いま、90年代の女の子に学びたいことがありすぎる

 

90年代の女の子は、元気だったらしい

「90年代リバイバル」っていう言葉はもうすっかりお馴染み。じゃあそれってどんな時代だったの?と聞いていくと、どうやら「女の子が元気だった時代」ということがわかりました。

本質的な元気さ、ヘルシーさって、その子のどこに表れるもの?と、日々90年代のドラマ、コマーシャル、J-POPの歌詞に浮かび上がるいろんな女の子像から探っています。今回は、この曲の歌詞から。

自分が「絶対に喜べる」方法を
自分自身が、知っている

 


プラダの靴が欲しいの


小沢健二『痛快ウキウキ通り』(1995)
作詞 作曲:小沢健二

 


プレゼントをリクエストされたこの男の子は、彼女の願いを叶えるためにマフラーを巻いて街へでます。恥ずかしがりながらも、通りを行ったり来たり。でもなんだか嬉しそう。

たしかに「欲しいもの」がはっきりしている女の子って、いいですよね。だってそれをあげれば絶対に喜んでくれるわけだし。

「物欲がない」なんて言われがちな現代のミレニアル世代だけれど、「彼女(自分)が絶対に喜んでくれる方法」、それを彼に知っておいてもらうことって大切なことかもしれません。それが必ずしも、プレゼントじゃなくても。

90年代の女の子に学びたい

90年代の女の子像から学べる、必要以上にアンサーを求めない「女の子の主体性」。それは、恋愛でも、仕事でも、友達づきあいにおいても、いまの自分たちに取り入れたいところ。

では、なぜ女の子たちは元気でいられたのか?「90年代リバイバル」が、もはやカルチャーだけの話ではなくなってきている今こそ、引き続き探ってみます。

関連する記事

「女の子が元気だった」時代から、いま改めて学ぶこと。
「女の子が元気だった」時代から、いま改めて学ぶこと。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第5弾です。
茨城県ひたちなか市で1969年に創業した老舗コーヒー店「サザコーヒー」が開発した「レインボーミルクレープ」がオンラインでも購入可能に。甘い物好きの社長が、...
いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第6弾です。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
トヨタ自動車のラグジュアリーブランド「LEXUS」が北米市場向けたゲーマー向け車両「Gamers' IS」を発表した。ゲーム配信プラットフォーム「Twit...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...