日用品を「幸せあふれる作品」に変えるinstagramer

身の回りのものとイラストを組み合わせる、Kristián Mensa氏。1997年生まれ、プラハ在住の若きアーティストです。彼の作品発表のフィールドは主にInstagram。すでに多くのフォロワーを集め話題になっています。パスタや、プリッツ、スプーンなどが彼の手にかかると全く違うものへ変化します。

 発想力がスゴッ!
身の回りのものが驚きの変化

ここからは早速、彼のInstagramにアップされている写真を紹介します。そのアイデアに脱帽すること間違いなし!th_スクリーンショット 2015-10-17 16.04.03スニーカーがスパイダーマンに!th_スクリーンショット 2015-10-17 16.07.03バスケットボールが、ハードル走のトラックに様変わり。

th_スクリーンショット 2015-10-17 16.07.13座禅をしているお坊さん。足はプレッツェル!?

th_スクリーンショット 2015-10-17 16.06.55Kristián君にかかれば、ペンネが吊り橋に。th_スクリーンショット 2015-10-17 16.06.42スパイダーマンが糸を飛ばすシーン。サッカーゴールをうまく使っています。th_スクリーンショット 2015-10-17 16.06.20ちょっと酸っぱそうな、黄色のイルカ。th_スクリーンショット 2015-10-17 16.06.06何気ないビルの写真が、『塔の上のラプンツェル』の世界に。th_スクリーンショット 2015-10-17 18.35.44コーヒーカップの腕時計。2時50分くらい!?

ダンサーに俳優まで!?
マルチな才能の持ち主

th_スクリーンショット 2015-10-17 16.03.37じつは彼は絵だけではなく、ダンサーや俳優、さらにはピアノ奏者としても活躍するマルチな才能の持ち主。
発想力が豊かなのも、活動の幅が広いからかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Kristián Mensa

ヨーロッパの廃墟に放置されたピアノを探す、フォトグラファーでありピアニストのRomain Thieryさん。廃墟と壊れたピアノが作り出す、独特の世界観をどうぞ。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
まるで空に浮かんでいるような瞬間を切り取った「浮遊写真」。Instagramをはじめ とするSNSにたくさんアップされていますが、浮遊姿勢、美しさでいった...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
機能的にはごく普通のコーヒーミルで、ローテクではあるのですが、アウトドア好きかつデザインにこだわりたい人にはぴったりかも。単純に見た目がオシャレなので、自...
オランダで9月16日まで開催されているアートイベント「Into Nature」。そこには、ただ見るだけではなく泊まって楽しめるインスタレーション「Esca...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
役目を終えても、ゴミになることなく芸術として命を吹き込まれるということ。作品の魅力に加え、その成り立ち自体に大きな意味を感じます。
これは、アメリカとニュージーランドのメディアが報じていた珍事件。思わぬ方向に展開しちゃいました。
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
よく一日に何杯もコーヒーは飲むものじゃない、なんてことを耳にしますが、あれってなんでかわかります?
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
銀が溶け出すようなアートは、イタリアを拠点とするAlessandro Pagliaさんによるもの。何本ものペンを使いこなして、現実とはかけ離れた作品を作り...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
「マステ」は、株式会社マークスのマスキングテープブランド。現在、これを使ったアート展が東京・表参道ヒルズで開催中。色鮮やかでカワイイ作品に対して...
プラハの街の一角に、愛と平和と自由への精神で埋め尽くされた壁がある。1980年12月8日、凶弾に倒れたジョン・レノンを偲んで、若者たちが哀悼のメッセージを...