「Dior」もマスクを生産開始。しかも熟練の職人による「手縫い」

広がり続ける支援の輪。今、世界中でさまざな企業や団体、そして個人が、未曾有の危機を乗り越えようと手を取り合っている。

なかでも、ファッション業界のアクションには目をみはるものがある。

かの「ディオール」は、フランス・ブルターニュにあるアトリエで、マスクの生産を開始。すべて職人により、ひとつひとつ手作業で作っているのだとか。

生産に携わっているのは、ボランティアによるメンバーが中心。新型コロナウイルスに関する最前線にいる人々へのサポートに積極的に取り組んでいるという。

不織布に黒いゴムがついたディオールのマスク。シンプルなデザインながらトップメゾンの意匠を感じる佇まいに仕上がっている。マスク不足の解消だけでなく、ファッション性も楽しめるなんて心憎い。

入手方法など、今後のアナウンスにも期待したい。

© Dior/Instageam
Top image: © iStock.com/LdF, iStock.com/Ghrzuzudu
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「経済的な洗えるマスク」「高性能な次世代マスク」「ファッショナブルなデザインマスク」などwithコロナ時代に持っておきたい多様なマスクをまとめて紹介。
「Dior」が制作した「A COLORING BOOK(塗り絵)」がリリース。現在、ブランド公式サイトにて無料公開中だ。
アクセサリーブランド「クロムハーツ」は、新型コロナウイルスの感染拡大による医療品不足を受けて、ウイルスに対する保護用具を生産することをInstagramで...
女性像の優美な曲線やミステリアスな海の生き物などを想起させる彼女の作品。今回は「Dior」の為に25ピースのベースを全て手作業で作成。
トヨタ自動車のラグジュアリーブランド「LEXUS」が北米市場向けたゲーマー向け車両「Gamers' IS」を発表した。ゲーム配信プラットフォーム「Twit...
「Nike」の「JORDAN BRAND」をパートナーに、「Dior」が手がける今回の「Air Diorコレクション」。パーカーやMA-1といった定番のス...
米国ブルックリンを拠点にするスニーカーメーカー「Atoms」が、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、洗うことで繰り返し使えるマスクの予約を受付中。残念な...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...