オートメーション化の追求が描く未来予想図

ロボットたちが人類に歯向い、世界を征服する…なんてSF映画でよく観かけるストーリー。近年は自動化によって多くの仕事が奪われる、なんて未来予測も。本当にフィクションのままでいられるんでしょうか。

「オートメーション化」の侵略
72%の人が不安を抱えている

アメリカの意見や傾向に関する調査を行うシンクタンク「ピュー研究所」。のべ4,135人の成人を対象に実施した世論調査によると、オートメーション化の恩恵で、社会が便利になっていくにつれ、雇用が機械に奪われてしまうんじゃないかとの懸念が約72%に達したことを報じています。

また、およそ76%が自動化で多くの仕事を機械に乗っ取られた際、所得格差はさらに広がるという予不安を抱えているとの答え。けれど、同時に75%の人たちが自動運転車の進化によって、お年寄りやハンディキャッパーたちの生活が便利になったり、交通事故が減少するとの期待も。

自分にとって代わることへの不安や懸念点を抱えながらも、大多数の人たちが、危険な作業はロボット化するべきという意見には同意しているというのも理解できます。頼りにしたい、という声もやっぱりね。

いつかヤツらに乗っ取られる
その危機感、本当にある?

いつか近い将来、必ずやオートメーション化に乗っ取られたとしても、いったいどのくらいの人が自分の仕事が自動化されることへの不安を抱いているのでしょう。なんでも30%近い人たちしか、そこに危機を感じていないようですから。

切実なのは運送業や小売業、サービス業など。ドローンによる配送システムの確率や自動運転化は、流通業にとって革新的な変化をもたらそうとしているし、ロボットのバリスタがいるカフェや、ファストフード店の無人化などが、テック系というよりはライフスタイルに根付いたメディアからも紹介される現実。

数字としては少ないかもしれませんが、すでに2%の人たちが、オートメーション化の影響を受けて、「仕事がなくなった」と嘆いていたり、そうでなくても減給になったりという報告も。これ、近い将来もっと増えていくんじゃないでしょうか。

AIの発展も、自動化も、いつのまにか日常に浸透してしまっただけに、身近な生活への影響を実感しづらい部分もあります。もしかしたら、こういうところからすでに機械による侵略が始まっていたりして。

利便性にただ飛びつくより、オートメーション化とうまく共存できる未来を描くことに打開策があるんだろうけど…。時すでに遅し?

 

数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
最近よく問題視されているのが、自動化やAIにより、失われて行く職業だが、逆に、新たにできる職業はどういうものなのだろうと考えたことありませんか?今はないけ...
生活や仕事に欠かせなくなってきた「機械」と、その「自動化」。私たちの過酷な労働力を少しでも軽減させ、効率の良い仕事ができるようにと、様々な機械が発明され、...
1月3日、セグウェイは配達ロボット「Loomo Delivery」を発表しました。事故や盗難を恐れてのことでしょうが、まずはオフィス内やショッピングモール...
香川照之氏が新たにプロデュースする「草花と昆虫のエシカルブランド Insect Garden」は、再生ペットボトル100%素材などのエコ素材を使用。ブラ...
身の品質を示すあらゆるデータが詰まったマグロの尾の断面。大量の断面画像データと熟練の目利き職人による品質判定データのディープラーニングにより、職人と90%...
11月19日から東京・六本木の「森美術館」で近未来の人間像を考察するための展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命——人は明日どう生きるか」が開催。
イギリスは、新たな政策としてAIによって代替される仕事に就く労働者向けの研修制度を始める。
2018年から嗜好用マリファナも解禁されたカリフォルニア。州政府は年間約1000億円の税収が生まれるだろうと予測していたわけですが、合法化から1年経って蓋...
アーティストBen Snellさんのサポートによって、AIがオブジェを考案しました。
男性とばかり付き合ってカラダを重ねていてた。でも、「気持ちいい」と思ったことは一度もなかった。
カリフォルニアの新興企業Advanced Farm Technologiesが、750万ドルの資金調達に成功。彼らは、アメリカ最大のイチゴ生産地で活躍する...
デザイナーMagnus Maarbjergさんが、2050年あたりの未来を予想している。少しばかり悲観的なイメージを受けるが、日本に暮らしている人は他人事...
カリフォルニアを拠点とする企業「Embodied, Inc.」から、子どものための教育ロボット「Moxie(モキシー)」が今秋発売される。Moxieは遊び...
カリフォルニアで2店舗を展開する「Eatsa」は、人の代わりにテクノロジーを導入して、注文と受け取りをすべて自動化したファストフード店です。
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
さすが無印良品!な画期的な新サービスを5つ紹介。
中国のスマートフォンメーカー「Vivo」が発表した新しいスマートフォンは、本体の上部からウィーンってカメラが出てきて、そのままポコって外せるらしい。
バレンシアガの洋服のデータを取り込んだAIが、それらの要素分解をして、いくつかの特徴を捉えて新しい洋服を再構成しました。
日本でブロックチェーンと言えば、仮想通貨を支える技術というイメージ。けれども、ガーナでは社会問題を解決するテクノロジーとして期待が高まっているようなんです。
ロボットアーティスト「Ai-Da」は、ちゃんと体が存在するヒューマノイドロボット。目に当たる部分に仕込まれたカメラが対象物を捉え、それを描くことが可能。目...
アメリカの自動車メーカーのフォードが宅配ロボット「Digit(ディジット)」を開発しました。このロボット、玄関先まで荷物を運んでくれる優れモノです。
新しく誕生予定のロボットバーテンダーの名は「GUIDO」。イタリア語で「私は運転する」という意味で、自動運転ができるようになるんだそう。アプリで予約をし、...
2019年5月16日から8月26日までロンドンで開催されるエキシビション「AI: More Than Human」。内容は、AI(人工知能)と人類の関係性...