アラサーだったら絶対共感!子供のときにものすごく流行ったもの

大人が「俺たちが子供の頃は……」と言うのを聞いて、「また昔話なんかしちゃって」と思っていた20代後半〜30代のみなさん。私たちも昔話をする側になってきました。

今の子どもたちに言っても絶対通じないけど、子供の頃ものすごく流行って、みんなが知っていたものってありますよね。90年代に子ども時代を過ごした人だったら、このリストはきっと共感の嵐のはず。

01.
白黒のゲームボーイ

© robuart/Shutterstock.com

今はカラー画面が当たり前だけど、ゲームボーイが発売されたときは革命でしたよね。誰よりも早く買ってもらった子は完全に学校のヒーロー。みんなで順番にプレイしたり、通信ケーブルを持っている子が重宝されたりしていました。

きっとこれがなかったら、今のスマホゲームもなかったかもしれません。

02.
フットバック

これは日本では馴染みが薄いかも?5cmくらいのボールを地面に落とさないようにずっとリフティングし続けて遊ぶもの。

日本で言えば、ハイパーヨーヨーでムーン・サルトの練習をしている感じですかね。ものすごく流行りました。

03.
VHS

© iStock.com/KLH49

お気に入りのテレビ番組があったら、その時間にテレビの前に待機。手動でビデオに録画したら、それを擦り切れるほど観る……という経験、きっと誰にでもあるはず。

あんまり長い時間は録画できないし、場所もとるものでした。

04.
授業中に手紙を回してた

メッセージのやりとりと言えばLINEじゃなくて手紙。かわいいメモ帳を手紙用に買うのが女子のたしなみ。渡すときのひと工夫も楽しい!いろんな折り方がありましたよね。

05.
CDに歌詞カードが
ついてなくてがっかり!

© mickyso/Shutterstock.com

今はいつでも手軽に聴ける音楽ですが、昔はお気に入りの曲が、テレビやラジオでたまたま流れるまで聴けないものでした。

ようやくお小遣いを貯めて買った最初のCDを覚えているという人も多いはず。でも、そんなCDが「歌詞カードがないタイプ」だったり、歌詞カードだけ抜き取られたりしているものだったりすると、ものすごくがっかりしたものです。

06.
たくさんの色のインクが入った
ボールペン

今思い返すと、何に使えるのかまったくわからない代物。1本のボールペンに、何色も、多いときには10色以上ものインクが入った太いボールペン、持っている人ってクラスに一人はいませんでしたか?

実際にはすごく持ちにくいし、全部の色は使わないけど、なぜだか欲しくなる不思議なペンでした。

07.
カセットにお気に入りの
セットリストを録音

© iStock.com/waymoreawesomer

自分だけのお気に入りのセットリストをカセットテープに録音して、友達や恋人、大事な人にプレゼント。

今の子どもたちには、なかなか理解してもらえなさそうなカルチャーです……。

09.
ポケモンカード

今は『ポケモンGO』で遊んだり、スマホの中でトレーディングカードを集めたりしていますが、昔はパックで買って友達とトレードしたりしました。

10.
折り紙で折った“パクパク”で
占いをした

© successo images/Shutterstock.com

その結果にどんな根拠があったのかまったくわかりませんが、折り紙で“パクパク”(どう説明したらよいかわからないのですが、“パクパク”と言えばわかりますよね!?)を折って、占いをするのが流行っていました。紙1枚で、何時間も遊べたものです。

もっと懐かしい気持ちになりたい人は
こちらの動画をどうぞ。

Top Photo by ©Vladimir Sukhachev/Shutterstock.com
「女の子が元気だった」時代から、いま改めて学ぶこと。
「自分のものは自分で買う」も、素敵だけれど。
アンダーグラウンドで、とらえどころがなくって、だけど、とってもクールなこのムーブメントに、ぼくはもう長いこと夢中になっている。
「女の子が元気だった」時代から、いま改めて学ぶこと。
「Spiritual as Fuck(めっちゃスピリチュアル)」というメッセージが書かれたヨガマットです。
友人がロンドンでルームシェア先を探していた時、とんでもない条件を突きつけられたと言う@rxdaznさん(ツイッターのアカウント名)。募集した人からのメール...
アメリカ・ミシガン州立の高校、North Farmington High Schoolでは、自分の好きなコスプレをして、学生証の写真撮影をするのが流行って...
見た目はコンパクトなコーヒーミルと同じ。使い方もほとんど同じで、茶葉を入れてハンドルを回すだけで粉末茶が完成する。
フォトグラファーのMartin Reischさんは、どうやら大のゼルダ好き(多分)。おそらく、ただの好きを越えて取り憑かれたレベル(尊敬の意を込めて)。だ...
日本からだと約9,000円で購入可能ですよ。
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
「ペーパードレス」とは、文字通り紙で作られているドレス。1960年代、アメリカのポップカルチャーから生まれ、アンディ・ウォーホルをはじめ多くのアーティスト...
日本でも、キャンプ版Airbnbと数年前から有名になっている「Hipcamp」。2015年に登場したにもかかわらず、未だに人気が衰えない理由は、デジタルデ...
ふたたび流行っているのは知っている。CDより小さくて、本体のカラバリもたくさんあって、“なんかかわいい”っていうのもわかる。取り扱っているお店が増えて、い...
MAGOこと、南馬越一義氏は名物バイヤーとして、クリエイティブディレクターとして、人気セレクトショップBEAMSを牽引してきた1人だ。90年代には、いち早...
1910年から2010年まで、それぞれ一世を風靡したフィットネスを紹介した動画が話題!時代を感じるファッションにも注目です。1910年代 この時代の人々も...
オックスフォード大学が運営をしている「Pitt Rivers Museum(ピットリバース博物館)」は、異なる文化に対する理解を深めるために、25人の難民...
「Every Vowel」の主人公に共感してしまうのは、1980年代から2000年代初頭に生まれた“ミレニアル世代”の人たち。アーティストJon Yous...
goro’sは、原宿にあるインディアン・ジュエリーショップ。80年代〜90年代、渋谷で遊んでいた奴で、ゴローさんを知らない人はいない。そして、チーマーと呼...
アメリカの複合施設『Mountain Horse Farm』では、ストレス解消を目的とした新たなアクティビティを提供しています。
わたし、まだまだコーヒーの可能性を信じています。
“Internet Aesthetics(インターネット美学)”という言葉、知ってる?
ファッションと音楽とカウンターカルチャー、そして政治へのメッセージが絡み合い、世界の若者たちがムーブメントを起こした70年代。この時代にファッションを発信...
『Conserve the Sound』は、そんな失われつつある音を集めたWEBサイト。懐かしい!と思った製品をクリックすれば、その音を聴くことができます。