安い「爪切り」ではNO.1。

爪切りのお値段で高い、安いの境界線を引くのは難しいのですが、いろいろと見た上でだいたい1,000円がラインと考えています。一般的な感覚でも1,000円以上だとどんなに切れ味がよくても、“即購入”という人は多くないんじゃないか、と。

例えば、高級爪切りの代名詞〈SUWADA〉の「ニッパー爪切」なんて、もっとも安いものでも税抜きで6,500円します。切れ味を試してみたことがありますが、確かにスゴイ。パチンッというか、サクッと切れる。だけども、やっぱり高価です。その実力は理解できても手が出ない。ギフトならアリかな〜。

話が少し逸れました。本稿の主役は〈KIYA〉の「爪切 黒 小」です。お値段は税抜きで700円。1,000円以下。安い爪切りのなかでは、実力NO.1だと思います。

100均なんかで売っている超安価な爪切りとの違いは、老舗の包丁メーカー〈日本橋 木屋〉が作っているというブランドだけじゃありません。

やはり切れ味が違っていて、しっかりと、滑らかに爪を切ることができます。あの心地いいパチンッという音も申し分なし。切った爪を捨てる際には、カバーを取り外しできます。

黒い色にも意味があります。刃を爪にあてた時に視認性が高いんですね。細かい配慮がうれしいです。

また、サイズも“小”というだけあって、ポケットに収まりのいいサイズ。日常で持ち歩くにも扱いやすい。

公式オンラインショップで購入可能です。

ビー編集部
自分たちが使っているモノを紹介していきます。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

日々の生活のためになる知恵などをこれまでたくさん提供してきてくれた「Little Things」。今回は爪を通してみる、あなたの性格について。7種類に分類...
世界一、ビビリなパパを発見。どうやってもパパに爪を切らせてくれない彼女の名前は、マルセリーナちゃん。「Jukin Media」が紹介するこの動画のタイトル...
たまには単色じゃないネイルも楽しみたい。単色だとしてもちょっぴり勇気がいる鮮やかカラーに踏み出したい。
2児の父であり、日本人であること以外に正体を明らかにしていないRIUと名乗る切り絵師。作品はとにかくバリエーションが多く、型にハマらない柔軟性とチャレンジ...
『ひつじのショーン』シリーズの制作スタジオが国際環境NGO「グリーンピース」とタッグを組んで作った"海洋汚染"に警笛を鳴らす短編作品がWebで公開中。