「茎や葉」まで楽しめる花器

日本に古くからある伝統文化「生け花」。自分の家にも花を飾りたいと思っても、作法がわからないし、どうやって生けたらいいか分からない...。

そんな人には、「Ikebana Vases」という花器がおすすめ。

華道にインスパイアされたこの器なら、誰でも花を美しく生けることができます。

花の美しさそのものを楽しめる

シンプルなデザイン

従来の花器は、植物の花の部分だけを鑑賞するのに適したデザインでした。しかし、植物はその茎や葉も、自然界が作り出した美しさをたたえています。そのすべてを楽しむことができるようにと生み出されたのが「Ikebana Vases」なのです。

一輪の花の力強い生命力を強調する生け花の在り方を取り入れることで、これまで一般家庭ではなかなか馴染みのなかった花の観賞方法が新たに生まれることでしょう。

作法は知らなくても、どのように飾れば一輪一輪の花の魅力を引き出すことができるか考えることは、暮らしに楽しみをもたらしてくれるはず。

あくまでも生けられる花が主役なので、大理石と真鍮を使ったシンプルな設計です。

「Ikebana Vases」は、華道に興味がある人や、フラワーアレンジメントに挑戦したいと考えている人にはおすすめです。

価格は、290ユーロ(約4万円)から。自宅で、手軽に花を生ける新しい楽しみを満喫してみてはいかがでしょう。

Licensed material used with permission byOmer Polak
一本の角材から削り出している装飾台付きの花器は、まるでヨーロッパの神殿の柱を眺めているよう。
ふたつとして同じものはない、その偶然性こそが「人間らしさ」。
4種のベリーと花のパンケーキが楽しめる銀座にある豪州生まれのオーガニックカフェ[旧店名]Me's CAFE & KITCHEN[新店名]METoA Caf...
家具を新調したりDIYするのもいいけれど、もっと簡単に部屋の雰囲気を変えたいなら「花の定期便」を利用するのはどう?インターネットやアプリで簡単に登録でき、...
「Firsthand」は「チームラボ」がデザインした、お米の流通過程で使用される米袋をアップサイクルしたエコバッグ「teamLab Folding Ric...
風船に支柱を入れてそこに水を張って……。
女性像の優美な曲線やミステリアスな海の生き物などを想起させる彼女の作品。今回は「Dior」の為に25ピースのベースを全て手作業で作成。
絶対に枯れない花「アーティフィシャルフラワー」をインテリアグリーンの延長に。
花を美しく飾る、その目的のためだけにつくられた切り花のためのテーブルです
フラワーアーティストのCHAJINさん著『きょうの花活け 花あしらい101の見本帖』(誠文堂新光社)。私にも花のある暮らしが始められるかも、そう思える一冊...
歯ブラシの機能向上は日進月歩。ただの電動歯ブラシでは、もう満足できないアナタにおくる「かしこい歯ブラシ」をまとめてみました。
Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。第4回は、薬膳カフェ日月の「花...
使い方だってカンタン。茶葉をユニコーンの中に入れてカップにセット、お湯を淹れてしばらく待てば完成。茶渋を洗うのが少し面倒くさそうだけど、そこさえクリアにな...
商業施設の壁面緑化や植栽など、プロ仕様の花材だった「フェイクグリーン」。それをインテリアを彩る「グリーン雑貨」として室内に持ち込んだ、フェイクの仕掛け人・...
ガスマスクを着けた匿名のアーティストMr. Flower Fantastic。彼は愛する「ナイキ」のシューズを花を使い、美しくアレンジ。
「Magic of Water」は無重力を楽しめるインテリアです。
「GU(ジーユー)」からマスクが登場。機能性に加え、ファッション性をも追求したラインナップがズラリ。
海外のローカル&レアチョコレートを、いち早く味わえる「フェリシモ」の「至福のご褒美スイーツ2020」。世界中のショコラティエが想いを乗せて制作したハート型...
ヒヤシンスはツルボ科の多年草植物で、ひとつの茎にたくさんの花弁をつけます。語源は、ギリシャ神話の美少年の名前からきており、ヒヤシンスの力強く美しい姿はまる...
つる性の観葉植物で、葉の緑色が鮮やかな「ポトス」は、手軽に始められる水耕栽培でも育てることができます。部屋に緑あふれる暮らしを望む方や、癒しの雰囲気づくり...
手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。
園芸店からライフスタイルショップまで、フェイクグリーン取扱店を厳選してご紹介。キーワードは「提案」。インテリアのお手本になるディスプレイも見どころです。
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
「花屋に行くのを習慣化する」ってなかなかハードルが高い。そんなハードルを取り除いてくれるのが、「霽れと褻(ハレとケ)」っていうオンラインサービスです。