カーテンブラインド型の「太陽光発電システム」を試してみたい!

ソーラーパネルと言えば屋根に取り付けるものというイメージがありますが、「SolarGaps」はカーテンブラインド型の太陽光発電システム。窓に取り付けることで簡単にエネルギーを生成してくれるんだとか。

遮光しながら電気を生み出すなんて、一石二鳥。

昼間は太陽を
自動で追跡

SolarGaps」は窓に取り付けて使います。日中はパネルが自動的に太陽の光を追跡して角度を変えてくれるので、効率的に発電可能。

窓ひとつ分の大きさ(約1平方メートル)で、最大100W~150Wの電力を作り出すそうです。これはLED電球30個分、またはMacBook3台分の電力を供給するのに十分な量。

生成した電力は、付属のSolarGapsドックを通して使えます。使わない分はバッテリーに保存することも可能ですし、もちろん電力会社に売ることも。

こうして電力をやりくりすることで、電気代を最大で70%も節約できるそうです。

専用のアプリを使えば、すぐに発電量を確認できます。また、付属のリモコンでブラインドの自動調整モードを解除すれば、自分の好きな角度にも。

あらかじめ設定しておくことで、朝起きる時間に光が入るようにしたり、夜寝る時間には完全に遮光したりといった、細かい調節もできます。

SolarGaps」を設置するときは、部屋の中ではなく外のほうが効果的。窓の上の壁に簡単に取り付けることができるようになっています。

耐久性が気になる人がいるかもしれませんが、耐久性のあるアルミで作られているため、耐熱範囲は-40℃〜80℃。

サイズは、Extra Small(60cm×60cm)からExtra Large(2.5m×4m)まで揃えていて、大きさによって価格は異なりますが、390ドル(約43,000円)で、3平方メートルの完全自動型SolarGapsと、Wi-Fi対応のコントロールシステムとリモコンのセットを購入できるそう。

ソーラーパネルを屋根に設置するのはちょっと…と抵抗があった人も、これなら導入できるかも?

Licensed material used with permission by SolarGaps Inc.

関連する記事

7月12日までクラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」にて資金調達をおこなっている「GoSun Flow」は、太陽光発電システムを搭載したポータ...
塗るだけで水素燃料を生成できるペンキの開発が、オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学で進んでいます。太陽光や風力といったクリーンエネルギーに続く発電方...
生可能エネルギーのひとつとして注目が集まる太陽光発電。起伏に富んだ日本の国土では、あの黒いパネルを無数に設置できる発電所の敷地確保は、意外に困難なんだそう...
ルックスはちょっと大きめのマグカップみたいな「JikoPower」の紹介です。焚き火やガスコンロの火に突っ込めば、火力発電ができるんです。
イタリア・ミラノ出身でスペインを拠点に活躍するデザイナー兼建築士のFederica Sala氏による「The Bruno's Swing」は、母をモチーフ...
経済産業省の発表によると、日本における太陽電池生産額は約1兆円マーケット。民家の屋根にパネルを設置している風景も目新しいものではなくなりましたよね。小型、...
12月4日、EVメーカー「Aptera Motors」が太陽光発電のみでも走行可能な三輪のEV「Paradigm」と「Paradigm+」の予約受付を開始した。
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
藻類が入ったカーテンの紹介。光合成をするので、二酸化炭素を吸収し、酸素を排出してくれます。
これまでにない透け感を実現したミラーレースカーテン、その名も「外の景色がよく見える。UVカット・ミラーレースカーテン」が「ベルメゾン」より発売。
アメリカを拠点とする「Allergy Amulet Inc.」は、創業者兼CEOの「Abigail Barnes」氏の幼少期の体験をもとに、食品に含まれる...
昨年末、フランスはノルマンディーにある、Tourouvre au Percheという小さな町に、ソーラーパネルでできた道路が開通した。これまでに、太陽光発...
これまでにない透け感を実現したミラーレースカーテン、その名も「外の景色がよく見える。UVカット・ミラーレースカーテン」が「ベルメゾン」より発売。
7月から9月にかけて、イギリスでは風力や太陽光、水力などの「再生可能エネルギー」による発電量が化石燃料による発電量を上回った。
光を遮りたいから用いるブラインド。ところが、その性質を逆手にとった、こんなアイデア照明がありました。
4月22日、アメリカ「カリフォルニア工科大学」のメディカルエンジニアリングを専門とする研究チームが、人間の肌に貼り付けて使用する「電子皮膚」を開発したと発...
東日本大震災とそれに伴う原発事故発生を目の当たりにした、一人の若きエンジニアが、代替エネルギーに革命をもたらす事業を展開している。彼が目をつけたのは風力。...
「Lucid Energy」が開発した発電システムは、インフラのひとつ「水道管」にタービン発電機を設置したもの。流れる水の力で発電できる。しかも、水質セン...
「Terra Hale」はすでに3つの店舗がロンドンにオープンしていて、地球に優しいとして注目されています。
空気さえあれば発電可能な非常用電源「AETERNUS(エイターナス)」。発火、爆発、一酸化炭素中毒などの恐れがなく、100V電源の家電やUSB電源の端末を...
スペイン・バルセロナの建築家André Broessel氏がデザインした「Rawlemon Solar Energy Generator」は、球体型のソー...
アリゾナ発のスタートアップ「Solar Breeze」が開発した、屋外プールに浮くゴミを取り除くAIロボ「Ariel」。ビート板のような形状で、フワフワ水...
このバスターミナルは屋根にソーラーパネルが設置されていて、ライトや電光掲示板、待合室の空調管理などに必要な電力を全て自家製でまかなえる。
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
震災などの影響もあり、環境に配慮したアイテムを好む人たちの間では、「ちょっとオシャレな発電器」のブームが続いています。パーソナルなソーラーパネルや、手回し...
「Facebook」はこのたび、2020年をもってすべての運営活動に100%再生可能エネルギーを使用し、二酸化炭素排出量をゼロにする目標を達成したと発表した。
クラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」にて、塩水で発電する次世代の携帯電源「HydraCell Power Cube」が販売中。
車内でも使える「太陽光発電のアロマディフューザー」が登場🌿
どんな場所にも持ち運びのできる“モバイル風力発電機”が、Kickstarterで出資を募っています。災害時や旅行の際にも大活躍の発電機「Trinity 5...
持続可能なエネルギー社会の実現は、21世紀を生きる私たちにとっての至上命題。官民一体となっての代替エネルギー開発が進んでいます。環境にやさしいことは、まず...