かぼちゃの代わりにパイナップル!常夏ではこんなハロウィンが流行ってます。

今年もハロウィンの季節がやってきました。最近では、仮装して街を歩いたり、パーティを開いたり、日本でも親しみのある行事になってきました。秋に採れる農作物の収穫を祝い、その時期にやってくると言われる悪霊や魔物を追い払うことを考えると、「お盆」と「秋祭り」が合体したようなものなのかもしれません。みなさんはどのように楽しまれていますか?

かぼちゃじゃなくて、パイナップル!

ハロウィンの飾り付けといえば、かぼちゃをくり抜いた「ジャック・オー・ランタン」。日本を離れ、常夏の国をのぞいてみると、ちょっと変わったランタンが流行っているようです。なんと、かぼちゃの代わりにパイナップルを使ったランタン!

ハワイやフロリダなど、温かい地域のハロウィン・デコレーションとして、昨年あたりからじわじわと人気になり始めました。

かぼちゃより中身が柔らかいので、くり抜いたあとは、こんなふうに、そのまま美味しくいただけるのが嬉しいですね。秋の収穫を祝うという点から考えると、真夏が旬のパイナップルを使うのは、ちょっとルール違反な気もしますが、「常夏でハロウィン」と考えたら、かぼちゃより、パイナップルの方が、むしろ自然なのかもしれません。今年、自宅でホームパーティを考えている方は、ぜひ、パイナップルの「ジャック・オー・ランタン」に挑戦してみてはいかがでしょうか?

Reference:jamie.lomax
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
かぼちゃは、ぜひペーストにしておきましょう。小分けにして冷凍庫で保管すれば1ヶ月程度は日持ちがするので、使いたい時にさっと取り出して使えます。今回はさらに...
プロジェクター「Atmos FX」は、通報されそうなくらいリアルなゾンビやガイコツを投影してくれるんです。
スタバがコラボした限定商品ってだけで、購買意欲がそそられちゃいます。
Urban Outfittersが販売しているハロウィンコスチュームの1つには、皮肉がたっぷりと込められています。
ハロウィンイベント「Hogwarts After Dark(ホグワーツ アフター )」が映画『ハリー・ポッター』シリーズのロケ地としても使用されたオックス...
ハロウィンに使用するのは、オレンジ色をした西洋かぼちゃやペポかぼちゃ。ですが、こちらは私たちがよく知る東洋かぼちゃを使ったスイーツです。「カンボジア」が語...
10月14日、ドミノピザから期間限定で発売される「ハロウィンルーレット」が話題を集めている。このピザには、最強レベルの辛さを誇る「ブートジョロキア」のソー...
ハロウィンに向け、JA和歌山が打ち出した「柿」のピーアールがおもしろい。柿を楳図かずお氏の漫画にならって「グワシ」スタイルで持ち、「グワキ」のハッシュタグ...
寒くなればなるほど恋しくなるのが、もったり濃厚なポタージュ。これをつくろうとすれば、普通はミキサーやフードプロセッサーの登場、となるワケです。でも、ミキサ...
「Natural News」でパイナップルが咳の緩和にいい、といった内容の記事が掲載されていたので紹介します。インドで行われた調査では、パイナップルに含ま...
賞金は300ドルと、年間パスポート2枚、パーク内で利用できるチケット、そして使用した棺桶です。
ちょっと高級なスーパーに行くと、ひょうたんのような形をした黄色いかぼちゃを目にしませんか。あれは南米原産の「バターナッツかぼちゃ」。その名の通りナッツのよ...
「Conscious Exclusive(コンシャス・エクスクルーシヴ)」の新アイテムの販売が、4月11日からオンラインで開始。ジャケットやサンダルなどに...
「不味い料理」というと筆頭にあげられることが多いのが、パイナップル入りの酢豚。「なんで料理に果物が入ってるんだ」「甘くて気持ち悪い味」とか、さんざんに言わ...
突き抜けるアロマ香と瑞々しい果実味が人気のパイナップル。反面、口にしたときのチクチク感や、いがらっぽさから敬遠する人もいます。「アレさえなければ…」という...
ハロウィンを味わう暇もなかった人もいるはず。せめて…と言ってはなんですが、今夜くらいは、海外のホラー映画に出てくるような洋風廃墟の世界へ遊びに行くのはどう...
今年もハロウィンがやってくる。いつの頃からか、日本人にとってのハロウィンは仮装やコスプレをして街を練り歩くことになってしまった。もちろん、それはそれで楽し...
今年は一歩進んだ、いつもと違うハロウィンを過ごしたいという人におすすめなのが、Airbnbを通して宿泊可能な「リアルお化け屋敷」。紹介する5つの場所は、ど...
動物のレザーや石油を使う合皮ではなく、天然資源を用いた繊維の開発は、今では国際的な課題と言ってもいいほど。そんななか、スペインの「ananas anam」...