ホームレスのために「小さな家」を作り続ける男性

米オークランドに住むアーティスト、Gregory Kloehn氏。彼はゴミをリサイクルして、ホームレスの人たち用の家に改造しています。

廃材をリサイクルして
ホームレスの家に大変身!

th_スクリーンショット 2015-09-26 16.08.43ゴミがそのまま捨てられるのはもったいないと感じたKloehn氏は、再利用できないかと考えていました。
そこで彼は、廃材を利用してホームレスの人たちにモバイルハウスを作る「Homeless Homes Project」をスタート。

th_スクリーンショット 2015-09-26 16.08.26屋根がついていて雨風がしのげることはもちろん、ローラーが付いているので自由に動かすことも可能です。

th_スクリーンショット 2015-09-26 16.09.37材料には、使わなくなったベッドのフレーム、洗濯機や冷蔵庫の扉などさまざま。

th_スクリーンショット 2015-09-26 16.09.44完成したモバイルハウスは、ホームレスの人たちに無料でプレゼントしていきます。今では、彼を手伝ってくれる地元の人たちまで現れたとか。

th_スクリーンショット 2015-09-26 16.09.29

Kloehn氏は、このプロジェクトを通してホームレスの現状とともに、モバイルハウスの可能性も伝えていきたいと「Daily Mail」に話します。

これから、モバイルハウスの需要は高くなるんじゃないかな。エコで安い上に、簡単に作れるからね。そして、どこでも移動できる小さな家の方が、実は自由で豊かなのでは?って気づくようになると思うよ

th_スクリーンショット 2015-09-26 16.09.51

2014年、アメリカでは約58万人のホームレスがいるとアメリカ合衆国住宅都市開発省は報じています。
Kloehn氏の取り組みは、そのすべてを救えるわけではありませんが、多くの人が現状を知るきっかけにはなるはずです。

Licensed material used with permission by Greg Kloehn

関連する記事

ホームレスシェルターに求められるのは、安全で衛生的で場所を取らないこと。それらのニーズに応えるように作られたのが、デザインスタジオ「Framlab」のビル...
ドイツで貧困問題が深刻化する中、ベルリンのあるクラブが、2019年1月と2月、週1でホームレスのためにスペースを開放します。彼らはここで暖をとり、睡眠をと...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
ラッピングされた巨大なプレゼントが出現したのはドイツ・ベルリン。誰に向けはものかと思いきや、氷点下になるこの街の寒さに震えるホームレスのためのものでした。
「EARMIND」は、異なる6つのアート分野の作家や工房によって手掛けられた、デザイン性を高めたカスタマイズBluetoothイヤホンだ。
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
オーストラリアを拠点に活動する慈善団体「Beddwon」は、夜間に使われていない駐車場スペースを利用して、ホームレスのための「ポップアップ宿泊施設」を立ち...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
感染拡大防止のため、あのハリウッド映画の登場人物たちも......マスクを着用し始めた!?
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...