酒」と、鳥海山麓の牧場から届いた「ヨーグルト」をブレンドしたお酒。“週末だ...
東京駅から約80kmのところにある、栃木県小山市。「小山(おやま)ってどこにあるの?」という人のために、渡良瀬遊水地や城山公園などの定番スポットから、ナマ...
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
今、チョコレート業界でトレンドといえば「ビーントゥーバー」。2007年頃にアメリカの「MAST BROTHERS CHOCOLATE」というメーカーが、ビ...