上海で現代的にチューニングされた「公衆電話ボックス」

ひと昔前に比べて、めっきり見なくなった公衆電話ボックス。それもそのはず、今や電話をかけるだけならスマホで充分です。

でも、これまでとは姿形を変えて上海に登場したソレが、革新的で時代性に富んでいると注目を浴びています。

それが、「Orange Phone Booths」。

公衆電話ボックスというだけあり電話は設置されていますが、それ以外での利用がメインです。

マガジンラック、コーヒーテーブル、読書灯、さらにはスマホ充電用の差し込み口もあり、これまでと違い滞在できる……というか、してもいいと思わせてくれる空間。無料Wi-Fiも完備されているので、外国人観光客にとっても便利でしょう。

手がけたのは地元の建築事務所と、よりよい公共空間づくりに努める中国の自動車メーカー。今回のプロジェクトは、公衆電話ボックスを住民にとって利便性の高いものに生まれ変わらせることが目的でした。

時の流れとともに消えゆくモノとされてきたかもしれませんが、安易に「使えない」、「いらない」とするのではなく、現代とのチューニングが必要なだけなのかも。このプロジェクトに、そんなことを考えさせられます。

©2019 100architects
©2019 100architects
©2019 100architects
Reference: 100architects
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

上海の住宅街に建つ幼稚園「∞kindergarten」は、その名の通り、上空から見ると「∞」の形。「∞」の内側にも外側にもグラウンドがあり、スペースを有効...
上海で人気の茶館「听云台茗茶空间」。店内ではスモークが焚かれたりして独特な雰囲気。入り口は黒い扉が設けられているのみで、外から見ると民家のよう。
今回は新宿にある「上海小吃」。ゲテモノが有名らしいけど、新宿の隠れた名店にある「揚げパン」が絶品の中華料理に行ってきたで!SNSで人気のお店って実際はどー...
上海・上生新所に、中国出店2号店となる「蔦屋書店」が誕生。1924年に建造された洋館をリノベーションした堂々たる面構えが魅力的だ。
「ジョニーウォーカー」の最高峰ブルーラベルから、200周年の数量限定ボトル「ジョニーウォーカー ブルーラベル レジェンダリー エイト」が発売された。
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
2014年に、シアトルにオープンした、店内に焙煎施設がある「スターバックス リザーブ ロースタリー」。先日、第2号となるお店が、12月5日、上海にオープン...

人気の記事

毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
間もなく旬を迎えるアスパラガス。フレッシュなままもいいけれど、もっとおいしい食べ方があるんです。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...