NYのビルに描かれた「10の仕事論」が話題に!

ここは、NYにあるHouston StreetとMott Streetの交差点。フォトグラファーのジェイソン・ワイチェが撮影したのは、なんと自己啓発の文言が書かれたビルの壁でした。

「HOW TO WORK BETTER」
(上手に働く方法)

Bf768c59b72184776ab94545cf6e61848a1d57e5

01.何かするときは、一度に一つずつ。
02.問題を知ろう。
03.聞くことを学ぼう。
04.質問することを学ぼう。
05.無意味から意味を区別しよう。
06.変化を、避けられないものと受け入れよう。
07.間違いを認めよう。
08.シンプルに言おう。
09.落ち着こう。
10.笑おう。

じつはこれ、「Peter Fischli and David Weiss」というスイス人アーティストたちの作品。「Public Art Fund」によれば、もとを辿れば30年以上前のこと。タイの陶器工場にあった掲示板に書かれていた文言を使用したものだそうです。いつの時代も、ハードワーカーたちの間では、苦労を乗り越えるための教訓が掲げられていたのかも。

写真は、2016年2月5日から5月1日までの間、新たに行われていた展示。その第一弾は、1991年チューリッヒのオフィスビルに展示されていました。今も多くの人々の手によってコピーされ、拡散し続けているそうです。

Licensed material used with permission by Jason Wyche
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
10年後、僕たちの働き方はどう変わっていると思いますか?
人生は一度切り。だから、「これをやるために生まれてきた」と思える仕事に出会いたいと思っている人は、少なくないのではないでしょうか?今回は欧米の研究者による...
考え方は主流でなくともミニマリストは、仕事をする上で重要なことをしっかりと見極められているのかもしれません。ここでは、「BecomingMnimalist...
仕事やプライベート。人生における悩みは尽きないものです。ここで参考にさせていただくのは、高田晋一さんがまとめた『自己啓発の名著から学ぶ 世界一カンタンな人...
NYの有名ホテルチェーン「ACE HOTEL」のロビーでは、クリエイターやノマドワーカー、スタートアップ企業たちが仕事をしているらしい。日本でもそんな新し...
グローバル経済の時代、「働き方」も目まぐるしい変化を遂げている。ブルーカラーのみならず、ホワイトカラーの労働までもが国境を越えるようになった。この先も、自...
人によって働く意味は様々。正解も不正解もありません。しかし、働く女子がいずれ直面するのが結婚や出産といったライフイベント。働く意味が変わってきたり、働くこ...
昔は、社会人になればすぐに、甘えの許されない状況に立たされざるを得なかった。それを行ううちに、社会を支える一人の大人としての自覚が生まれたものだ。ところが...
ドアマンという職業を知っているだろうか。ホテルやレジデンスのドアをひたすら開け閉めする、あのお仕事。表舞台に出ることのない仕事人からこそ、彼らから学べる姿...
「Inc.com」に掲載された、仕事の生産性に関するこの記事は、社会人なら読んでおいて損はないはず。個人的には、特に01.を重点的に試してみたいと思いまし...
フレキシブルな労働を可能にしてくれる「あたらしい働き方」。このようなワークスタイルに憧れる人はたくさんいます。けれど、誰もができるとは限りません。それ相応...
日本人フォトグラファー・MAR SHIRASUNAの作品『Beauty and NYC』。ニューヨークの高層ビルで、屋上のふちに佇む美女を撮ったもの。NY...
「どうせならば、悩みがなくて、ノーストレスで生きていきたい」と、誰もが思うはず。でも人生は山あり谷あり。不条理なことで悩まされることもあります。高田晋一さ...
仕事漬けの毎日を過ごしていると、ふと何のために働いているのかわからなくなってしまうときがありますよね。毎日が忙しすぎて、大切なことを見失っているということ...
社会という大海原の中を泳ぎ、仕事をこなし、自分の価値を上げていくために必要な考え方とは?自著『面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則』から、5つのヒ...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
「少しでも自分の生き方を変えたい!」と思って自己啓発本を手にしても、分厚いし内容が難しそう…という理由で、読むのを諦めた人も多いのではないでしょうか。高田...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...