錯覚を起こす「ハンカチ」。

先日紹介した〈中川政七商店〉の「フック画鋲」を買いに行った時、“ついで買い”しちゃったハンカチです。

一般的なサイズよりもひと回り小さなガーゼ製。ポケットに入れてもかさばりません。洗うとギュッと目がつまってきます。

なんて話はどうでもよくって、じつは衝動買いの理由はこの柄です。

遠目に見ると、海外企業のロゴがプリントされているように見えます(僕は見えました。見えないって人は、目を細めてみて!!)。でも、近くでみると、鯉のぼり。しかも時々金太郎が上に乗ってます。

この錯覚を起こす柄がおもしろいな、と。

正直それだけなんですが、これって言い換えると伝統的なモチーフが見事にモダナイズされていると言えなくもないような……って、深く考える必要ないですね。

この柄、ちょっと新しくないですか? 可愛くないですか? 

税込597円。公式オンラインショップで購入可能です。

64687943272366086315157844131840

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

お気に入りのハンカチです。水彩画のような、淡く重なった色合いが綺麗でしょう。これを持っていると、周りの人からおばあちゃんみたいだねって言われるんですけれど...
〈The Landscapers(ザ・ランドスケーパーズ)〉による「Plantaholic」シリーズは、ひとつ飾るだけで圧倒的な存在感。小さくとも、リビン...
〈GORDON MILLER(ゴードンミラー)〉のペーパータオルです。オートバックスが手がけるブランドだけあって、自動車や自転車などのメンテンスなど、いわ...
「Otta(オッタ)」は通常のハンカチタオルをハーフサイズに。さらにセンターに折り目をつけることで、よりコンパクトに折りたためるタオル。スラックスのポケッ...
一般的な学習机って、棚や引き出しがゴテゴテ付いてて「いかにも子供用」って感じ。正直リビングにはあまり置きたくない存在。だけどこの「familia」なら、イ...
〈SPEAR&JACKSON(スピア&ジャクソン)〉の剪定ばさみ、バイパスタイプ MAX15mmです。切れ味はもちろん、持ちやすさ、ストラップ用のホールが...
ANAをはじめとする航空会社や鉄道で採用されてる「A2Care」の除菌消臭スプレー。キッチン、リビングからバスルーム、トイレまで、どこでも使える汎用性と高...
〈HIGHTIDE(ハイタイド)〉の「メタルブックレスト」は、オフィス用品として決してマストではないものの、あればあったで重宝する、そんな類いのプロダクトです。
「バターメモ ブロック」は、メモをそのままバターに見立ててパッケージされています。パラフィン紙のパリパリした感じとか、このままスーパーの食品コーナーに置か...
オートバックスセブンが昨年7月にスタートさせたライフスタイルブランド〈GORDON MILLER〉。そのプロダクト群がツボです。なかでも、この「ボトル テ...
はっきり言って、日付を知るだけならPCやスマホで事足ります。当然、このカレンダーに求められるのは、オブジェ的な役割。そういう意味でパーフェクトだと思います。
人間の目は、世界をそのまま見ているわけではありません。目から入ってきた光の刺激は視神経を通り、脳に伝達され、はじめて何らかの像を認識します。つまり「脳の認...
文字や数字をテープに打ち込める〈DYMO(ダイモ)〉のテープライター。書類のファイルや備品などを整理するのに使われる事務用品というイメージが強く、あんまり...
シンプルにボトル6本が収納できるワイヤーバスケット。取っ手も付いてるので、持ち運びも簡単です。
キャンプだけじゃなく、公園でも自宅でもベランダでも(どこでも、ですね)使い勝手のいいフォールディングチェアを探して行き着いたのが、〈Allstime(オー...
ちょっとした照明の使い方で、部屋のムードはがらっと変わるもの。とくに間接照明は光を和らげて、一日の終わりを彩ってくれる和やかなものです。こちら、ドイツ発の...
〈Acteon(アクティオン)〉は、吸水速乾、抗菌という特徴を持つ高機能タオル。とくに速乾のスピードには驚きです。濡れた部分を観ているうちにどんどん乾いて...
生理用品を手に入れることができないという問題は、発展途上国だけの問題ではない。スコットランドも同じ。自治政府は、問題に直面している女性を救おうと、7月より...
リビングで本物の火のゆらぎを楽しめる〈LOGOS(ロゴス)〉の「テーブル暖炉」。ランタンでもキャンドルでもなく、暖炉! 使い方は、専用の燃料を入れてライタ...
母親にとって、掃除とは子どもとの果てしない闘いのようなもの。片づけても片づけても、端から汚されていく。そんな毎日にうんざりしたひとりの母親がサンクス・ギビ...