砂糖の過剰摂取を「聴く」ことで軽減させるタンブラー

にわかに信じがたい話ですが、これが本当に甘く感じるからフシギ。あるサウンドを聴きながら飲みものを口にするだけ。とにかく百聞は一見にしかず、まずは手元に飲みもののご用意を!

それでは、手順から説明します。

用意した飲みものをひと口飲んで、どんな味だったかを覚えておいてください。次にこちらのサイトへ飛んで▶︎(PLAY)をポチ。音楽を聴きながら、もう一度飲みものを口にします。どうです、じんわり甘さを感じますか?

いつもより「甘い」と感じられ、これで砂糖の摂取量を抑えることができればカラダにもいい。この「音の甘味料(Sonic Sweetener)」と呼ばれるサウンドは、砂糖の過剰摂取に対する注意喚起を促すプロジェクトの一環としてつくられたもの。まずは、その背景から紹介していきましょう。

科学に基づく
甘みに意識を集中させる音

世界的に増加傾向にある糖尿病や肥満への対策として、WHO(世界保健機関)が、砂糖を多量に含む飲みものに対する課税を強化していくよう加盟国に呼びかけた、という昨秋のニュースは記憶に新しいところ。

急速な経済成長にともない、中国では肥満問題が深刻化しているそうです。件の砂糖過剰摂取もその一因。こうした認知不足に対し、上海のカフェ&クリエイターズスペースXINCAFEと、オックスフォード大学が共同で開発(作曲)したのが、このサウンド。

 なんでも、人間は“特定のサウンド”を耳にしたとき、自然に「甘み」など味覚と関連づけるそうで、その音を聞きながら食べものや、飲みものに含まれた「甘み」に意識を向けることで、甘さを感じ取ることができるというロジック。

特定のサウンドとは、高周波(高音域)や、スローなテンポ、オープンコードなどが挙げられるそう。つまりは、こうしたサウンドが「甘み」に注意を向けさせているというわけ。

63%が回答
「聴く前よりも甘く感じた」

こちらはその音楽データを内蔵した、聴きながら飲めるタンブラー。底部のジャックにイヤホンを差し込んで耳にはめながらタンブラーを傾けると、センサーが反応してLEDがやさしく点灯します。あのサウンドが響きわたるなかで飲むコーヒーや紅茶の甘さは、さあどんなもの?

話題を聞きつけXINCAFEには多くの利用客が訪れ、味覚のフシギを体験しました。プロジェクトのオーガナイザー北京電通によれば、Sonic Sweetenerを試してみた人のおよそ63%が「聴く前よりも甘いと感じた」と回答。さらに68%は、砂糖の過剰摂取に対する意識が向上したと答えたそうです。

現在「音の甘味料」は、XINCAFEWEBサイトで実際に試聴することができるほか、以下の動画でも体験できますよ。

さあ、目を閉じて音に集中して。

Licensed material used with permission by XIAOBAI
上海で人気の茶館「听云台茗茶空间」。店内ではスモークが焚かれたりして独特な雰囲気。入り口は黒い扉が設けられているのみで、外から見ると民家のよう。
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
これまでとは姿形を変えて、革新的で時代性に富んでいると注目を浴びているのが、上海の公衆電話ボックス「Orange Phone Booths」。スマホ充電用...
上海の住宅街に建つ幼稚園「∞kindergarten」は、その名の通り、上空から見ると「∞」の形。「∞」の内側にも外側にもグラウンドがあり、スペースを有効...
運動がなかなか続かない?そんな人にこそコレ!自宅で1日3分で出来る「二の腕痩せトレーニング」をご紹介。先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSN...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
アメリカとカナダのスタバで販売されている、色が変わるタンブラー。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。味覚とは、人が味を感ずる身体的な感覚のこと。でも、実はこ...
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
先日、中国の研究者がパンダの顔を認識できる技術を開発したと報じられました。今後はアプリ開発も行われ、動物園の入園者にも利用してもらう予定。
先月28日(土)より、「アップリンク」が運営するオンライン映画館「アップリンク・クラウド」にて緊急企画がスタート。
今回は新宿にある「上海小吃」。ゲテモノが有名らしいけど、新宿の隠れた名店にある「揚げパン」が絶品の中華料理に行ってきたで!SNSで人気のお店って実際はどー...
「Shanghaiist」の記事によれば、中国の上海で「高齢の両親を訪問しないと、クレジットカードのスコアに傷がつく」という、仰天法案が2016年5月1日...
もし日本に暮らす私たちが、ラグジュアリーホテルを楽しむとしたら──。その舞台としてポピュラーなのは、いつだって東南アジアだった。だからこそ、この「Tabl...
3月15日、RADWIMPSは新曲『Light the Light』を発表し話題となっている。世界的に広がりをみせるコロナウイルスの影響で苦しみ、不安を抱...
2014年に、シアトルにオープンした、店内に焙煎施設がある「スターバックス リザーブ ロースタリー」。先日、第2号となるお店が、12月5日、上海にオープン...
アメリカのニューヨーク歴史協会から始まった、Twitter上で花束を贈り合う「#MuseumBouquet」の紹介。
気仙沼港は、メカジキの水揚げ量が日本一。国内有数の豊かな水産資源を活かすべく、地元のオリジナルブランド「OIKAWA DENIM」が開発したのが「メカジキ...
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
様々なカルチャーを紹介している「Mamahuhu」による動画では、中国のキャッシュレス社会がありのままに映されている。そこにはカードを使っている様子などな...
一概にこれが真実って話ではありませんが、アメリカでこんな研究結果が発表され話題となっています。曰く「人間には、パスタやパン、ジャガイモ、米などに含まれる炭...
人間は、1日に平均でスプーン40杯もの砂糖を摂取すると言われています。世の中にはヘルシーな食品があふれているのに、これはおかしい。そこで、監督デイモ...