リビングで、主役を張れる「ドライフラワー」。

観葉植物や多肉植物、あるいはドライフラワーとか。植物の種類やスタイリングの仕方は無限にありますが、〈The Landscapers(ザ・ランドスケーパーズ)〉による「Plantaholic」シリーズは、ひとつ飾るだけで圧倒的な存在感。小さくとも、リビングで主役を張れます、コレ。

つくりとしては、ガラス瓶にナチュラルドライフラワーとオイルを入れたものとなっていますが、チョイスしているドライフラワーの雰囲気とか、封蝋の質感とかがカッコイイです。

このカッコイイっていうのはポイントだと思っていて、植物ってカワイイとか癒やしとかって形容されることが多いなか、「Plantaholic」はカッコイイなんですね(あくまで私感ですが……)。

以下はコンセプトの引用です。

瓶詰めされた植物は育たない、でもそれを眺めるあなたの感性を育ててくれる。植物を育てるのではなく、植物に育てられる。もはや植物依存、それが「Plantaholic」。

ギフトとしても喜ばれそうだけど、自分だけのモノとして眺めるにもいいんじゃないか、と。

公式オンラインショップで購入可能です。

16192bbe325231134891df82e16bb248df77ecf9958b02edc7e35653bc587e03a6c0184a3936ce6eEe9cfe1d76f78bf07317569a89281475adc98e31

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

花をいつまでも楽しみたい。ドライフラワーを上手に暮らしに取り入れてみませんか?
一般的な学習机って、棚や引き出しがゴテゴテ付いてて「いかにも子供用」って感じ。正直リビングにはあまり置きたくない存在。だけどこの「familia」なら、イ...
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
一本の角材から削り出している装飾台付きの花器は、まるでヨーロッパの神殿の柱を眺めているよう。
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
マリファナの販売店「Nuwu Cannabis」がスポンサーになっている、随分と型破りなチームです。
母親にとって、掃除とは子どもとの果てしない闘いのようなもの。片づけても片づけても、端から汚されていく。そんな毎日にうんざりしたひとりの母親がサンクス・ギビ...
ちょっとした照明の使い方で、部屋のムードはがらっと変わるもの。とくに間接照明は光を和らげて、一日の終わりを彩ってくれる和やかなものです。こちら、ドイツ発の...
家の観葉植物に水をあげる用のジョーロ。じつはずっと気に入るものを探していた。ここで言う“気に入る”っていうのはルックスの話だ。
ルーマニア在住のアーティストPaulaさんが作っているのは、ドライフラワーをカプセルに閉じ込めた樹脂ジュエリー。小ぶりなネックレスやペンダントのなかにも、...
ヨーグルト、グラノーラやナッツも入ってて具沢山。おいしそう!
ANAをはじめとする航空会社や鉄道で採用されてる「A2Care」の除菌消臭スプレー。キッチン、リビングからバスルーム、トイレまで、どこでも使える汎用性と高...
〈is-ness(イズネス)〉のサンダルは、ハイブランドのスラックスにもマッチするデザイン。さり気なくイタリア製というのもポイントです。
インテリアとしてのデザイン性はもちろん、機能面でも差をつけているんです!
ダン、ダン、ダン。まるで、積み木を重ねたようなシンプルな構造。じつは、これは立派な家。いや、見た目以上に機能的な家なのだ。3つのリビングユニットは、それぞ...
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
キャンプだけじゃなく、公園でも自宅でもベランダでも(どこでも、ですね)使い勝手のいいフォールディングチェアを探して行き着いたのが、〈Allstime(オー...
お花のある生活には憧れる。けれど、買うのはなんとなくハードルが高くてためらってしまう。そんなお花ビギナーでも、素敵なカップルが営むこんな「フラワートラック...
インテリアとして長く味わえる、植物標本「ハーバリウム」。
職業にもよりますが、パソコンさえあれば自宅でも滞りなく仕事ができる時代。意外とオフィスよりも、家の方が仕事がはかどったりするんですよね。集中力が切れてしま...