「茎や葉」まで楽しめる花器

日本に古くからある伝統文化「生け花」。自分の家にも花を飾りたいと思っても、作法がわからないし、どうやって生けたらいいか分からない...。

そんな人には、「Ikebana Vases」という花器がおすすめ。

華道にインスパイアされたこの器なら、誰でも花を美しく生けることができます。

花の美しさそのものを楽しめる

シンプルなデザイン

従来の花器は、植物の花の部分だけを鑑賞するのに適したデザインでした。しかし、植物はその茎や葉も、自然界が作り出した美しさをたたえています。そのすべてを楽しむことができるようにと生み出されたのが「Ikebana Vases」なのです。

一輪の花の力強い生命力を強調する生け花の在り方を取り入れることで、これまで一般家庭ではなかなか馴染みのなかった花の観賞方法が新たに生まれることでしょう。

作法は知らなくても、どのように飾れば一輪一輪の花の魅力を引き出すことができるか考えることは、暮らしに楽しみをもたらしてくれるはず。

あくまでも生けられる花が主役なので、大理石と真鍮を使ったシンプルな設計です。

「Ikebana Vases」は、華道に興味がある人や、フラワーアレンジメントに挑戦したいと考えている人にはおすすめです。

価格は、290ユーロ(約4万円)から。自宅で、手軽に花を生ける新しい楽しみを満喫してみてはいかがでしょう。

Licensed material used with permission byOmer Polak
ふたつとして同じものはない、その偶然性こそが「人間らしさ」。
一本の角材から削り出している装飾台付きの花器は、まるでヨーロッパの神殿の柱を眺めているよう。
4種のベリーと花のパンケーキが楽しめる銀座にある豪州生まれのオーガニックカフェ[旧店名]Me's CAFE & KITCHEN[新店名]METoA Caf...
家具を新調したりDIYするのもいいけれど、もっと簡単に部屋の雰囲気を変えたいなら「花の定期便」を利用するのはどう?インターネットやアプリで簡単に登録でき、...
風船に支柱を入れてそこに水を張って……。
花を美しく飾る、その目的のためだけにつくられた切り花のためのテーブルです
フラワーアーティストのCHAJINさん著『きょうの花活け 花あしらい101の見本帖』(誠文堂新光社)。私にも花のある暮らしが始められるかも、そう思える一冊...
ヒヤシンスはツルボ科の多年草植物で、ひとつの茎にたくさんの花弁をつけます。語源は、ギリシャ神話の美少年の名前からきており、ヒヤシンスの力強く美しい姿はまる...
つる性の観葉植物で、葉の緑色が鮮やかな「ポトス」は、手軽に始められる水耕栽培でも育てることができます。部屋に緑あふれる暮らしを望む方や、癒しの雰囲気づくり...
使い方だってカンタン。茶葉をユニコーンの中に入れてカップにセット、お湯を淹れてしばらく待てば完成。茶渋を洗うのが少し面倒くさそうだけど、そこさえクリアにな...
「Magic of Water」は無重力を楽しめるインテリアです。
「花屋に行くのを習慣化する」ってなかなかハードルが高い。そんなハードルを取り除いてくれるのが、「霽れと褻(ハレとケ)」っていうオンラインサービスです。
それは植物のためのジュエリー。身近な器に入れて茎を挿すだけで、より華やかに、美しく演出してくれます。女性の中には、「こんなアイテムを待っていた!」なんて人...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
ここで紹介するプロジェクトは「人工の花」を設置するというもの。緑の少ない都市部でハチの個体数が減っている現状を踏まえて、彼らを助けるべく始まりました。
「EDIBLE GARDEN」とフラワーアーティストedalab.による体験イベント。来場者はレストラン内の「エディブルフラワーの花畑」から食用花とハーブ...
今年で16回目を迎える「東京蚤の市」。2019年11月15日(金)〜17(日)の3日間、立川の国営昭和記念公園で開催される。
「gui」は、“花とあなたが出会う場所” をコンセプトに、さまざまな空間にお花やお花をつかった小物を届けるお花屋さんです。
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...