【笑顔になれる日用品】水洗いもへっちゃら。軽くてタフな皿「プライウッド」

自然素材のお皿が一枚あるだけで、食卓にあたたかい雰囲気が生まれると、今や定番となりつつあるのが木製の器たち。こうしたウッドプレートは、主に2種類存在します。ひとつは木から削り出したり、くり抜いて作るもの。もうひとつが、薄くスライスした木のシートに圧力をかけてプレスした成形合板(プライウッド)です。

ここで紹介するのは後者のほう。軽くて、丈夫で、シンプルな意匠にひと目惚れしてしまいました。

圧縮プレスでつくる
もうひとつの“木のぬくもり”

はじめに、プライウッドの特性から紹介していきましょう。といっても、長々と製品説明をするのも野暮。もっとも特徴的なメリットを以下、2つ動画にまとめてみました。まずは、そちらからどうぞ。

メリットその1
水にも、汚れにも強い

木皿と聞くと、「水に弱い」というイメージがありませんか?ところが、プライウッドは耐水性に優れた製法なんです。ここに紹介するメーカーのものは、工業試験場での業務用食器洗浄機による洗浄テスト(その数じつに3,000回!)を、さらりとパスした逸材。

メリットその2
軽くて丈夫、
落としても割れない

また、適度な粘りがあるのもプライウッドの特徴。うっかり落としても、割れません。

じつは、この2つは木皿にとって重要なポイントなんです。
というのも、水はけが悪く乾きにくいままの皿は、いつでも生乾き状態。なんとなくニオイが残っているのってイヤですよね。特に梅雨のこの時期は尚更。他にも、落としただけで欠けてしまったり、使っていくうちにひび割れがひどくなり、最後はパキっと割れてしまうことだって少なくありません。

こうしたネガティブな要素を、長年培ってきた成形合板の技術でポジティブに転換させているのが、香川県高松市の製作所「GOLD CRAFT(ゴールドクラフト)」です。

木の風合いや質感をそのままに
包容力ある木皿を製造

材質から接着剤、耐水コーティング剤にいたるまで、すべて日本製のプロダクトにこだわるゴールドクラフト。1センチあたり数十キロの圧力をかけてプレスされる、プライウッドの主原料はシナノキ材。これも、「産地が確かなものだけを使う」という徹底ぶり、現在は北海道から取り寄せているんだそう。

クラフトマンとしてのこだわりがもうひとつ。
プライウッド製品の特徴であり、木皿の表情となる表面材、これを突板(つきいた)と呼ぶそうですが、この厚み0.6ミリがゴールドクラフトの真骨頂。木の風合いや質感を感じることができるのも、この厚みあってこそだとか。曲面をつくりだす難題をクリアしてきたのも、本場北欧のプライウッド(厚さ0.5ミリ以上が一般的)に負けない技術力があってこそ。

使い勝手で選ぶなら、
この2種類

オススメは、お皿全体に余白を与える広いリムが印象的な「ワイドリム」。サラダにお肉にパスタ、陶磁器のホワイトプレートのように、どんな料理を盛り付けても見栄えする使い勝手のいい丸皿です。また、メインプレートの下皿としてもいいかも。シナノキ製のLサイズ(305×305×h10ミリ)は、一枚3,240円(税込)。

一方こちらは、デザイナー小松誠氏によるデザインの「風の器」シリーズ。その名の通り、風をうけてたなびく軽やかさをプライウッドで表現した角皿です。写真のようにお寿司を盛り合わせたり、アンティパストにも合いそう。ベイマツ製のLサイズ(355×195×h20ミリ)は、一皿3,780円(税込)。

オンラインストアでは、材質もカタチも、サイズも豊富に展開しているので、ライフスタイルやお皿とのマッチングを考えながら選ぶことができますよ。温もりあるプレートの向こうに美味しいイメージが、きっと湧いてくるはず。

Licensed material used with permission by GOLD CRAFT
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
3つの「絶景」スポットが、香川県西部に集まっています。香川には直島や小豆島をはじめとする瀬戸内の島々もあるし、高松、丸亀、琴平なども当然有名です。本当に観...
香川の名物と言えば、やっぱりうどんでしょうか。90年代後半から始まった大うどんブームは一過性のもので終わらず、香川には現在でも多くのうどん目当ての観光客が...
「たくさんの人がうどん食べに来てくれるけど、夜はみんな他の県に行ってしまう。夜も香川でおもてなししたい!」 そんな香川県の思いを叶えるべく、特産品である希...
以前、テイラー・スウィフトのコンサート会場内に、顔認証システムが搭載されたカメラが仕込まれていました。セキュリティ対策の一貫だったということですが……。プ...
目の前で焼きあがるフレーバーは10種類乃木坂にオープンした食パン専門ベーカリーViking Bakery F〒107-0062 東京都港区南青山1丁目23...
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
愛媛県は、2017年3月に「四国一周1,000キロルート」を発表した。これは、四国を周遊するサイクリングロード。台湾が取り組んでいる、台湾島を一周する環島...
恥ずかしいから、書いて伝えてみました。
多くのメディアや雑誌に取り上げられるまでに成長した、クラフトコーラを販売する『伊良コーラ』を追ったドキュメンタリー。
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。
「今日は○○へ行きます。旅の話をしますので、よろしければ何か食べさせてください or 一晩泊めてください」とTwitterでつぶやいては反応を待ち、声をか...
パリのデザインスタジオ、「Studio Dessuant Bone」が手がけるこちらの食器、一見「何かの冗談では?」と思ってしまいますよね。
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
フランス在住のカナダ人フォトグラファーのCoco Amardeilは、娘のZhansayaちゃんをモデルに、「Crazy Mummy」というフォトプロジェ...
〈GORDON MILLER(ゴードンミラー)〉のペーパータオルです。オートバックスが手がけるブランドだけあって、自動車や自転車などのメンテンスなど、いわ...
日本人が知らないカンボジアの“今”が詰め込まれているのが、このガイドブック。1月5日から発売されている『CAMBODIA BOOK カンボジア観光ガイドブ...
ロンドン在住のフランス人イラストレーター、Jean Julien。スマホ中毒を皮肉った風刺画や、パリ同時多発テロの追悼アートで話題になったことも記憶に新し...
「燻製が好きすぎて起業する人がいる」と聞き、興味を覚えた。雪が降り続ける秋田県鹿角市。起業を目前に控え、溢れんばかりの希望を抱えた松村 託磨(まつむら た...
渋谷・円山町のクラブ「WOMB」で、K-POPを楽しんでいるお客さんたちがセルフィースナップに協力してくれました。疲れがふき飛ぶような素敵な笑顔、お楽しみ...
栃木県小山市民を中心に老若男女に愛され、2005年に惜しまれつつ閉園した「小山ゆうえんち」。遊園地が開園中に活躍していた2層式アンティークのメリーゴーラン...
日常のなかで、お皿やカップを割ってしまえば、捨ててしまうのが当たり前。でも本当にそれでいいのだろうか。
生理用品を手に入れることができないという問題は、発展途上国だけの問題ではない。スコットランドも同じ。自治政府は、問題に直面している女性を救おうと、7月より...
ホームパーティ後、皆が帰宅した部屋はなんとも寂しい。誰もいないのに大量のゴミ。はぁ。片付けってほんと負担。けどこれならゴミも半減するし、地球にやさしくてと...