「モルタルのラグ」で、模様替え!

たまに、「部屋の模様変えしたいなぁ」と思うことがある。だけど、壁紙を変えたり照明を変えたり、そこまで手間をかけるのはめんどう。

簡単に部屋の印象を変えられるから、まずはラグから変えてみようかな。

キリムやパッチワーク、毛足が長いタイプ、さまざまな種類のラグがあるけど、う〜ん、どれも温かみのあるデザインばかり。

あんまりほっこりしてるのはいやだな〜と思っていた時に見つけたのが「モルタル素材」のラグ!

53682630473809926337499324481536

薄いモルタル素材の〈mortar〉のラグ。

京都のクラフトデザイナーが左官の技術で仕上げることで、約3ミリという薄さを実現しているんだそう。素材の見た目から無機質な印象を受けていたけど、「意外に手仕事」っていうのが良いバランス感。

力を加えるとヒビが入って表情が変わるのだけど、モルタルに特殊な繊維が練りこんであるから割れることはないんだそう。次第に経年変化していくのを観察するのも楽しみだな。

サイズは3種類あるけど、ガラリと部屋の印象を変えるなら、写真の一番大きいサイズがよさそう。

素足でふれれば、ひんやりとした感触。うん、これからの季節限定の模様変えにちょうどいいかも!

5377422870446080594708572353331247694995091619846586659369910272
Licensed material used with permission by Pull Push Products.
新生活に合わせてラグをお探しなら、「会話のきっかけ」になるこんなユニークアイテムも選択肢に入れてみては?
「ブレイド・ウール・ラグ」は、ウールの質感と同心円状に編み込まれたデザインが、フローリングに合います。映画で観たことある、あの感じ。アメリカンヴィンテージ...
〈3sun(サン)〉のビーチラグは、ヨーロッパのリゾートで使われているような、シンプルでちょっと懐かしい感じ。天然素材なので、使い込むほどに目がギュッと縮...
一般的な学習机って、棚や引き出しがゴテゴテ付いてて「いかにも子供用」って感じ。正直リビングにはあまり置きたくない存在。だけどこの「familia」なら、イ...
ミントタブレット、適当に選んでませんか?
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
日本でも名高い伝統工芸の「絞り染め」が、海外でファッションやインテリアに取り入れられているんだとか。オーストラリア、シドニーの絞り染め専門店はDIYキット...
ブエノスアイレスのカーペット工場で作られているこちらのウールラグは、敷くだけでその場が芝生みたいに様変わり。公園の芝生に寝転がるのが好きな人は、このデコボ...
〈The Landscapers(ザ・ランドスケーパーズ)〉による「Plantaholic」シリーズは、ひとつ飾るだけで圧倒的な存在感。小さくとも、リビン...
統一感がない、素人っぽい微妙な部屋になっていない?この3視点からの部屋の風景を完璧にすれば、おのずと洗練された空間になるんです。
神戸風お好み焼きの特徴は、牛すじをこんにゃくと一緒に甘辛く炊き上げた「ぼっかけ」を使っていること。もともと神戸牛や但馬牛などの畜産が盛んだった近畿地方で、...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
ポルトガル・アブランテスで行われたインスタレーション「DomestiCITY」は、公共の場に家族団らんの場と同じような空間をつくったもの。プロジェクトオー...
「Magic of Water」は無重力を楽しめるインテリアです。
だから、味にはほぼノータッチです。
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
インテリアとしてのデザイン性はもちろん、機能面でも差をつけているんです!
虫嫌いなら拒絶すること間違いなしですが、専門家が「養蜂」を真剣に考えた結果生まれたものなんです。
この「L.L.Beanのタオル」、隠れファンが多いみたいです。昨年、一度記事で紹介したところ、“オレも好き”、“私も使ってる”という声が多数。
NYの女性デザイナー2名が始めた「Nightwood Ny」は、街を徘徊して家具や木材、織物などの廃品を拾い集め、修理したりつくり直して販売しています。口...