機械による「静かな侵略」は、すでに始まっている。

生活や仕事に欠かせなくなってきた「機械」と、その「自動化」。

私たちの過酷な労働力を少しでも軽減させ、効率の良い仕事ができるようにと、様々な機械が発明され、共存してきました。それらがさらに新しい仕事を生み、生産性をあげ、人々の生活水準を上げてきてくれたと言ってもいいでしょう。

では、昔の「自動化」の発展と、今の「自動化」の発展はどう違うのか?

その歴史を紐解きながら、私たちの生きる現代、そして近い将来を予想した「Kurzgesagt」の動画を見ていきましょう。

まずは、
簡単に振り返ってみよう。

私たち人類はその長い歴史の中で、労働や仕事の変貌と共に、進化してきました。

肉体労働の農業から始まり、産業革命による機械化された生産。

そしてサービス業に発展し、今は情報化の時代へとなりました。

このように、技術の進化における「機械の自動化」によって、新たな働き口や働き方が見出され、人々の生活も豊かになっていったのです。

では、今の技術革新はどうなのか?

確かに情報化の進歩は、私たちの生活に革新的な利便性を見出してくれました。ですが、昔の革新のように新たな働き口や働き方ができたかと言えば、むしろ奪っているのではないでしょうか。

仕事の数が反比例していく。

たとえば2004年の「ブロックバスター社」は、84,000人の社員がいて約60億ドルの利益を得ましたが、2016年の「Netflix社」は、4,500人の社員で90億ドルの利益を得ています。

つまり自動化の進歩により、社員数が少なくても利益を得られるビジネスモデルが増え、人口が増えているにも関わらず、仕事の数が反比例して減少していると言えます。

この状況が加速すると、当然「無職の人」が増えてしまうことが予測されます。

たとえばアメリカでのデータによると、生産性が40%も上がり、1,000以上もの新事業が増え、4,000万人も人口が増えているにも関わらず、労働時間は1998年から変わっていない、ということも判明。

またこれらは、世界で起こっている一例でしかありません。

これは、人類が掘った
「墓穴」なのか?

すでに、機械による静かな侵略は始まっていると言えます。工場などのライン生産が「自動化」になったのも、そのひとつです。

ですが、機械による「自動化」だけでは、複雑で専門性の高いクリエイティブな作業はできません。でも、それは今の段階での話。学習アルゴリズムがパターンやタスクを学び、また新たなアルゴリズムが作られるように、進化は止まらないでしょう。

…ということは、私たちが機械に仕事を教えていること自体、ある意味で墓穴を掘っている、とも言えるのかも?

どんな未来が予想されるの?

これから予想されるのは、大きな格差問題が起きるかもしれない、ということ。

たとえば私たちの経済は、「消費」によってさまざまな影響が出ますが、もし多くの人が仕事に就けなくなると、「消費」自体が、ごく一部のお金持ちにしか流れなくなります。

またさらにごく一部の、機械を操るスーパー富裕層」によって支配されることだってありえるかもしれません。

一方で、情報化社会と自動化が社会に変革をもたらし、「貧困を無くすことに繋がる」という可能性もあります。

要するに、この危機は一時的なもので、本来は将来性のあることなのかもしれない、という意見も。

それは今後私たちにとって、「機械と情報と、どのように共存していけるのか」という課題も残しているのです。

この問題は学問の垣根を超え、様々な専門家や研究者たちが議論しています。たとえば、MITの教授で経済学者のDavid Autor氏も2016年に「自動化で人間の仕事はなくなるのか?」というテーマで、TEDトークも発表しています。

Will Robots Take My Job?」というサーチサイトで自分の業種を入力すると、近い将来、どのくらいの確率で機械がその仕事を奪うのか、そしてどれほどの人々が職を失うのか、といったデータも参照できますよ。

Licensed material used with permission by Kurzgesagt
アメリカのシンクタンクの意識調査によると、約7割以上の人たちが進む「自動化」によって働き口が減ると危惧しているようですが、実際自分の職種・職業・業界に影響...
ただの照明器具?それとも、便利な機械?たぶん、もっと新しい、友だちのような存在。
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
最近よく問題視されているのが、自動化やAIにより、失われて行く職業だが、逆に、新たにできる職業はどういうものなのだろうと考えたことありませんか?今はないけ...
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
すでに世界各地で活躍しているバーテンダーロボット「Makr Shakr」は、世界最高のカクテルを提供してくれる。話し相手にはなってくれないが、多少のわがま...
単純作業労働の現場をはじめ、知的労働分野でも、ロボットに人間の仕事が奪われるという自体が起こっています。私たちの暮らしを快適なものにする一方で、見たくない...
単調な仕事、のしかかる負担、過重労働。そして、その先に待ち受けていることとは…。映像クリエーターMichael Marczewski氏が監督した、3分ほど...
学生やビジネスマンがより効率的に時間を使えるように、という想いが込められて、開発された「Starship」。すでに20ヶ国100都市以上でトライアル走行を...
気象観測機器「Storm Cloud Weather Predictor」。雲の形をした容器の中にある結晶が天気によって変化するので、朝起きてカーテンを開...
世界有数の美術大学ロイヤル・カレッジ・オブ・アートで学んでいたJuan Fontaniveは、「動きだけではなく、音が生きる」機械じかけのパラパラ絵本を発...
ハーブやトマトは比較的簡単に育てられるけど、いろいろな野菜を自家栽培しようと思ったらたいへん…。ところがどっこい。家庭菜園は自動化できるのだ!ひみつ道具み...
トイレ掃除専用ロボット「SpinX」は全自動トイレ掃除ロボット。便器内だけでなく便座部分の洗浄と乾燥も行う。しかも既存のトイレに簡単に取り付けつことができ...
取り込んだ洗濯物をすぐにたたまず、バサッと床に置いておくだけでは、せっかくキレイに洗った衣類にまた汚れやシワが付いてしまう。かといってキレイにたたむには、...
全28種類!L.A.スタイルのパイ専門店※撮影した期間限定の六本木店は閉店しました。Pie Holic〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1丁目3番...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
2016年2月29日(月)、神奈川県藤沢市で「ロボットタクシー」の実証実験が開始されました。アプリで呼び出せば自動運転で迎えにきてくれ、そのまま買い物に。...
一見すればグチャグチャな線。だけど、不思議とスッキリ見えるオードリー・ヘプバーンの肖像画。複雑な“一筆書き”にも関わらず、邪魔なラインが一切ありません。
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
実用化が進む自動運転は、自家用車に限った話ではありません。すでに欧州では専用レーンを自走するバスが人々の足となり、東京でも2020年五輪開催に合わせたテス...
いまから3年前、東京でとあるアーティストが作品製作をはじめました。名は「Mr.HEAD」。清掃業から芸術の道へと転身した芸術家です。
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」