食べすぎ、爪を噛む……。わるいクセを直す「恐怖のデバイス」

やめたいけど、なかなかやめられない。

食べすぎや爪を噛む、頭を掻きむしるなどなど、あなたの悪癖を強制的に矯正するデバイスが登場です。

方法は電気ショック!

5506703499984896
© PAVLOK

PAVLOK」は、自分で自分を「しつけする」ためのデバイス。

手首につけ、悪いことをしてしまったらイナズマのボタンを押し、ビリッと電気ショックを与えます。てっきり自動的に電気が流れるのかと思いましたが、自分で流すというストイックな仕組み。ズルはダメ絶対。

「ビリッ」を繰り返すうち、脳は特定の行為を電気ショックとセットで認識するようになるそう。すると、自然と悪癖が直っていくのです。

5449667139600384
© PAVLOK

アプリと連動させることで、目標を入力したり、どれくらいの頻度で電気ショックを受けてしまっているかの確認ができます。電気ショックの強さの調節もできるので、自分に与える罰レベルも自由自在。

ちなみに、アプリからでも電気ショックは送れるので、ズルして自分でボタンを押さない可能性がある人は、他人に流してもらうといいかも。

「悪癖」と「嫌な記憶」をセットで脳にインプットするデバイス。もう自分の力だけではどうにもならないという人にオススメです。

Top photo: © PAVLOK
Reference: PAVLOK
遠く離れた場所で愛を育む「遠距離恋愛」。最近はインターネットやスマホの進化で、メッセージのやりとりや画面越しのコミュニケーションもスムーズにできるようにな...
日々の生活のためになる知恵などをこれまでたくさん提供してきてくれた「Little Things」。今回は爪を通してみる、あなたの性格について。7種類に分類...
いつでもどこでも、飲みたいときにお酒が飲みたい!というみなさん。その気持ちをファッションに取り入れてみてはいかがでしょうか。この「Bracelet Fla...
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
〈KIYA〉の「爪切 黒 小」です。お値段は税抜きで700円。100均なんかで売っている超安価な爪切りとの違いは、老舗の包丁メーカー〈日本橋 木屋〉が作っ...
「妊娠しているときから、もっと夫にも子どもに興味を持ってほしい」。そうは思っても、実際にお腹に赤ちゃんを抱えていないパパにとっては、ママの大変さや気持ちを...
これがあれば、マッチもライターも必要なし!アウトドアでささっと火を起こせる「ブレスレット」が登場しました。使いかたは簡単。燃えやすい木やクズを集めて、あと...
ネガティブな言葉は、自分の中から生まれてくる「わるい思考」です。間違ったクセである「思考の負債」を背負わず、ポジティブに生きていくためのヒントを紹介しまし...
 ずっと探していたんです、こんなふうにボリューム感のあるブレスレットを。ところが、どこにでもあるようで、いざ探してみるとないんですよ。編んでいたり、エッジ...
いろんなストーリーが浮かんできます。
「自分の肌に1番合う製品を使って、しっかりスキンケアしたい」女性なら誰でも思うことではないだろうか。忙しくても簡単に肌チェックができるデバイスが、Kick...
早速ですが、あなたは早食い派ですか?それともゆっくり食べる派ですか?実は食事をする時のクセが、その人の性格を一番表していると「Little Things」...
世界一、ビビリなパパを発見。どうやってもパパに爪を切らせてくれない彼女の名前は、マルセリーナちゃん。「Jukin Media」が紹介するこの動画のタイトル...
「Google Pixel Buds」が発表されて、リアルタイム翻訳デバイスの期待値を一気に高めた。この気軽さをアップグレードしたのが「Makuake」で...
元はと言えば、時差ボケを防止、解消するために開発されたデバイス「AURA」。だから、快眠へと誘う、たくさんのアイデアが詰まっています。
虫に刺された後のかゆみを熱と振動で癒してしまうという魔法のようなデバイスが登場。スイッチを入れると、じんわり熱と振動が発生。あ、もちろん熱といってもデリケ...
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
「Butterfly iQ」は、iPhoneを超音波検査機に変えてくれるデバイス。だから、自宅でもガンなどの検査を行うことができるようになるそうです。
単純作業労働の現場をはじめ、知的労働分野でも、ロボットに人間の仕事が奪われるという自体が起こっています。私たちの暮らしを快適なものにする一方で、見たくない...
男性の自分からからすると、完全に女性向けデザインであることが悔しい。逆にいうと、女性には思う存分活用してほしいアイテムということ。ジュエリーにテクノロジー...
人々の命を守るワクチン。しかし、すべての国でその重要性が認識されているわけではない。アフガニスタンもそのひとつ。乳児死亡率が世界でも特に高いこの国では、そ...
自宅で簡単にネイルアートが楽しめる、アメリカ発の「ネイルプリンター」デバイスが登場しました。スマホのアプリを使って、イラストや絵文字、写真を爪に直接プリン...
ファスナーのトラブルって、案外多いものです。お気に入りの洋服やバッグだったら大ショック。なんとか、直そうと四苦八苦するものの、徐々にイライラしてきて…「ん...