いま、90年代の女の子に学びたいことがありすぎる

 

90年代の女の子は、元気だったらしい

「90年代リバイバル」っていう言葉はもうすっかりお馴染み。じゃあそれってどんな時代だったの?と聞いていくと、どうやら「女の子が元気だった時代」ということがわかりました。

本質的な元気さ、ヘルシーさって、その子のどこに表れるもの?と、日々90年代のドラマ、コマーシャル、J-POPの歌詞に浮かび上がるいろんな女の子像から探っています。今回は、この曲の歌詞から。

自分が「絶対に喜べる」方法を
自分自身が、知っている

 


プラダの靴が欲しいの


小沢健二『痛快ウキウキ通り』(1995)
作詞 作曲:小沢健二

 


プレゼントをリクエストされたこの男の子は、彼女の願いを叶えるためにマフラーを巻いて街へでます。恥ずかしがりながらも、通りを行ったり来たり。でもなんだか嬉しそう。

たしかに「欲しいもの」がはっきりしている女の子って、いいですよね。だってそれをあげれば絶対に喜んでくれるわけだし。

「物欲がない」なんて言われがちな現代のミレニアル世代だけれど、「彼女(自分)が絶対に喜んでくれる方法」、それを彼に知っておいてもらうことって大切なことかもしれません。それが必ずしも、プレゼントじゃなくても。

90年代の女の子に学びたい

90年代の女の子像から学べる、必要以上にアンサーを求めない「女の子の主体性」。それは、恋愛でも、仕事でも、友達づきあいにおいても、いまの自分たちに取り入れたいところ。

では、なぜ女の子たちは元気でいられたのか?「90年代リバイバル」が、もはやカルチャーだけの話ではなくなってきている今こそ、引き続き探ってみます。

「女の子が元気だった」時代から、いま改めて学ぶこと。
「女の子が元気だった」時代から、いま改めて学ぶこと。
いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第5弾です。
いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第6弾です。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
昨今、結婚に重きを置く若者がグンと減ってしまっているのは、アメリカでも日本でもとくに「ミレニアル世代」に関しては共通しているよう。だから「I Heart ...
「Every Vowel」の主人公に共感してしまうのは、1980年代から2000年代初頭に生まれた“ミレニアル世代”の人たち。アーティストJon Yous...
『ミレニアル世代』と実際に向き合ってみると、様々な想いや言葉を持っていたんです。それがとっても印象的なものが多い。彼らを理解できたら、もっと楽しくなるんじ...
フォトグラファーのMartin Reischさんは、どうやら大のゼルダ好き(多分)。おそらく、ただの好きを越えて取り憑かれたレベル(尊敬の意を込めて)。だ...
彼らの日常を、ちょっと覗き見。
ミニマリズムについての本を書き、講演もしているJoshua Beckerは、なぜミレニアル世代がモノを買わないのかという観点から、論理的に7つのトピックを...
彼らの日常を、ちょっと覗き見。
いろんな国のミレニアル世代の女の子たちの日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載企画「世界の女の子たち。」、今回はビーチ編です。
彼らの日常を、ちょっと覗き見。
ミレニアル世代とは、2000年代になってから成人になった人たちのこと。だいたい現在20歳から35歳くらいまでの人たちのことを言います。このミレニアル世代は...
彼らの日常を、ちょっと覗き見。
20代、30代に増えてきた転職経験者。周りを見渡せばここにもあそこにも。2000年代になってから成人になり、現在20歳から35歳くらいまでにあたるのが「ミ...