バネや定規で感動を生み出す機械

『Koka's Beat Machine No. 1』
ノルウェー在住の現代音楽家・Koka Nikoladzeさん作

手で歯車を回して演奏するビートマシーン。
メロディやリズムパターンの組み替えもマニュアルです。

※ビートが始まるのは、1分12秒から。

Licensed material used with permission by Koka Nikoladze
メロディやリズムパターンの組み替えをマニュアルで行えるビートマシーンの2号機です。1号機と比べると少し電気的になりましたが、音は完全にアコースティック。
とてつもなく小さな物音も魅力的。世界の魅力的な機械を紹介します。
機能が限られている楽器には可能性が詰まっている。世界の魅力的な機械を紹介します。
世界にはワクワクさせられるメカがたくさんある!キラキラと目が輝くような魅力のある機械を紹介します。
ポテトサラダの具を何にしようかは考えるでしょうが、「何を隠すか?」と考えたことはないはず。
7月31日にイングランドサッカー協会が、2018-19シーズンから監督にもイエローカードとレッドカードを提示すると発表しました。
まさかバネ工場の機械音がかっこいい音楽になるとは思わなんだなー! っと驚かされたプロジェクトが「INDUSTRIAL JP」。日本の町工場をレーベル化する...
LA発の「BEAT DRUM DIET」は、ドラマーになった気分で音楽に合わせてビートを刻むことで、体を引き締められるという新しいエクササイズ。7月7日(...
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
音楽史に燦然と輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくるこの連載。今回ピックアップしたのは、言わずと知れた“レゲエの神様”=...
愛知県犬山市(いぬやまし)は、日本最古の城「犬山城」がそびえ立ち、雰囲気のいい城下町が今も元気だ。そこに、かつてはタカラヤという名の家具屋さんだった、5階...
生活や仕事に欠かせなくなってきた「機械」と、その「自動化」。私たちの過酷な労働力を少しでも軽減させ、効率の良い仕事ができるようにと、様々な機械が発明され、...
2019年3月にオープン予定の「Under」は、ヨーロッパ初の海中レストラン。水深は約5mで、海洋の変わりやすい気象にも耐えられるように、厚さ1mのコンク...
「雄大な自然を目の前にすると、自分の悩みがちっぽけに感じる」なんて常套句があります。とはいえ、正直に告白すると、そんな経験は今までにありません。もしかした...
テイラー・スウィフト、ケイティ・ペリー、ジャスティン・ビーバー、バックストリート・ボーイズ、ボン・ジョヴィ…。誰もが一度はその楽曲を聞いたことのある有名ア...
あのマイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠が、日本にやってくる。
疑問と困惑が入り混じる作品の中には、アーティストRune Guneriussenさんの芸術に込められている、心の“灯火”がある。人間の文化と地球の資源は共...
シンガポールでβテストが行われているシェアリングキックスケーター「Scootbee」の紹介です。
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝...
SQUEEZE MUSICは、再生中の音楽が放つムードをリアルタイムに分析して、曲の構成や展開によって味がブレンドされるといったユニークなプロダクト。曲の...
独断と偏見でピックアップしました。
2018年5月22日からノルウェー・エアシャトルのウェブサイトでは、気温を条件に目的地が選べるようになりました。
音楽の大きな愉しみの1つは、誰かと一緒に奏でること。一度でも楽器を持って、誰かとスタジオに入ったことがあるなら分かるはずだ。ジャムセッションをした経験があ...