「電気自動車」のさらに先!「量産型ソーラーカー」に予約が殺到!

ドイツ・ミュンヘンのスタートアップ企業「Sono Motors」が開発した世界初の量産型ソーラーカー「Sion」の予約受注台数が1万台を突破している。

Sono Motorsの公式ウェブサイト上での予約販売は、1台あたりの価格が2万5500ユーロ(約301万3800円)の前払い式で、2021年の納車見込みにも関わらず好調だ。ユーザーからの期待のほどがうかがえる。

248個の太陽電池が装着されたSionは、太陽光で発電した電力エネルギーを動力源として最高時速140キロメートルで走行。量産化に向けては、スウェーデンの電気自動車製造会社「ナショナル・エレクトリック・ビーグル・スウェーデン(NEVS)」との提携を発表したおり、来夏に生産スタート。その後8年間で、26万台を生産する計画だ。

ドイツ、オーストリア、スイスなどから世界20ヵ国以上で予約受注を得ており、クルマ業界にも波及してきた再生可能エネルギーへの転換がグローバルな関心事であることの証にもなっている。

©Sono Motors
©Sono Motors
Top image: © Sono Motors
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
米自動車メーカー「SONDORS」の電気三輪自動車「Model SONDORS」。クールなフォルムなど特長はいくらでもありますが、何より特筆すべきはその値...
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。
アメリカのテネシー州にある「チャタヌーガ空港」は、空港で必要な総エネルギーを再生可能エネルギーでまかなうことを達成した。
お菓子づくりで重宝するマフィン型ですが、それ以外まったく出番がないなんてモッタイナイ!
ファーウェイの折りたたみスマホが話題になっていますが、個人的にはコッチの方を早く製品化してほしい!イギリスを拠点に置くデザイナーが考案しているブレスレット...
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
道路に埋め込まれたレールが電線の役割を果たし、電気自動車のバッテリーを充電できる仕組みを作り上げたプロジェクト「eRoadArlanda」の紹介。
東日本大震災とそれに伴う原発事故発生を目の当たりにした、一人の若きエンジニアが、代替エネルギーに革命をもたらす事業を展開している。彼が目をつけたのは風力。...
アメリカの自動車メーカーのフォードが宅配ロボット「Digit(ディジット)」を開発しました。このロボット、玄関先まで荷物を運んでくれる優れモノです。
使わないときには路上に隠れている電気自動車用の充電スタンドを、イギリス企業Urban Electricが開発した。この「UEone」はアプリで操作をしたら...
BMWの発表によれば、電気自動車のバッテリーをワイヤレス充電できるそう。つまり、駐車をするだけでバッテリーチャージが可能。充電スタンドに行く必要もなくなる...
溶かしたチョコレートにナッツやビスケットを入れて固めるだけ。
アウディが電気自動車「e-tron」の新モデルとして「e-tron Scooter」を発表。電動スクーターとスケートボードを組み合わせたような4輪のパーソ...
5月21日にラトビア銀行が、蜂の巣型の5ユーロ「Honey Coin」を3,000枚発行しました。
昨夏に公開されたコンセプト動画で、多くの人の気持ちを高揚させた超小型電気自動車「WALKCAR(ウォーカー)」。あれから約1年。ついに商品化が実現し、予約...
「早起きは三文の徳」など、早寝早起きをする人は働き者でデキる人で、夜更かしをする人は不摂生で仕事もデキない人、というイメージはいまだに根強いものがあります...
「子供の送り迎えや近所の買い物に行くだけだから、そんなに大きなクルマは必要ないんです。でも自転車やバイクは屋根がないし、ちょっと大変で…」。街にはそんな人...