NYのビルに寄生するシェルター

アメリカは先進国の中でも女性や子どものホームレスが多い国として知られています。

ニューヨークで暮らすホームレスの数は6万人を超えており、シェルターで生活する人もいますが、衛生面や安全面に関して良好と言える状態ではない場所も多くある模様。

ホームレスシェルターに求められるのは、安全で衛生的で場所を取らないこと。それらのニーズに応えるように作られたのが、デザインスタジオ「Framlab」のビルの壁に隣接するシェルターです。

プライバシーを守る個室型シェルター

街中にシェルターを作る際、どうしても問題になるのがスペースの確保。増え続けるホームレスに対して、街の広さが変わるわけではありません。

Framlabはそれを解決すべく、使い道のないスペースであるビルの壁に着目しました。

写真で見るとまるでビルにくっついているように見えますが、実際は隣接しているだけ。ビルの壁に沿って階段を設置し、それを介して3Dプリンターで印刷された六角形のユニットを並べています。

各ユニットのスペースは限られていますが、完全な個室になるためプライバシーが確保され、より安全に生活することができるみたい。

ユニットの内部はこのようになっています。

夏と冬の寒暖差が激しいニューヨークでも快適に過ごせるよう、使用する素材を含めて気候に対応した作りになっているそう。

寝室やシャワールームなど
ユニットの使い方もさまざま

ユニットの間取りにはいくつか種類があり、ベッドや机が備えつけられているものも。家具もユニット本体同様3Dプリンターで作られており、リサイクル可能なバイオプラスチック製。

このユニットは、居住スペースとしてだけでなく広告媒体としても使うことができます。窓は特殊なガラスで作られているため、そこにデジタルコンテンツやアートワークを映し出すことができるのです。

ホームレスでない人にとっても、今まで利用されていなかったビルの壁が広告の場になるという利点があるのがポイント。

このプロジェクトはまだ動き始めたばかりで、ニューヨークにこのホームレスシェルターが導入されるかは未定。市や市民がユニットの設置を受け入れ、実際に設置されるまでにはまだ少し時間がかかるかもしれません。

しかし、街にあふれるホームレスを救う手段として、そして安全で衛生的な街作りの一環として、今後に期待が高まります。

Licensed material used with permission by Framlab
現在、Amazonが慈善事業の一環として、8階建の巨大なホームレスシェルターを建設している。場所は、Amazon本社のすぐ近くであるシアトルの中心地。
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
ニューヨーク市で「鳥にやさしい窓」の設置を義務化する法律が可決され話題となっている。この法律の対象は市内の新しく建てられるビルや改修工事がされるビル。今後...
引越しする夢の意味とは?夢占いの専門家が人、シチュエーション別に解説します。
イタリアの建築家Lissoni Associatiさんが提案している「High Lines」。彼が考えているのは、ビルとビルの間に吊るす「道」です。
ハワイの建築会社Group 70 Internationalが、面白い取り組みを始めています。彼らは、使わなくなった古いバスを改装してホームレス用のシェル...
ニューヨーク・マンハッタンの再開発地区「Hudson Yards(ハドソンヤード)」に建てられた超高層ビル「30 Hudson Yards」。地上335メ...
私がNYに行ったのは、もうずっと前の9歳位のとき。田舎町で育った私にとって、はじめての大都会は「未来都市」のように思えてならなかった。背の高いビルに囲まれ...
エコシステムがすべて建物内で完結するという、ニューヨークを舞台に構想された近未来的な摩天楼アイデアをご紹介。
格好良さ、機能性ありき。そのうえで環境に配慮されているサステイナブルなファッションブランドを3つピックアップ。
所狭しと高層ビルが立ち並ぶ摩天楼「NY」。そんな街で暮らすニューヨーカーたちの憩いの場「セントラルパーク」に、仰天のコンセプトデザインが提案されました。「...
ドイツで貧困問題が深刻化する中、ベルリンのあるクラブが、2019年1月と2月、週1でホームレスのためにスペースを開放します。彼らはここで暖をとり、睡眠をと...
ポートランドに本社を構えるNIKEが、ニューヨークに新オフィスを開設しました。「ナイキ・ワールド・キャンパス」と呼ばれる本社には、クライミングウォールやバ...
「このスケボーの人、デリバリー中だったんですよ(笑)」。びっくりを通り越してクスッと笑っちゃうような出来事って、時々ある。
ホームレスの女性たちを助けるべく、製作されたポスター。生理用ナプキンが集まるように設計されています。
「ぎふコーラ」というクラフトコーラが、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で話題になっている。
今月11日の「カミングアウトデー」にクッキーブランド「オレオ」が1本のショートフィルムを公開した。
以前、オーストラリアのイケメン消防士のカレンダーを取り上げましたが、ここでは特徴が異なるアメリカ・ニューヨークのタクシー運転手のカレンダーを紹介。
もしいつも一緒に仕事をしている人が、ホームレスだったら?ここで紹介する男性は、一見普通のカメラマンに見えますが実は家を持たないホームレス。彼の名前はMar...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
「人間は誰にでも温かく、安全な場所で体を休める権利があるはずです。それが、たとえホームレスであったとしても。まるで厄介者のように扱うのではなく、彼らを思い...
オーストラリアを拠点に活動する慈善団体「Beddwon」は、夜間に使われていない駐車場スペースを利用して、ホームレスのための「ポップアップ宿泊施設」を立ち...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...