「目指すのは、100%ソーラー発電」。フロリダで建設中の再生可能エネルギーだけで生活できる街

再生可能エネルギーで生活できる街をつくろう。という計画は、実験段階ではあれど世界中で始まりつつあります。フロリダ・フォートマイヤーズもそのひとつ。

エジソンとその親友ヘンリー・フォードが暮らした家や、レッドソックスのキャンプ地がある場所として知っている人は多いかも。バブコックランチという広大な農場を整備し、住居や繁華街、そのほか学校などの公共施設を建設していく予定です。

太陽光発電で、
エネルギーを100%賄える街。

53828dfe6087502bd6716459cb7a1f5162b11cdb

EcoWatch」によると、不動産開発企業「Kitson & Partners」は、「世界一サステイナブルな街」、「アメリカ初のソーラータウン」を目指して、フロリダ政府と協力しながら計画を進行中。

電力は「Florida Power & Light」社が管理する、出力74.5メガワットに及ぶソーラー発電所から供給。2017年には1,100戸の住まいが立ち並び、完成すれば最大19,500人もの人々が暮らすようになると考えられています。

電力も現在使用している天然ガス以上の供給量を実現できる見込みで、さらに容量を増やしたい家庭はソーラーパネルを追加設置して対応できるそうです。

年内には15台電気自動車を導入し、アプリで管理できる全自動車両が走るようになるーーなんて話も。

再生可能エネルギーで、
暮らす・食べる・移動する。

93e7e9df65b49c6e7a420f356b3a5eb0075327e7

都市部で半自給自足できるように建設が予定されている、アムステルダムの「アーバンエコビレッジ」然り、生活のあらゆるバートにおいて環境に配慮した技術を試す機会が増えています。

多くの車両が電気自動車になると考えただけでも、街の空気がきれいに感じられるかも?どんな違いが実際にあるのか、完成が楽しみですね。

Reference:EcoWatch, EFFEKT
生可能エネルギーのひとつとして注目が集まる太陽光発電。起伏に富んだ日本の国土では、あの黒いパネルを無数に設置できる発電所の敷地確保は、意外に困難なんだそう...
オーストラリアのByron Bayで、世界で初めて完全にソーラー発電のみで走る電車の運行が開始されている。電車の屋根にはソーラーパネルが取り付けられ、ソー...
「Science Daily」に、中国海洋大学と雲南師範大学の科学者によって開発されている、太陽光と雨粒の両方から発電可能なソーラーパネルが紹介されました...
鹿児島県鹿屋市と大崎町にまたがる事業用地に、太陽光発電所を建設する計画が発表された。およそ200万m2の広大な敷地に設置されるのは、約340,740枚の太...
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
昨年末、フランスはノルマンディーにある、Tourouvre au Percheという小さな町に、ソーラーパネルでできた道路が開通した。これまでに、太陽光発...
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
塗るだけで水素燃料を生成できるペンキの開発が、オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学で進んでいます。太陽光や風力といったクリーンエネルギーに続く発電方...
持続可能なエネルギー社会の実現は、21世紀を生きる私たちにとっての至上命題。官民一体となっての代替エネルギー開発が進んでいます。環境にやさしいことは、まず...
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
スペイン・バルセロナの建築家André Broessel氏がデザインした「Rawlemon Solar Energy Generator」は、球体型のソー...
ソーラーパネルと言えば屋根に取り付けるものというイメージがありますが、「SolarGaps」はカーテンブラインド型の太陽光発電システム。窓に取り付けること...
「Co.Exist」の記事よると、フランス政府は「620マイル(約1,150km)のソーラーロード建設」を予定していて、もし実現すれば人口の8%にあたる約...
米・企業「SolarWindow Technologies, Inc」が開発しているのは、建物の窓ガラスが太陽光発電できるパネルになる優れもの。その見た目...
いろんなミントキャンディを試した結果、ここに落ち着きました。
「再生利用可能エネルギー」という言葉自体はよく見かけるようになりました。が、まだまだ有効活用しているよ、という人は少ないですよね。でも、世界的には着実にそ...
東日本大震災とそれに伴う原発事故発生を目の当たりにした、一人の若きエンジニアが、代替エネルギーに革命をもたらす事業を展開している。彼が目をつけたのは風力。...
将来的には水田を発電所と呼ぶようになるのかもしれません。オランダの企業「Plant-e」が開発したのは、植物を植えた湿地から電力を“収穫”する技術。まさに...
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
移動式の自転車カフェ「Wheelys」の最新バージョンが、この「Wheelys 4」。世界でもっともエコなマイクロカフェと言ってもいいでしょう。「Whee...
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
震災などの影響もあり、環境に配慮したアイテムを好む人たちの間では、「ちょっとオシャレな発電器」のブームが続いています。パーソナルなソーラーパネルや、手回し...
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。