踏んで歩いて発電する、究極の「エコロード」が世界の街に

ミュージカルシアターが集まるロンドン、ウエストエンド地区。商業施設が林立する一角に、小鳥のさえずりがこだまする小径が誕生しました。

ここは都心の真ん中。それでも目を閉じれば、まぶたの裏に「森」が広がる。この鳴き声、あることを象徴しているようですよ。

「歩く力」を発電に変える
スマートストリート

「エコロード」「エコロード」

「床発電システムPavegen(ペーブジェン)」を開発した英ベンチャー企業による、粋なプロジェクト。通称「Bird Street」。その技術は、約10平方メートルの黒いタイルに生かされているそうです。

なんでも、三角形のタイルが踏まれて起こる運動エネルギーを電力に変える設計だそうで、人々が通るたびに発電し、鳥の声が流れる設計。

「エコロード」踏んで発電

タイルの中には、磁石をコイルに向かって動かすと電気ができる電磁誘導が起こる仕組みが搭載されていて、一歩踏むだけで5Wの電力を生み出すとか。

歩く時だけ電気が灯る道

「エコロード」

タイルを踏むことで、どれくらいの電気を作ったのかが分かるアプリも開発されていて、自分の歩数がLED灯を何秒間つけていられるのかを可視化できたりも。

すでにその技術は世界中に広がっていて、ワシントンDCの公道や、リオデジャネイロのサッカーコートなどに採用されているんですって。人が通る時だけ点灯し、そうでない時には節電ができる。クリーンエネルギーを自らの力でつくり出すという究極のエコ道路、歩いてみたいなあ。

Licensed material used with permission by Pavegen
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
「Terra Hale」はすでに3つの店舗がロンドンにオープンしていて、地球に優しいとして注目されています。
ルックスはちょっと大きめのマグカップみたいな「JikoPower」の紹介です。焚き火やガスコンロの火に突っ込めば、火力発電ができるんです。
「コムサコミューン」が、国内で廃棄される、落ち綿や端切れを集めて作ったリサイクル素材を用いたチェスターコートを展開中。
7月から9月にかけて、イギリスでは風力や太陽光、水力などの「再生可能エネルギー」による発電量が化石燃料による発電量を上回った。
究極のエコステイならNZにあるリトリートホテル「シャーウッド・クイーンズタウン」。世界60ヶ国を訪れた旅の達人・四角大輔さんにして「これは世界有数のエコレ...
インペリアル・カレッジ・ロンドンとスタートアップ企業の「Arborea」がタッグを組み、大気汚染の軽減に一役買うと期待される「BioSolar Leaf」...
アメリカのスーパーマーケット「THE GET GO」のエコバッグです。
暗闇で光るエコバッグは、特許技術のオーロラのように反射するリフレクター(反射材)を用いて、夜道での安全面とデザイン性の高い普遍的なプロダクトを提案する暗闇...
パティ4枚使用の「バーガーキング」人気シリーズ「超ワンパウンドビーフバーガーシリーズ」に最新作が登場。あれ、、バンズは……?
昨年末、フランスはノルマンディーにある、Tourouvre au Percheという小さな町に、ソーラーパネルでできた道路が開通した。これまでに、太陽光発...
菌の増殖を抑えつつ、時間の経過とともに徐々に菌数を減らす効果のある「制菌加工」を施した、衛生的で持ち運びもラクラクな「制菌エコバッグ」が誕生。
塗るだけで水素燃料を生成できるペンキの開発が、オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学で進んでいます。太陽光や風力といったクリーンエネルギーに続く発電方...
移動式の自転車カフェ「Wheelys」の最新バージョンが、この「Wheelys 4」。世界でもっともエコなマイクロカフェと言ってもいいでしょう。「Whee...
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
「Graphpaper(グラフペーパー)」の「Solotex Taffeta Down Jacket」の紹介です。
寒い季節は、身体が冷える影響で「生理痛」が重くなってしまう人が増加。そこで「生理痛軽減」に関するアイテムや工夫をいろいろ集めてみました。
再生可能エネルギーで生活できる街をつくろう。という計画は、実験段階ではあれど世界中で始まりつつあります。フロリダ・フォートマイヤーズもそのひとつ。エジソン...
ポルトガル・リスボンにある4ツ星ホテル「Inspira Santa Marta Hotel」。ここはサステイナブルな観光をする上で世界的に有名。2018年...
「Science Daily」に、中国海洋大学と雲南師範大学の科学者によって開発されている、太陽光と雨粒の両方から発電可能なソーラーパネルが紹介されました...
震災などの影響もあり、環境に配慮したアイテムを好む人たちの間では、「ちょっとオシャレな発電器」のブームが続いています。パーソナルなソーラーパネルや、手回し...
世界遺産に登録されているスリランカの熱帯雨林「シンハラージャ自然保護区」をZoomでつないでの、オンラインバーチャルエコツアーが開催される。
JETMINMINの「MARKET-L」は、「スーパーで買い物」がラクになるエコバッグ。