もし「記憶を消してくれる薬」があったら、あなたは飲みますか?

よく、物語のテーマになる「記憶」。ドラマや映画での記憶喪失や記憶が保てない病、宇宙人やあやしい組織にさらわれての記憶操作などなど。

コロンビア大学の研究によると、選んだ記憶を、その部分だけキレイに「消せる」時代がほんとうに来るかもしれないそう。ということは、さっき述べたようなフィクションみたいなことが、現実になる日も近い?

思い出すのではなく
本当は「作りなおしている」

そもそも、記憶ってなんだろう。イメージするのは頭の中に引き出しやファイルがあって、その中に記憶をしまっておく。記憶はつねに意識の底に眠っていて、「思い出す」ことは、それを「取りだす」ことっていうのが、一般的なイメージだと思う。

でも、どうやらこれは違うらしい思い出すとき、その記憶はいちいち「つくりなおされて」いるんだって。この「記憶のレシピ」とでもいえそうな回路を元に、その都度作り直すから、思い出すたび少しずつ記憶が変わるんだとか。ってことは、一度体験したことでも、もう二度とそのままは思い出せないってことだ。

それに、思い出せば思い出すほど、その正確さも失われていくそう。お気に入りの記憶ほどじつは元とは全然違うのかもしれない。

近年、記憶の研究はとても盛んに行われているようで、なかには「悪い記憶を消して、いい記憶を強化する」という研究や、「記憶を可視化・消去する」なんて開発も進んでいるそう。技術の目覚ましい進歩に感服する一方で、なんだか現実と人の脳内が、どんどんかけ離れていくようにも感じられる。

だって、記憶って、その人をかたちづくる大事なものなんじゃないのか?

それが薬だけで簡単に消せていいのかについては疑問も残る。確かにPTSDの人などにとっては、トラウマの記憶をキレイに消せるのは有意義だけど、誰かに会った時に「その記憶は消したから、もう二度と思い出せないんだ」と言われたり、人に薬を打つことでまずいことを完全に忘れさせることができるようになったりするかも、なんて、まるで人間を「編集」できてしまうようでもある。

一体何が「本当」なの?

今の時代、写真や映像の加工・修正技術を前に「こんなんじゃ何が本当か、わかったもんじゃない」という声もよく聞くけれど、記憶にもこんな加工をするとしたら?「思い出は消えない」なんてよく言われるけど、もはやそれも過去の話になりつつあるのかも。

Asap SCIENCE」によると、記憶操作の薬はまだ研究の初期の初期、という段階なので、その実用化についてはいまだ解決されていない様々な疑問があるんだとか。この動画の最後は、こう締めくくられている。

「もしも『記憶を消してくれる薬』があったら、あなたは躊躇なく飲みますか?」

「てっとり早く頭が良くなる方法はないかなぁ」なんて考えるのはバチあたりのように思えるかもしれません。が、北米放射線医学学会の研究で、色素の一種である「メチ...
今日、世界的に危惧されている食糧危機。万が一、明日直面することになったら、あなたはこんな料理を食べられますか?
大事なことを記憶しておきたいのに、どうしても頭に入ってこない時はありませんか?そんな時、繰り返し地道に暗記するよりもオススメしたい方法があるのです。Jef...
人はなぜ、間違えて記憶してしまうことがあるのでしょうか。例えば、デートの時に相手がかぶっていた帽子の色が思い出せなかったり、交通事故の証言が人それぞれ食い...
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
全28種類!L.A.スタイルのパイ専門店※撮影した期間限定の六本木店は閉店しました。Pie Holic〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1丁目3番...
大人になってからいざ勉強を始めてみると、学生時代に比べて自分の記憶力が落ちていることに愕然とすることがあります。資格試験の勉強などで苦しんだ記憶がある人も...
傷を負ったときに、ウイルスの侵入を防ぐために使われる「絆創膏」。これまでは、傷が治るのを助けるためのサポート役でした。米ネブラスカ大学リンカーン校の研究者...
未来では、性別で人を区別することなく、すべての人をありのまま受け入れる世界が広がっている。そう強く訴えるのは「Wildfang」が制作した動画。今、未来、...
AppleのARkitに対応した「TweetReality」では、現実世界に合計25枚のツイートを表示することができます。イメージは、SF映画に出てくるよ...
イギリス・バーミンガムで起きた出来事を中心に報道しているメディア「Birmingham Live」。彼らの記事によれば、バーミンガム大学のあるクラスで受講...
ショートフィルム『未来の自分』が教えてくれるのは、“未来の自分は今の自分でできている”ってこと。
「En L'An 2000」は1899年の作品。もともとは様々なアーティストの手によってタバコの箱に描かれた絵だった。日本で言えば明治時代の始め。1900...
人口が増え続ける世界では、いずれ食糧危機が訪れることは免れません。しかし、省スペース、省エネ、オートマチックでたくさんの野菜が収穫できるこんな家庭菜園があ...
デザイナーMagnus Maarbjergさんが、2050年あたりの未来を予想している。少しばかり悲観的なイメージを受けるが、日本に暮らしている人は他人事...
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
ヨガをやることは、私たちが一般的に知っている以上の効果があったのだと実感させてくれる「Elite Daily」の記事を紹介します。記憶力の向上や自尊心を高...
お酒を飲む人にとっては、飲み過ぎて記憶をなくした経験は誰もが一度は持っているかもしれない・・・。人間関係を潤滑にしたり、ストレスを発散したり、適量を飲んで...
ノースカロライナ州立大とノースカロライナ大学チャペルヒル校の研究者が新しい「貼り薬」を開発した。絆創膏のようなゴム製のパッチに薬品が含まれており、肌に貼る...
コロコロ変わる4月の天気にやられてか、私は風邪をひいた。日本から最低限の薬は持ってきていたが、冬の乾燥で何度か風邪をひき、もうストックもない。そんなわけで...
「Robomart, Inc.」が新たに始めるサービスでは、あなたの指定したところに食材などをのせた車を呼んで、買い物ができるようです。これにより、今まで...
バーチャルリアリティ(VR)も、さまざまなところで体験できる様になりました。実際にヘッドセットを装着してみた人も多いでしょう。そんなVRの研究は、次のステ...
日進月歩で進化を遂げる「人工知能技術」。それはAIロボットの可能性から、私たちの生活用品にいたるまで、ますます身近な存在になってきています。ここでは「人工...
記憶と五感を結びつけると、最初になくなるのは「聴覚に残された記憶」からだってよく言われている。そして、一番記憶に残りやすいのは「匂い」。今日みんなに聞いて...