アウトドアシーンの「電源供給」に救世主現る!

アウトドア需要が高まる昨今、避けられないのが「電気供給」問題。

スマホにカメラにスピーカー……充電はどんどん減っていく。モバイルバッテリーも結局は切れちゃうし、小型の太陽光発電では充電に時間を要する。かといって大きい発電機はノイジーだし、重くて持ち運びも面倒くさい。

それでも、できることならサステイナブルな電力供給。じゃあどうする?

そこで紹介したいのが、クラウドファンディング「Kickstarter」で公開中のこちらのプロジェクトだ。

© kickstarter.com/Pinterest

風力タービン「Shine」は、風力発電によるサステイナブルな電力を超効率的に蓄電できる最新ギア。内部に1万2000mAhのバッテリーが搭載され、発電された電気を蓄電する仕組み。

水筒ほどの大きさで約1kgと軽量。これなら持ち運びもラクラク。取り付けも簡単で、どこにでもすぐ設置できる手軽さがうれしい。何しろ圧倒的なコンパクト設計のため、フルに蓄電が完了したあとはモバイルバッテリーとして持ち運ぶことだってできる。

サステイナブルな点でいえば、太陽光発電という選択肢もある。が、こちらは太陽光の発電効率の2倍以上。草木がほぼ揺れない程度の風量(8mph)でも発電可能で、ちょっと強めの風(18mph)が吹けば、1時間でスマホのフル充電ができてしまう。

というように、昼夜問わず稼働してくれ、静かなので、とにかく使い勝手がいい。でもってエコフレンドリー。もちろん、アウトドアに限らず災害時にも活躍してくれそう。

さすがに反響も大きく、「Kickstarter」では1800万円以上を集めてすぐに完売。そりゃこんな便利だったら欲しくなるよね......。

現在、再生産に向け活動中なので、気になった人はコチラからチェック!

© Aurea Technologies / Kickstarter
Top image: ©
Top image: © natalia_maroz/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事