人生で一度、「家」を失った人たちのための村

オランダ・アイントホーフェンから少し離れたところに、ホームレスのためのコミュニティが誕生しました。小さいけれど、太陽の光をあたたかく感じられるカラフルな村

「色にこだわることで、それぞれの家にアイデンティティを与えたい」

建築デザインスタジオ『Studio Elmo Vemijs』は、住宅設計と周囲の環境づくりを考え、人生で一度「家」を失った人たちのために“憩いの場”を作り出しました。

家と人を結びつける

3ed7c5d97439c55f04109f403fa6ba4595dc126e

カラフルな外装の家は、見ているこちらまでも元気な気持ちにさせてくれます。ただのプレハブ小屋ではなく、あえて色にこだわることで、家と人との関係を深く結びつけているのでしょう。

デザイナーたちが、355平方フィートの土地の中で、もっとも大切にしたのは「空間づくり」。問題を抱える人々が争いを起こさないようにと、見た目だけではなく、村そのもののデザインを工夫しているのです。

D9b6be18a7f0d5ee2c16db884abaa638d75979d9

村の中にある赤い家には、ホームレスの人々の監督役が住んでいます。監視だけではなく、村人たちをサポートすることで、秩序を保っているそうです。

38c401570745c2d2d43f9c9300ff3717e643f045

それぞれの家には、ソーラーパネルが設置されています。太陽の光をたくさん取り入れるように、「斜面」を意識した屋根。

9d2230736bb124e4f07dd3bfdae57fb24930f84b

窓枠を大きくしたのは、自然光が部屋の中まで届くようにするため。室内は、バスルーム、トイレ、キッチン付き。

386ea75874d59094ecef49692a43e41b6ed94216

一時的な避難所として作られたのですが、「家庭的なやさしさ」で溢れています。

ホームレスの心を救う“思いやりのある”村は、これからも多くの住人を家族のように迎え入れるのでしょうね。

Licensed material used with permission by ELMO VERMIJS
“飛び地”をご存知でしょうか?行政はどこかの県に所属していながら、地理的には他のどの地域にも接していなく、独立している土地。日本唯一の飛び地の村・北山村は...
「Social Bite Village」と名付けられたこの村は、ホームレスの人たちが経験しているネガティブサイクルを断ち切るのを目的にしている。
両親、家族、好きな人……。大切な人を想うための場所が、群馬県の嬬恋村(つまごいむら)にありました。その場所とは、ずばりキャベツ畑の中。
緑に覆われた建物が並ぶ、山中の景色。ここは中国は浙江省、舟山群島にある、後頭湾(ホウトウワン)村。
静岡県熱海市の建具屋、西島木工所で作られている「face two face」は、片面はウッドプレート、もう片面はまな板として使える便利アイテムです。素材は...
五感をつかって、その瞬間をあじわうこと。そうしているうちに、今どうしてもわからないことが、ふとして、わかってくることがある。
山奥にあるこの小さな村に、どうにかして人を呼び込めないものかと考えて打ち出したのが、有り余っている空き家を宿泊施設にするという『村ごとホテル案』。もともと...
富山県船橋村は、3.47平方キロメートルと面積が日本で一番小さな自治体。今は何もない広場を、「日本一楽しい」と自慢できる公園に作り変えたい。そして、遊びに...
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
福島県飯舘村は、東日本大震災で深刻な避難区域に指定され、2010年に6209人いた人口は41人になった。徐々に回復しているものの、全7校あった教育施設は移...
マンハッタンにある高級住宅「Kips Bay Decorator Show House」では、毎年、いろんなアーティストが集まって、展示会を開催しています。
カナダ・バンクーバーアイランドから10分ほど船に揺られると、「Freedom Cove」と名付けられた、おもちゃのようにカラフルな家を見つけることが出来ま...
その光景は、まるでイギリスの田舎町。人気観光地として名高いコッツウォルズさながらです。この村があるのはなんと日本。しかも、古都・京都というのだからさらに驚...
遠目から見ると、全体のビビットなカラフルさが、子どもの頃よく遊んだ「レゴブロック」を連想させます。おもちゃの世界のようなこの場所は、インドネシアのカンプン...
ホームレスの人たちへの支援と聞いたら、物資や食料の配給などを思い浮かべる。つまり、一時的には役立つのだけれど、すぐに消えてなくなってしまうものだ。だからこ...
何を狙っているのかは分かりませんが、ただただ見続けちゃいます。
2016年夏から2017年にかけて、オランダのフレヴォラント州にある自治体アルメーレ市に、100軒の家が建設される予定です。目的は自給自足できるコミュニテ...
業務用冷蔵庫より、はるかに寒い世界。ロシア連邦東部サハ共和国の首都ヤクーツクは、世界でもっとも寒い大都市だと言われてます。では世界一寒い村はどこにあるかと...
やんばるのオアシスとも言われる、沖縄県大宜味村の「ター滝」。亜熱帯のジャングルを探検しているような気分になれます。海遊びとはひと味ちがうリバートレッキング...
この足元用セラミックファンヒーターはまさにペンギン村にありそうなマシンです。イエローのボックスフォルムが最高!
生可能エネルギーのひとつとして注目が集まる太陽光発電。起伏に富んだ日本の国土では、あの黒いパネルを無数に設置できる発電所の敷地確保は、意外に困難なんだそう...
家に関して「常識」と信じられていることには、実は誤解がたくさんあります。それに基づいて家を建ててしまうと、住む人を不幸にしてしまいかねません。自著『住む人...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
「100匹以上のキツネがアナタをお出迎え!」 そんなキャッチコピーの宮城蔵王キツネ村を、あなたは知っていますか?大自然の中に放し飼いにされているのは、おな...