スウェーデンの会社が320万円の「ベビーベッド」を制作。その理由とは……?

近頃、目にすることが多くなってきたサステイナブルな商品。しかし、製造や運送の過程も含めて、化石燃料を一切使用しないことは現実的に可能なのだろうか?

そんな疑問を検証をすべく、スウェーデンに拠点を置くエネルギー会社「バッテンフォール」は、原料や素材はもちろん、製造工程で必要となる電力や輸送にかかるエネルギーなどのすべてにおいて化石燃料を一切使用せずに「ベビーベッド」を製作。

その過程をまとめた様子をYouTubeで公開中だ。

© Vattenfall Nederland/YouTube

必要となる木材は電気を用いたチェーンソーで伐採し、電気自動車で輸送。グリーンエネルギーで稼働する製材場へと運ばれて加工された。また通常必要となるコットンは、化石燃料を使用せずに輸入するのが困難なため、地元で取れる麻を手織機でリネンに加工して代用。ウールはオランダのテッセル島からヨットで運ばれたという。

また、小さなロゴ入りの鉄部品を作成するにあたっては、スウェーデンにある会社と協力して水素を用いた“パイロットプラント(実験工場)”を建設。化石燃料に多く依存している鉄産業にとって、この試みは世界初となった。

徹底的に化石燃料を使用せずに制作された、この木製の上質なベビーベッド。なんと、すべての製造にかかった費用は$28,855(約320万円)に及んだという。

日常で使用する製品が、いかに化石燃料に依存して作られているのかを浮き彫りにした今回の実験。真にサステイナブルな製品を一般の消費者が手軽に買えるようになるまでは、まだまだ時間がかかりそうである。

Top image: © 2020 Vattenfall/DDB
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

エネルギーシンクタンク「Ember」の最新の年次報告書で、電力供給において風力や太陽光など再生可能エネルギーが石油を上回ったことを発表。
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
長野「八方尾根スキー場」に、CO2排出量ゼロ、100%再生可能エネルギー稼働するスキーリフトが誕生した。
2月4日、デンマーク政府は世界初となる「人工エネルギー島」の建設に着手することを発表した。
NASA、ジェット推進研究所、南カリフォルニア大学、ハイデラバード大学らの共同研究チームが、ISSで採取されたサンプルから4種の菌株を分離した結果、そのう...
「楽天」は国際的な環境イニシアチブ「RE100」に加盟し、2025年までに自社事業で使用する電力を100%再生可能エネルギーにする方針を発表した。
「セブン-イレブン・ジャパン」は9月下旬、店舗運営で使用する電力エネルギーのすべてを「再生可能エネルギー」から調達する実証実験を神奈川県内の10店舗でスタート。
サステイナブルな活動を積極的に進める化粧品大手「コーセー」の新たな取り組み。
ドイツ・ミュンヘンのスタートアップ企業「Sono Motors」が開発した世界初の量産型ソーラーカー「Sion」の予約受注台数が1万台を突破。1台あたりの...
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。
ロサンゼルス・ノースハリウッドにカラフルなプレハブが立ち並ぶエリアが誕生。施設には合計で39戸の建物が用意され、1部屋で2人が生活できるようになっているという。
7月から9月にかけて、イギリスでは風力や太陽光、水力などの「再生可能エネルギー」による発電量が化石燃料による発電量を上回った。
セビルオレンジといえば、苦味が特徴でマーマレードに最適なスペインの特産物。しかし、セリビア市では、そんなオレンジの新たな活用方法が見出されたらしい!
会期を1日延長して、どうにか採択を迎えたCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締結国会議)。アメリカ、中国、インドなどを含めた196カ国が温室効果ガス削...
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
2015年9月16日。スウェーデン政府は翌年の再利用可能エネルギー開発費に、45億クローネ(およそ650億円)の投資を予定していると発表しました。最終的に...
スウェーデンの首都、ストックホルムから1時間半ほど北西へ車を走らせたところにある村「Sätra Brunn(サトラ・ブルン)」が「クリスティーズ」で販売。...
高架橋の柱と柱の間に見える時計の針のようなものがついたいくつもの丸い穴。かなり奇抜なデザインだが、それだけではない。その機能性に注目だ。「Solar Wi...
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
アメリカのテネシー州にある「チャタヌーガ空港」は、空港で必要な総エネルギーを再生可能エネルギーでまかなうことを達成した。

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
イタリアのデザインスタジオ「Formafantasma」のウェブサイトがリニューアル。古きインターネットを彷彿とさせる文字だけのデザインに称賛が集まってい...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
1851年創業、ワイキキ、ダウンタウンのベーカリー「Love's Bakery」が3月末をもって閉店を決めた。
ベネズエラの首都、カラカス。南米有数の大都市である一方、世界でもトップクラスに治安の悪い都市としても悪名を轟かせています。1日に起きる殺人事件の数は、なん...
日本では大したことないと思われるかもしれない改良でも、高さをとるだけで、ブルックリンの人には大きな助けになる。
生徒や教師たちが亡くなった事件に対するトランプ大統領の発言は、彼の想像とは裏腹に、アメリカ社会に大きな波紋を起こし、新たなソーシャルムーブメントを生むこと...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
地球上で起こる自然災害の42.9%がアジアで起き、この20年で約2,500万人以上がホームレスになっているのだそうです。この情報を知った時、何ができるかー...