「電気自動車」のさらに先!「量産型ソーラーカー」に予約が殺到!

ドイツ・ミュンヘンのスタートアップ企業「Sono Motors」が開発した世界初の量産型ソーラーカー「Sion」の予約受注台数が1万台を突破している。

Sono Motorsの公式ウェブサイト上での予約販売は、1台あたりの価格が2万5500ユーロ(約301万3800円)の前払い式で、2021年の納車見込みにも関わらず好調だ。ユーザーからの期待のほどがうかがえる。

248個の太陽電池が装着されたSionは、太陽光で発電した電力エネルギーを動力源として最高時速140キロメートルで走行。量産化に向けては、スウェーデンの電気自動車製造会社「ナショナル・エレクトリック・ビーグル・スウェーデン(NEVS)」との提携を発表したおり、来夏に生産スタート。その後8年間で、26万台を生産する計画だ。

ドイツ、オーストリア、スイスなどから世界20ヵ国以上で予約受注を得ており、クルマ業界にも波及してきた再生可能エネルギーへの転換がグローバルな関心事であることの証にもなっている。

©Sono Motors
©Sono Motors
Top image: © Sono Motors
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
米自動車メーカー「SONDORS」の電気三輪自動車「Model SONDORS」。クールなフォルムなど特長はいくらでもありますが、何より特筆すべきはその値...
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
「ヴィクトリアズ・シークレット」初の日本人モデルは、小椚ちはるさん。2020年春コレクションを今すぐチェックすべし。