食べすぎ、爪を噛む……。わるいクセを直す「恐怖のデバイス」

やめたいけど、なかなかやめられない。

食べすぎや爪を噛む、頭を掻きむしるなどなど、あなたの悪癖を強制的に矯正するデバイスが登場です。

方法は電気ショック!

© PAVLOK

PAVLOK」は、自分で自分を「しつけする」ためのデバイス。

手首につけ、悪いことをしてしまったらイナズマのボタンを押し、ビリッと電気ショックを与えます。てっきり自動的に電気が流れるのかと思いましたが、自分で流すというストイックな仕組み。ズルはダメ絶対。

「ビリッ」を繰り返すうち、脳は特定の行為を電気ショックとセットで認識するようになるそう。すると、自然と悪癖が直っていくのです。

© PAVLOK

アプリと連動させることで、目標を入力したり、どれくらいの頻度で電気ショックを受けてしまっているかの確認ができます。電気ショックの強さの調節もできるので、自分に与える罰レベルも自由自在。

ちなみに、アプリからでも電気ショックは送れるので、ズルして自分でボタンを押さない可能性がある人は、他人に流してもらうといいかも。

「悪癖」と「嫌な記憶」をセットで脳にインプットするデバイス。もう自分の力だけではどうにもならないという人にオススメです。

Top photo: © PAVLOK
Reference: PAVLOK

関連する記事

ハイエンドな「ガチ勢のための爪切り」が「ヴィレッジヴァンガード」のオンラインショップに登場した。
遠く離れた場所で愛を育む「遠距離恋愛」。最近はインターネットやスマホの進化で、メッセージのやりとりや画面越しのコミュニケーションもスムーズにできるようにな...
日々の生活のためになる知恵などをこれまでたくさん提供してきてくれた「Little Things」。今回は爪を通してみる、あなたの性格について。7種類に分類...
ファーウェイの折りたたみスマホが話題になっていますが、個人的にはコッチの方を早く製品化してほしい!イギリスを拠点に置くデザイナーが考案しているブレスレット...
発酵食品仕込み教室「神楽坂発酵美⼈堂」が、天然のヒト型セラミド配合した「オーガニック セラミド甘酒」をリニューアル発売。
いつでもどこでも、飲みたいときにお酒が飲みたい!というみなさん。その気持ちをファッションに取り入れてみてはいかがでしょうか。この「Bracelet Fla...
〈KIYA〉の「爪切 黒 小」です。お値段は税抜きで700円。100均なんかで売っている超安価な爪切りとの違いは、老舗の包丁メーカー〈日本橋 木屋〉が作っ...
「妊娠しているときから、もっと夫にも子どもに興味を持ってほしい」。そうは思っても、実際にお腹に赤ちゃんを抱えていないパパにとっては、ママの大変さや気持ちを...
6月29日、米「カリフォルニア大学」のロサンゼルス校の研究チームが、アメリカ手話(ASL)を読み取り、リアルタイムで音声変換するデバイスを開発したと発表。...
たまには単色じゃないネイルも楽しみたい。単色だとしてもちょっぴり勇気がいる鮮やかカラーに踏み出したい。
エコフレンドリーな製品を手がける「Pela」が、廃棄物を肥料に変えるコンポストマシン「Lomi」の販売をクラウドファンディングサイト「Indiegogo」...
世界でもっとも長い爪を持つ米・テキサス州在住のアイアナ・ウィリアムスさんが、ついにその爪を切る決断をしたらしい。約30年間伸ばし続け、全長7.3mに到達し...
7月27日に公開されたフロリダ州ジャクソンビルのテレビ局「WJXT」のWEB版の記事によれば、プロサーファーFrank O’Rourkeさんがシャークアタ...
イスラエルのスタートアップが開発をすすめる「Allerguard」は、料理にかざすだけでアレルギー源を検知する画期的なデバイス。
B級グルメの代表格「ご当地焼きそば」は、愛知県の瀬戸市にもあった。一見するとなんの変哲もない茶色い普通の焼きそばだけど、食べてみると甘みがある。立ち寄った...
これがあれば、マッチもライターも必要なし!アウトドアでささっと火を起こせる「ブレスレット」が登場しました。使いかたは簡単。燃えやすい木やクズを集めて、あと...
「Google Pixel Buds」が発表されて、リアルタイム翻訳デバイスの期待値を一気に高めた。この気軽さをアップグレードしたのが「Makuake」で...
インド北部の村に暮らす男性のこの奇行。合法か否かとか、もうそんな次元じゃない。
元はと言えば、時差ボケを防止、解消するために開発されたデバイス「AURA」。だから、快眠へと誘う、たくさんのアイデアが詰まっています。
「自分の肌に1番合う製品を使って、しっかりスキンケアしたい」女性なら誰でも思うことではないだろうか。忙しくても簡単に肌チェックができるデバイスが、Kick...
 ずっと探していたんです、こんなふうにボリューム感のあるブレスレットを。ところが、どこにでもあるようで、いざ探してみるとないんですよ。編んでいたり、エッジ...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
「オーディーエス」は、スマートフォンで再生した好きな音楽に、入眠時の脳波と同じ周波数の信号を加えるRBS技術を搭載した、快適な睡眠をサポートしてくれるデバ...
ネガティブな言葉は、自分の中から生まれてくる「わるい思考」です。間違ったクセである「思考の負債」を背負わず、ポジティブに生きていくためのヒントを紹介しまし...
早速ですが、あなたは早食い派ですか?それともゆっくり食べる派ですか?実は食事をする時のクセが、その人の性格を一番表していると「Little Things」...
iHerb(アイハーブ)で買える、リモートワーク中だからこそ食べられる「中毒性のある缶詰」3つをご紹介。いわしの缶詰、オイル漬けアンチョビ、スモークオイス...
日々の時間を“見える化”することで自己管理に役立てる、ボタン型のIoTデバイス「kotobo」。
米「Microsoft」が昨年10月に発表して大きな注目を集めていた2画面Androidデバイス「Surface Duo」。当初は今年末の発売が予告されて...
世界一、ビビリなパパを発見。どうやってもパパに爪を切らせてくれない彼女の名前は、マルセリーナちゃん。「Jukin Media」が紹介するこの動画のタイトル...
水深5mまでなら“無限”に潜水することが可能な、スタートアップ企業「exolung」の最新デバイス。特別な訓練やライセンスが不要なので、誰でも手軽に水中散...