ホームレスのために「小さな家」を作り続ける男性

米オークランドに住むアーティスト、Gregory Kloehn氏。彼はゴミをリサイクルして、ホームレスの人たち用の家に改造しています。

廃材をリサイクルして
ホームレスの家に大変身!

th_スクリーンショット 2015-09-26 16.08.43ゴミがそのまま捨てられるのはもったいないと感じたKloehn氏は、再利用できないかと考えていました。
そこで彼は、廃材を利用してホームレスの人たちにモバイルハウスを作る「Homeless Homes Project」をスタート。

th_スクリーンショット 2015-09-26 16.08.26屋根がついていて雨風がしのげることはもちろん、ローラーが付いているので自由に動かすことも可能です。

th_スクリーンショット 2015-09-26 16.09.37材料には、使わなくなったベッドのフレーム、洗濯機や冷蔵庫の扉などさまざま。

th_スクリーンショット 2015-09-26 16.09.44完成したモバイルハウスは、ホームレスの人たちに無料でプレゼントしていきます。今では、彼を手伝ってくれる地元の人たちまで現れたとか。

th_スクリーンショット 2015-09-26 16.09.29

Kloehn氏は、このプロジェクトを通してホームレスの現状とともに、モバイルハウスの可能性も伝えていきたいと「Daily Mail」に話します。

これから、モバイルハウスの需要は高くなるんじゃないかな。エコで安い上に、簡単に作れるからね。そして、どこでも移動できる小さな家の方が、実は自由で豊かなのでは?って気づくようになると思うよ

th_スクリーンショット 2015-09-26 16.09.51

2014年、アメリカでは約58万人のホームレスがいるとアメリカ合衆国住宅都市開発省は報じています。
Kloehn氏の取り組みは、そのすべてを救えるわけではありませんが、多くの人が現状を知るきっかけにはなるはずです。

Licensed material used with permission by Greg Kloehn

4,000万円以上の寄付を集める、「GoFundMe」のクラウドファンディングが話題に。きっかけは、全財産が20ドルだったホームレス男性が、ある女性を助け...
オランダの都市部アイントフォーフェンから少し離れた土地に、ホームレスのためのコミュニティが誕生しました。小さいけれど、太陽の光をあたたかく感じられるカラフ...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
もしいつも一緒に仕事をしている人が、ホームレスだったら?ここで紹介する男性は、一見普通のカメラマンに見えますが実は家を持たないホームレス。彼の名前はMar...
heyのオフィスは広い! もったいないぐらい(笑)。
「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイトです。
ホームレスの人たちへの支援と聞いたら、物資や食料の配給などを思い浮かべる。つまり、一時的には役立つのだけれど、すぐに消えてなくなってしまうものだ。だからこ...
フロリダ州のサラソータ市では、政策の一環として、路上に公共のピアノが設置されている。これだけでも素敵な話だが、ここで取り上げたいのは、そのピアノで美しい演...
もしも、今と違う人生を歩めるとしたら。人生のターニングポイントは誰にでも訪れるもの。それが正しい選択だったかどうかなんて、後になっても分からないことばかり...
「Social Bite Village」と名付けられたこの村は、ホームレスの人たちが経験しているネガティブサイクルを断ち切るのを目的にしている。
2018年5月22日からノルウェー・エアシャトルのウェブサイトでは、気温を条件に目的地が選べるようになりました。
米・セントルイスに住むジェイク・オースティンは、長年ホームレスへのボランティア活動をしている男性。「ボランティア」とひと口に言っても、食事の補助から衣服提...
路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさ...
家に置けるものは、たったの「108個」だけ。そんなコンセプトの家・マイクロハウスをつくっている会社が福岡にあります。ものを持たない、つまり丸腰であることか...
みんなの笑顔をみたいから・・・。僕は髪を切り続ける。Mark Bustosさん(@markbustos)が投稿した写真 - 8月 8, 2014 at ...
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
「つらくてつらくて、立ち直れないと思う時だってある。でもそれは、未来が良くなっていくことのサインだと信じているんだ」自身のブログでそう力強く述べるのは、ニ...
栃木県小山市民を中心に老若男女に愛され、2005年に惜しまれつつ閉園した「小山ゆうえんち」。遊園地が開園中に活躍していた2層式アンティークのメリーゴーラン...
ホームレスに食を恵んで欲しいと頼まれた女子大生。結局一緒に食事をすることになったが、話を聞いてみると男性は昔ビジネスまでしていて今は自己破産したとのこと。...
「人間は誰にでも温かく、安全な場所で体を休める権利があるはずです。それが、たとえホームレスであったとしても。まるで厄介者のように扱うのではなく、彼らを思い...
ドイツ・シュトゥットガルト郊外の大学に通うLeonie Müllerさん。じつは彼女、訳あってホームレスを続けている。「ある日、大家さんとケンカになっちゃ...
ホームレスシェルターに求められるのは、安全で衛生的で場所を取らないこと。それらのニーズに応えるように作られたのが、デザインスタジオ「Framlab」のビル...
かつて、自動車産業の中心地として栄えたミシガン州デトロイトは、2013年7月、負債総額180億ドル(当時のレートで約1兆8,000億円)を超え、財政破綻し...
2015年9月4日、ブラジル・サンパウロの教会前。銃を持った男が女性の身を拘束する事件が発生した。犯人は警察にもよく顔を知られている重犯罪者だったと報じら...