嫌われ者の「パイナップル酢豚」をアップデートする

「不味い料理」というと筆頭にあげられることが多いのが、パイナップル入りの酢豚。

「なんで料理に果物が入ってるんだ」「甘くて気持ち悪い味」とか、さんざんに言われています。でも生の新鮮なパイナップルってそんなに甘くないうえに酸味が強くて、柑橘類の味に近いですよね。柑橘をサラダなどの料理に使うのは一般的だし、鴨のオレンジソースはフレンチの定番料理ですから、パイナップル料理だってちゃんと作れば不味くはならないはず。
じゃあどうしてパイナップルの酢豚が不味いと思われてきたのか。わたしなりに不味いポイントを整理してみると、以下のような点が問題なのじゃないかと。

①そもそも缶詰のパイナップルを使っているから、甘ったるくて不味いのでは? 
②日本風の酢豚はケチャップを使ってる。ケチャップと中国料理ってそもそも組み合わせとして変。
③そしてケチャップの味付けのあんかけに、ニンジンとかピーマンとかの食感はどう考えても合わないように思う。

だとすれば、この逆張りをすれば旨いはず。つまり、生のパイナップルを使い、ケチャップを使わず、余計な具材を入れないシンプルな酢豚を作ってみればいい。
酢豚の原型は豚肉を揚げてあんをからめた「糖醋肉(タンツゥロウ)」や「古老肉(クーラゥロウ)」などの中国料理で、野菜の具材はほとんど入れないもののようです。だったら中国本場風に酢豚の調味をアップデートすれば良いのでは。

前に上海旅行をした時、現地在住の中国人のグルメな友人に、地元の美味しい店に何軒も連れていってもらったことがありました。そして驚いたのは、スパイスを巧みに使った上品な味つけの料理が多いということ。日本の中華料理のような、ケチャップを多用した甘ったるい料理にはほとんど出会いませんでした。
これらの上海料理は伝統的な中国料理というわけではなく、1980年代以降に更新された「ヌーベルシノワ」の一種なのかもしれませんが、日本でもこういう素材感のある美味しい中国料理がもっと広まるべきだと思います。まあ東京でも高級店にはあるんですが、街場の中国料理っていうと相変わらず甘ったるいのが多いんですよね。

中国料理も本気で本場風にやろうとすると、スパイス使いがたいへんなので、今回は「家めし」的にシンプルで手順を思いきって省いた方法で作ってみました。二度ほどトライして会心のできのものになったので、レシピをご紹介しましょう。

iemeshi_pinapplesubuta 

<材料>豚肉(ヒレまたはロース)・フレッシュパイナップル・にんにく・しょうが・長ネギ・かたくり粉・黒酢・オイスターソース・紹興酒・砂糖

用意するものは、まず豚肉。肉中心の料理なので、油の多いバラ肉よりは赤身のヒレ肉やロース肉の方がいいと思います。ブロックで買ってくること推奨。そして生のパイナップル。丸ごと買ってきてもいいし、少量つくるのならカットパインでも。それからにんにく、しょうが、長ネギ。そして調味料としてかたくり粉、黒酢、オイスターソース、紹興酒、砂糖(やさしい味つけにするのなら、紹興酒じゃなくて日本酒に、また砂糖をみりんに変えるなどもいいと思います)。

iemeshi_pinapplesubuta2

<作り方>
①まず下ごしらえ。生のパイナップルは、なるべく細かくカットします。サイコロ大ぐらいが食べやすいかな。ブロックの豚肉を、厚さ1センチぐらいのそぎ切りにします。あんまり薄いと食感がもの足らないし、ぶ厚すぎると火が通りにくく食べにくいので、このぐらいの厚さがいいんじゃないかな。かたくり粉をはたいておきます。

②つぎに、たれを作ります。にんにく、しょうが、長ネギをみじん切りにして、小鍋にまとめて放りこみます。パイナップルも。ここに紹興酒をひたひたになるぐらいまで注ぎ、黒酢を大さじ2杯ぐらい、砂糖大さじ1杯、オイスターソースを小さじ2杯ぐらい。まあ味見しながら分量は適当でいいです。これを弱火にかけて、5分ぐらいぐつぐつと煮ます。生のパイナップルは意外と煮崩れないんですよね。

③天ぷら油を熱して、160度ぐらいに。豚肉をかりっときつね色になるまで揚げましょう。この間に、たれに水溶き片栗粉をかけ回して、とろみをつけておきます。これでたれは完成なので、とろ火にして保温しておきます。

④豚肉が揚がったら油を切って、浅めの大鉢に盛ります。この上から、たれをこんもりとかけ回して、完成!

揚げ豚が完全にたれに没入しないように、豚の一部だけにたれがかかってるような具合にすると、肉のかりっとした食感が残ってさらに美味しく感じると思いますよ。 たれをすくう匙も添えて、テーブルに。熱々のを、かりっと!
パイナップルのさわやかな酸味と黒酢のこってりした酢っぱさ、それに揚げた豚肉の旨さがからみあって、かなり絶品になりました。

 

今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
突き抜けるアロマ香と瑞々しい果実味が人気のパイナップル。反面、口にしたときのチクチク感や、いがらっぽさから敬遠する人もいます。「アレさえなければ…」という...
持ち運び専用の剃刀「Sphynx」は、手の平ほどのコンパクトサイズで、ショルダーバッグにも入ります。ムダ毛処理をしたはずなのに、デート前や旅行中に剃り残し...
「SON OF THE CHEESE」「BY ME STAND」「Sober」など数々の注目のファッション&スポットをプロデュースする東京カルチャーの体現...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
「Natural News」でパイナップルが咳の緩和にいい、といった内容の記事が掲載されていたので紹介します。インドで行われた調査では、パイナップルに含ま...
もし日本に暮らす私たちが、ラグジュアリーホテルを楽しむとしたら──。その舞台としてポピュラーなのは、いつだって東南アジアだった。だからこそ、この「Tabl...
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
グリーンカレーにガパオにトムヤムクン、日本でもおなじみのタイ料理ですが、これらと同じくらい現地の人々が日常的に口にしているのが「カオオップサパロット」。な...
今年もハロウィンの季節がやってきました。最近では、仮装して街を歩いたり、パーティを開いたり、日本でも親しみのある行事になってきました。秋に採れる農作物の収...
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
パッチリ二重でバチバチまつ毛だったら、購入まで至っていなかったはずです。だって、ただカワイイだけだとすぐに飽きてしまうでしょう?
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
「Shanghaiist」の記事によれば、中国の上海で「高齢の両親を訪問しないと、クレジットカードのスコアに傷がつく」という、仰天法案が2016年5月1日...
動物のレザーや石油を使う合皮ではなく、天然資源を用いた繊維の開発は、今では国際的な課題と言ってもいいほど。そんななか、スペインの「ananas anam」...
様々なカルチャーを紹介している「Mamahuhu」による動画では、中国のキャッシュレス社会がありのままに映されている。そこにはカードを使っている様子などな...
山のような家具を積んだ荷車を引く人々。現実の風景ではなく、フランスのフォトグラファーAlain Delormeさんによるシリーズ作品です。伝えたかったのは...
中国の都市部では自転車のシェアリングがみるみる広がっています。今夏、日本国内でも札幌でローンチされ話題となった『Mobike』のオレンジ自転車をはじめとし...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
毎年、2月の春節(旧正月)が近づくと中国国内では、出稼ぎ労働者の帰省ラッシュが話題になる。どこの国にも帰省ラッシュは存在するだろうが、中国のその規模はハン...