極上の小物を扱う「Dior Maison」より新作花器コレクションが発表

ラグジュアリーブランド「Dior」より展開されている洗練されたライフスタイルグッズライン「Dior Maison」。先日、フランスの陶芸家であるアンヌ・アグバドゥ・マソンを迎えた新作花器コレクション「ANNE AGBADOU-MASSON VASES」の販売スタートを発表した。

アンヌ・アグバドゥ・マソンはパリのアトリエで砂岩の彫刻や、磁器、ファイアンス焼きを手掛けているアーティスト。女性像の優美な曲線やミステリアスな海の生き物などを想起させる彼女の作品は、原料の持つ色彩を最低限のエナメル塗装で強調する作風が特徴。

今回は「Dior」のために25点の花器をすべて手作業で作成。

日本では、以下の2種類を銀座の店舗「ハウス オブ ディオール ギンザ」4Fにある「ディオール メゾン」で発売中だ。

©Dior MAISON

『CELESTE』
【サイズ】18×24.5cm
【価格】27万円(税込)

©Dior MAISON

『PERSANE MODEL1』
【サイズ】27.3cm
【価格】27万円(税込)

Top image: © Sophie Carre
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
誰でも花を美しく生けられる花器がありました。
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
12月17日、化粧品大手の「コーセー」は東京・銀座にコンセプトストア「Maison KOSÉ(メゾンコーセー)」をオープンする。
1月8日、Appleが「iPhone11/11 Pro/11 Pro Max」の「ナイトモード」で撮影したベストショットを世界中のユーザーから集めるキャン...
北米を中心に注目を集めるユーモラスで人懐っこいキャラクターが特徴のシェフ、マティー・マセソン。彼の新作コレクションが、カリフォルニア生まれのブランド「RV...
3月27日、LACOSTE渋谷店で新作の限定コレクションの発表に伴ったイベントが開催されました。関係者のみのクローズドな内容であるにもかかわらず、足を運ん...
フラワーアーティストのCHAJINさん著『きょうの花活け 花あしらい101の見本帖』(誠文堂新光社)。私にも花のある暮らしが始められるかも、そう思える一冊...
家具を新調したりDIYするのもいいけれど、もっと簡単に部屋の雰囲気を変えたいなら「花の定期便」を利用するのはどう?インターネットやアプリで簡単に登録でき、...
「gui」は、“花とあなたが出会う場所” をコンセプトに、さまざまな空間にお花やお花をつかった小物を届けるお花屋さんです。
水中に沈めても、落としても、蹴っても大丈夫という「ペリカンエア1535キャリーオンケース」。独自の衝撃反発素材を用いた「ペリカンエアケース」のキャリーケー...
「CHROME」が、あらためて都市型バッグのあり方を追求し、新作コレクションとして「MAZER COLLECTION」を発表。9月6日より「CHROME ...
アメリカでの「Black History Month」で、2月にはアフリカ系の人々に敬意を表するイベントやキャンペーンが多く行われていて、Nikeは毎年の...
「KEITAMARUYMA」のプロダクトをはじめ、自身が日本全国からセレクトした人気作家によるヴィンテージ家具や器、和装小物など魅力的なアイテムが並ぶ。
8月1日(木)から、IKEAが完売次第終了の限定コレクション「OMBYTE(オムビーテ)」を発売中。テーマは「引っ越し」。
「EDIBLE GARDEN」とフラワーアーティストedalab.による体験イベント。来場者はレストラン内の「エディブルフラワーの花畑」から食用花とハーブ...
オーストラリアにいる動物たちを救うために、ニューヨークの街中にコアラのぬいぐるみが出現。コアラに付けられたタグのQRコードを読み込むことで、オーストラリア...
オーストラリアの富豪Matthew Lepre氏が募集している“ある仕事”が注目を集めている。その仕事とは「彼の旅行に帯同して、スマホで写真を撮ること」。...
一本の角材から削り出している装飾台付きの花器は、まるでヨーロッパの神殿の柱を眺めているよう。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
近年話題のモアサナイトを使用したプロダクトを展開する国内のエシカルジュエリーブランド「GYPPHY(ジプフィー)」が今季の新コレクションを発表。
10月4日〜13日まで開催された「ロンドン・カクテル・ウィーク 2019」で世界的なウイスキーメーカー「The Glenlivet(ザ・グレンリベット)」...
ここで紹介するプロジェクトは「人工の花」を設置するというもの。緑の少ない都市部でハチの個体数が減っている現状を踏まえて、彼らを助けるべく始まりました。
華道家にとって、花ばさみは欠かせない道具です。僕が使用しているのは〈有次(ありつぐ)〉の花ばさみ。包丁で知られる京都の老舗ですが、刃物屋なので、花ばさみも...