理想に正直に。「人形になった人間モデル」の生き方が、胸を打つ。

「お人形さんみたい」。かわいい女の子に向けられる常套句。まばたきするたび星が散るほど大きな目、それを丁寧に縁取る長いまつげ。陶器のように滑らかな肌に、うっすら滲む血のばら色。

でもそんな「ドール」に本当になるなんて、現実では夢のまた夢だった。彼女が世にでる前までは。

D83e50c1e54c1a0e5d17a92c8dfaf879a525555b

この動き、人形でもロボットでもない。映っているのはまぎれもなく人間。ウィッグ、マスク、球体関節が描かれたストッキングなどから成るフルボディのスーツを身にまとった「ドールモデル」の橋本ルルは、24歳のデザイナーmillnaによって「造られた」存在。

そのルックスのインパクトはもちろん、彼女のコンセプトや込められた想いが、去年のデビュー以来、広く話題になっている。

リアルと虚構の混ざり合う
「かわいい」の新表現

Abac37be1955ad8e36ba90172d0d8c7f98286b70

フェティッシュではない。ニューエイジ・キュートがやりたいのだ、ということはデビュー当初まるで理解されませんでした。着ぐるみだから子ども向けでしょ、あるいはエロでフェチでしょ、という固定概念による決めつけ。違う。私は可愛くなりたくて、メイクやファッションとしてドールを纏っている。 

身長160cm。息づき、体温もある彼女は、自身の「ドールスーツ」スタイルをそう語っている。彼女にとってこのスーツは、ひとりの人間としての「自己表現」。

好きな服を着たり、好きな物を選んで買うのと同じように、「かわいい」の象徴だったドールを自分のスタイルにし、自身の理想を追求しているのだ。

4db90589abc6397ee66bcf4dd179e31ef5e18fbcA0474d264530a5fd8a46475dbc1f8d1370436705

理想への執着こそが
「人間のロマン」

80c1869e7fb1de78a04ad55f15b68329406e91ee

全身が作り上げられた人形のスタイルでありながら、決して完全なフィクションではない生身の存在。永遠の美を持つ人形と、有限な人間のまざりあう自己表現。そこには、独自の美学・哲学が表されているようにも見える。

A889babe83e7843a3f84f19598effe2ba142975d

「中の人」がタブーワードなのはとっても不思議。人間じゃないことだけがロマンを担保するとはあんまり思いません。血が通った人間の執念を私はロマンチックに感じる。

Fb000817782b7ae5d46fb2af466ba23909db170a

「化粧はサギ」「自撮りサギじゃん」
…それは、あらかじめ優れて生まれた人間にしか価値はない、という考え方。好きではありません。可愛くなりたいなら、私たちにできる方法で「盛って」可愛くなっちゃいましょう!

2366c373d5382a424e20fa00973701d3338696ae

「かわいい」の追求とは言っても、思考のないお人形さんではなく、なりたい自分に正直に、自ら理想を体現していくその姿。彼女の強い思いは、日本のみならず海外でも多くの人々を魅了している。

1819ffb5d5dcf01ecee31506a1d7b10f56ee18406e838c61d26a072e5b16b7862a7468b72875db93D6557f7806df035685fc010e6741d75ebb692b00
Licensed material used with permission by 橋本ルル
生まれつきキャットアイ症候群を患うCaitin Stickelsさん。Instagramを通して知り合った有名フォトグラファーに写真を撮ってもらい雑誌に載...
生まれつき右手の一部がないモデルShaholly Ayersさん。現在は広告モデルになったり、ファッション・ウィークでランウェイを歩いたりと大活躍。だけど...
ファッション・ライフスタイルブランド「Julia Janus」の2017,18年秋冬コレクションのムービーは、一般人の老若男女がモデル。年齢や体型も多種多...
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
多くのメディアに取り上げられ、一躍脚光を浴びた白斑のモデル、ウィニー・ハーロウ。彼女にインスパイアされたというKay Blackさんは、白斑の人形を作った...
リトアニア出身の男性Jacob Laukaitisさんは、タイを旅行中に飲酒運転の車に跳ねられる大きな事故に巻き込まれてしまいました。生還した彼は、痛々し...
「女性の社会進出」とは言っても、まだまだステレオタイプな意見も多いし、自分のやっていることに自信が持てなくなっちゃうときもあります。そんな社会の中でも、し...
“人間の巣”をつくり続ける職人、Jayson Fann。好きだけでは食べていけない。というセリフをよく聞くけれど、大人が本気で“遊び”を極めたら、仕事に変...
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
ダウン症でありながらもモデルとなった17歳のJackの言葉が心に響く。決して容易ではない夢を叶えた彼は、ファッション業界に“新たなヒカリ”を見せる存在にな...
わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。そんな新しい価値観や時代、ライフスタイルとはどのようなものか。ここでは、日米のベンチャー企業へ投資...
「生きるために食べよ、食べるために生きるな」これは、古代ギリシャの哲学者ソクラテスの有名な言葉。忙しい毎日を過ごしている、現代人に響くものではないでしょう...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア現役慶應大学院生モデルであり、エシカル・ファッションの情報発信、途上国支援...
生きていれば人との付き合い方や、そもそもの生き方など、考えさせられることは多いはず。人生に迷ったとき、私たちは何を信じて生きていけばいいのでしょうか?ここ...
NYのフォーダム大学で教授をしているLyn Slaterさんは、ニューヨークファッションウィーク中に友だちとランチに出かけたところ、ジャーナリストにパシャ...
用途もデザインも、両方兼ね備えていないとダメっていう、うるさい(めんどくさい)料理男子たちへ。
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
人生を晴れやかなものへと変える生き方。「自分を知る」目的としてマインドフルネスの実践を提唱する荻原順子さん。著書『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)...
世界の名作と一体となったファッションに、心を刺激されてウキウキしてしまう。実際に会って話したこともないのに、写真からは大好きって言葉が聞こえてくるような気...
SNSに写真をアップするとき、つい理想の自分のスタイルを演出したくなっちゃいますよね。いつもは本当はそんなに決まっていないときだってあるのに、バッチリ加工...
人形と一緒に写真に写る男性ーー。ちょっと不思議な光景ですが、これにはかわいい理由と、それに応える愛がありました。彼の名前はTrent McCainさん。カ...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...