思い出がバッファローウィングに変わるバレンタインデー

過去より今を楽しもうよ!というキャンペーンなのでしょうか。

主催するのは、カジュアルアメリカンダイニング&スポーツバー「フーターズ」。日本では利用できませんが、バレンタインデー当日のお店に元カレもしくは元カノの写真を持っていき、シュレッダーにかけて切り刻んだら、バッファローウィングがタダになるクーポンをもらえます。

ちなみに、同じ趣旨のキャンペーンをWEBサイトでもやっていて、こちらは同様の写真を1枚アップロードすれば、クーポンがもらえる仕組み。

多くの人がバレンタインデーを“カップルの日”と考えていますが、こういった楽しみ方をするのもいいですよね。大事な思い出の対価にしては安く済まされるキャンペーンにも思えますが……。

Top image: © iStock.com/Thiago Santos
他の記事を見る
愛する人や友達にチョコレートをプレゼントするバレンタインデーは、じつは家族に日頃の感謝を伝えるチャンスでもあります。改まって伝えるのはなんだか照れくさいか...
バレンタインデーに手作りチョコは当たりまえ。今年は、こんな朝ごはんで彼にサプライズなんていかがでしょう?
甘そうな印象を覚えるでしょうか。これは、“ほろ苦く濃厚な味わいのお酒”。バレンタインデーに飲むお酒として、またはプレゼントとして、検討してみてはいかがでし...
とっても口下手だから、直接ことばを伝えるのはぜったいにだめ。じゃあ、ラブレター?うーん、たぶんこれもうまく書けない。
これまでとは姿形を変えて、革新的で時代性に富んでいると注目を浴びているのが、上海の公衆電話ボックス「Orange Phone Booths」。スマホ充電用...
海外旅行は年1、2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力!そんな私がいつか泊まろうと心に決めている(...
この時期、どこを歩いていても目に入る真っ赤なハートたち。きたる2月14日に向けて、いそいそと準備にいそしむ女性も多いのでは。でも、男性って、一体なにをもら...
「Hemsley Conservation Centre」というイギリスの動物園が手がけた、「1.5ポンド(約200円)を払えばゴキブリに名前をつけられる...
バレンタインデーまで、もうあとひと月。例年のようにずバレンタイン商戦は活況で、とくに今年は男性が自分のために買う「俺チョコ」なるものが流行るとかなんとか。...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
6種類の重さに切り替えられるケトルベル。これひとつで、重さの違うダンベルをいくつも用意することなく、室内スペースもスマート化。小さな空間でも満足がいく筋ト...
私には7つ上と3つ上の兄がいます。子どもの頃は、お兄ちゃん2人もいる末っ子長女(しかもB型)だから、「ワガママそう」とか「甘やかされて育ったんじゃない?」...
わたしの場合、です。
クリスマスやバレンタインデーなど、カップルにとっての特別な1日に。はたまた、離れて暮らす大切な人のために──。フランスで、こんな「愛の木箱」が生まれました...
1985年に福岡で創業し、現在は世界12の国や地域に展開するラーメンのグローバルブランド『一風堂』。彼らが大切にしているのは「変わらないために変わり続ける...
バレンタインデー、愛の伝え方はチョコレートのプレゼントだけとは限りません。たとえば、世界にはこんな面白いアイデアで愛するキモチを伝えるカップルがいるみたい...
大手化粧品メーカーの「L’Oreal(ロレアル)」が、2019年のCESで発表した「My Skin Track pH」。ペタッと貼るだけで、15分以内に肌...
バレンタインデーは、大切なパートナーへチョコレートを贈る日。男性からすると、もちろんそれだけで十分なのですが、その代わりとして、あるいはプラスして何かをプ...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
チョコレートの原料となるカカオが地球上から消滅日が来るかもしれない…。
バレンタインデーに合わせた企画として、香港でステキなLEDの光のバラが咲いています。Instagramにアップされた写真だけでも、うっとりするようなロマン...
愛する人と結ばれたとき、自分が体に障害を持っていたとしても子供を持つという夢を諦めることは出来なかった。下半身不随になってしまった男性が、ついにその夢を叶...
バレンタインデーの日。NYの地下鉄でちょっと嬉しいサプライズがありました。女性が意中の相手にチョコを渡すのとは、また一味違ったドキドキ感と幸せがここに。ご...
持っているから「思い出」なのか? 失ってしまうから「思い出」なのか?