とてつもなく「小さな物音」を集めた現代音楽家

『The Beat Machine No. 4』

ノルウェー在住の現代音楽家・Koka Nikoladzeさん作

小さな物音も魅力的だとKokaさん。電圧計の針が様々なモノに当たる音をマイクで拾って大きくしている。

ペンのなかにあるバネ、トースターのなかにあるスチールワイヤー、痛み止めのカプセル、捨ててあったストローなど、どれも落ちていたものを適当に見繕った部品でできている。

彼は、オスロにあるメーカースペース、Bitrafで制作をする現代音楽家。そのほかの作品もチェックしてみてね。

Licensed material used with permission by Koka Nikoladze
他の記事を見る
手で歯車を回して演奏するビートマシーン。メロディやリズムパターンの組み替えもマニュアルです。
モーターとネジで作った楽器がこんなにかっこいいだなんて!
メロディやリズムパターンの組み替えをマニュアルで行えるビートマシーンの2号機です。1号機と比べると少し電気的になりましたが、音は完全にアコースティック。
機能が限られている楽器には可能性が詰まっている。世界の魅力的な機械を紹介します。
2月9日、ランジェリーブランド「RAVIJOUR(ラヴィジュール)」と渋谷・円山町のクラブ「WOMB」がタッグを組み、バレンタインイベントを開催。そこでス...
マスタードイエローの看板が目印渋谷をもっと楽しめるホテルMUSTARD HOTEL〒150-0011 東京都渋谷区東1-29-3 SHIBUYA BRID...
マイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠。顔面パンチできるくらい親密だったとか。
あのマイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠が、日本にやってくる。
三大鬼才音楽家のうち来日したことがないのはギンガだけ。セルジオ・メンデスに楽曲を提供していた作曲家でギター演奏も超絶技巧。モニカ・サウマーゾとの共演も!
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
だけど今、ウユニ塩湖への思いが再熱している。
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
「サイマティクス(Cymatics)」という学問をもとにつくられたそう。
複雑怪奇「ピタゴラスな楽器」を自作した音楽家を紹介!
『Context=文脈』をテーマにした、音楽と本のイベント。素敵な音を奏でるアーティストのライブと、彼ら自身が推薦する本を“音楽家の本棚”に並べて展開しま...
5月11日(土)、12日(日)の2日間、静岡県の富士山こどもの国にて、これまでテレビを通して、音楽、映画、スポーツの感動を伝えてきたWOWOWによる初のキ...
真冬とチョコレートのかけ算はズルさがある。たとえ、オーナーが有名バリスタで、本格派コーヒーを出す店『COFFEEHOUSE NISHIYA』でも、ホットチ...
クラシック音楽に精通していなくても、聴き覚えのあるフレーズはありますよね?たとえば、ベートーヴェンの「ジャジャジャジャーン♪」なんて、文字だけでもどんな楽...
ぶっちゃけ去年は大赤字!だけど、満足度の高さは伝説的。今年はどうなる!?
冷蔵庫を開けると、音楽が流れてくる...!?
LA発の「BEAT DRUM DIET」は、ドラマーになった気分で音楽に合わせてビートを刻むことで、体を引き締められるという新しいエクササイズ。7月7日(...
ジャマイカ発祥の「レゲエ音楽」が登録されました。ユネスコは、ボブ・マーリーやジミー・クリフに代表されるピースフルな音楽が、多くのアーティストにインスピレー...
コンポーザーやアレンジャーとして活動していますが、最近はサウンドファシリテーターという仕事が増えてきました。どんな仕事? って感じですよね。具体的には通常...
音楽史に燦然と輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくるこの連載。今回ピックアップしたのは、言わずと知れた“レゲエの神様”=...