飲み足りないってことはなさそうな
サンディエゴの「ビール博物館」

ビーチがあり温暖な気候など、何かと恵まれた環境のサンディエゴ。米国で最もクラフトビールが盛り上がっている街のひとつでもあり、155もの醸造所(2019年1月現在)が点在しています。

これほど多いとなると、ビール好きの人が観光で訪れたとしても廻りきれませんよね。

そこで、紹介したいのが「Museum of Beer」。直訳すると「ビール博物館」となるわけですが、ここ、地元のビールやクラフトビールを一度にたくさん愉しむことができる場所。

サンディエゴの醸造所に関する著書の執筆経験も持つBruce Glassmanさんがディレクションしたテースティングエリアには、なんと65種類ものビールが用意されています。つまり、「これは絶対に飲んでおけ!」という名柄を、このエリアだけでほぼカバーできるというわけ。

夏の暑い日に訪れたら爽快な時間を過ごせそう。気になる人はこちらから。

Top image: © 2018 Museum of Beer
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事