「学ぶ」ためのキャビネット

最近の子供は、リビングで勉強をするらしい。特に、まだ勉強をする習慣が付いていない小学校低学年くらいの子。勉強でわからないことがあったとき家族にすぐ聞けるし、親の目線があるから自分の部屋で勉強するよりだらけないからっていうのが主な理由らしい。

だけど学習机って、棚や引き出しがゴテゴテ付いていて「いかにも子供用」。正直リビングにはあまり置きたくない存在です。だけどこの学習机は、インテリアにこだわっている人にもオススメしたい。

一見するとキャビネット
だけど扉を開くと...

福岡にある家具メーカー・杉工場が作った学習机「familia」。扉を開けると、キャビネットから机に様変わりします。勉強していないときは扉を閉じておけば、まさかこれが学習机だとは気づきません。他の家具ともバッチリ調和してくれそうです。

機能は少ないんだろうな...と思いきや、A4ファイルが収納できるスペース、足置き、コード逃がしなど、子どもが勉強するときに必要な機能はきちんと装備されています。それもそのはず、〈杉工場〉は明治中期からある老舗の家具メーカーで、当時の文部省から学校用家具工場として推薦を受けていたんだそう。

机自体は使えるのに、デザイン的に使えず、放置していたり捨ててしまったりする家庭も多いと思いますが、この学習机なら大人になっても使えそう。子供が巣立った後は、机ではなくキャビネットとして使ってもいいですし。

上の写真はウォールナット材で、同じデザインで色の淡いメープル材もあるみたいです。

Licensed material used with permission by杉工場
ソウルのデザインスタジオ「orijeen」が手がけたこのキャビネットは、見る角度によって七色に変化します。部屋の中にあったら圧倒的な存在感を誇ること間違いなし。
「このキャビネットには、ある『仕掛け』が隠されています。それは一体なんでしょうか?」
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
立命館大学×順天堂大学×東京藝術大学COI拠点の三者が共同開発したウェブアプリ「Biosignal Art(バイオシグナル・アート)」。「人間のカラダの構...
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
仕事や勉強で使うデスクは、ある意味「親友」のようなもの。長い時間、苦楽を共に過ごしていくわけだし、自分にとってのベストであって欲しいですよね。だけど、日本...
「マイアミ・アート・ウィーク」で大盛況だった展示会「CASACOR Miami」。今年で2回目の参加でしたが、来場者は2万5000人以上。Instagra...
「Magic of Water」は無重力を楽しめるインテリアです。
キャビンアテンダントが機内食や飲み物を運んでくる際に使用する、あの「機内用トロリー」が、意外に使い勝手がいいらしい。タフな外見をオシャレにカスタマイズでき...
イタリアのデザイナーによる指輪「Teti」が「kickstarter」に登場。指輪のうえに、NY、ロンドン、ローマの街並みが再現されており、お気に入りの街...
インテリアに関するワガママは考え始めるとキリがないですが、それを叶えてくれる家具は意外と形になっているものです。
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
虫嫌いなら拒絶すること間違いなしですが、専門家が「養蜂」を真剣に考えた結果生まれたものなんです。
インテリアとしてのデザイン性はもちろん、機能面でも差をつけているんです!
6月2日、デザイン事務所「KIGI」の渡邉良重氏と「株式会社ほぼ日」によるレディースブランド「CACUMA」から、初のメンズブランド「CACUMA U」が...
史上もっともカーボンフットプリントの低いスポーツパフォーマンスシューズ開発に向け、「アディダス」と「オールバーズ」のフットウェアブランド2社がタッグを発表。
スウェーデン「TRANSPARENT SOUND」から斬新な透明デザインのスピーカーが登場。インテリアとしても成立するデザインで、快適な音楽ライフを実現する。
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「思わずポチっちゃうアイテム」を3つ紹介。バスケットゴール...
給排水など、クリアすべき壁はたくさんありそうですが、市販されるようになれば、ぜひ手に入れたい!ミニマルなインテリア好きは注目です。
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
照明にとって最も重要なのは光る部分かも。そこがデザインされてないのはもったいない。D-DIGN Lightシリーズは、そんなコンセプトから誕生しました。
インテリアとして長く味わえる、植物標本「ハーバリウム」。