ビルゲイツが「全社員の車ナンバー」を記憶した、本当の理由。

ビル・ゲイツが「社員全員の車ナンバーを記憶していた」というのは、有名な話ですよね。

でも、それがなぜだか知っていましたか?残業してまで、努力している人たちを把握するためじゃないのです。

この行動には『ビル・ゲイツがどんなリーダーを目指していたのか』が、とてもわかりやすく表れているのだそう。

Inc.」のビジネスライター、Jeff Hadenさんの記事よりご紹介します。

4773795818635264

「全社員の車のナンバープレートを暗記していたので、駐車場さえ見渡せば、誰がいつ出勤して、いつ退勤したかすぐに確認できました」と言うゲイツ

週末も休まず働く彼のことだから、社員の出勤・退勤時間を把握したかったのでしょう。そういえばどこかの海外ドラマでは、「休日ってなに?必要ないでしょ?」なんて台詞もありましたよね。まさに彼は、そういうタイプだったことでしょう。

ゲイツは、「自分の基準を周りに押し付けないように注意を払わないといけない」なんて口にしてはいたものの、社員に求めているものは明確でした。

「ムダに労働時間が長い社員」は、
もっとも不要だと言える。

5131787248336896

ゲイツが社員を評価するときに重要視していたことは何か?

圧倒的に<成果>でした。

長時間働いていても、乏しい結果しか残せない人はいます。私自身、何人もそういう社員を見てきました。たとえ早朝から出勤していたとしても、彼らは「心にゆとりを」なんて、ゆったりとスタートを切り、結局夜遅くまで業務は終わらず、最終的に「休む暇もない」なんて愚痴をこぼすのです。

職場にいる時間と業務の効率は、必ずしも比例しません。

仕事にかける時間より、目に見える価値。つまり結果を残すことの方が、よっぽど大事だったのです。その考えが顕著に現れているのが、この「ナンバーを記憶すること」に表れていると言えます。

毎秒毎分、社員が手を抜かずに働いているかどうかを心配するなんて、とてつもないストレスです。

だからこそ、限られた時間の中でしっかりと成果を出す、頼れる人材たちを社内に固めておいたほうが良い。そして、信じているのだと心から伝えられるからこそ、信頼関係が深まるのです。

今いる社員が頼れないのなら、彼らは給与名簿から外すべきです。ゲイツも結果を重要視するようになってから、より効率的に動けるリーダーに転身しました。

与えられた椅子にどれだけ長く座っていても、結果に結びつくとは限らないのだから。


【TABI LABOのsarahahができました◎】

・TABI LABOでこんな記事が読みたい

・こういう記事が好き

・何か聞きたいこと、伝えたいこと

などなど、匿名でポッチっと受付中です。こちらからどうぞ

Top Photo byJamie McCarthy/Getty Images for Bill & Melinda Gates Foundation
Licensed material used with permission by Jeff Haden
およそ20年前にMicrosoftの開発者だった男性は、会社の卓球大会でビル・ゲイツ氏と対決をする機会に恵まれました。そこで彼は、仕事に大切な3つのことを...
コンピューターってどうやって動いているの?そんな素朴なギモンにビル・ゲイツを始め、元AppleのデザイナーやxBox開発者がイラスト付きで解説してくれる教...
ハーバード大学が今年の卒業スピーチに指名したのは、Facebookのマーク・ザッカーバーグ。ちょっと心配そうな彼がアドバイスを求めた相手は、ちょうど今から...
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
オーストリアのフォトグラファーStefanと自転車のポートレイト。もうそれ以外よくわからないっ(笑)
マイクロソフト社の共同創業者で会長のビル・ゲイツが高校生に語ったと言われているスピーチ。彼は、私たちが学校では学べない「人生で大切な11のルール」を教えて...
スターバックスコーヒージャパン、ザ・ボディショップのCEOを務めた、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。会社の方向性はもちろん、部下のや...
成功をしている人たちは失敗ばかりしている、全知全能であって、天性のリーダーシップがあるなど、は誤解であり、そのように信じていることが、自分の成功の機会へ遠...
よいリーダーは、様々なスキルを要するもの。とりわけ、素晴らしいリーダーになるためには、あるスキルが重要な鍵を握っている。それは、演技の才能だ。瞬間瞬間をも...
「エジソンやナポレオンは4時間しか寝なかった」とか、「織田信長の睡眠時間は3時間だった」とか、何かと偉人たちのショートスリーパー伝説が語られがちな昨今。か...
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
総資産額は9兆7,000億円と推定されているにも関わらず「マクドナルドとバーガーキングが大好きだ」とざっくばらんに語り、親近感すら覚えてしまうビル・ゲイツ...
なぜか優秀な人から辞めていく。そんな職場に身を置いたことはありませんか?自身もCEOとして活躍するElle Kaplan氏は「Inc.」の記事のなかで「で...
スターバックスコーヒージャパン、ザ・ボディショップのCEOを務めた、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。彼は、リーダーのコミュニケーショ...
ビル・ゲイツは年に数回、<Think Week(考える週)>を設けている。その間は本を読んだり、同僚が時代に取り残されないように、と選んでくれた資料に目を...
新年度になり、約1ヶ月。入社当時、あなたに尊敬の眼差しを向け、元気よく挨拶や返事をしてくれていた新入社員…今はどうですか?「あれ、そういえば…」と思い当た...
昨年の9月にユニークな本が出版された。タイトルは『シブいビル』。1960年代~70年代の高度経済成長期に建てられた東京のビル群を愛でるという内容で、紹介さ...
今、健康志向の欧米人のあいだで人気爆発の生ゴマペースト「タヒニ」をドレッシングにアレンジしました。
スターバックスコーヒージャパン、ザ・ボディショップのCEOを務めた、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。「誰の味方であるべきか」「何を重...
「KAGIYAビル」は、静岡のJR浜松駅から徒歩10分のところのある注目のスポット。築50年以上で空き室だらけだったこのビルは、2012年10月に "ショ...
人から注目されることが苦手でも、ぜんぜん大丈夫。
「行動力」とは、前進する姿ばかりを指すのではありません。時に立ち止まり、自分を見つめ直すことこそが「行動力」なのです。それを踏まえて、部下から信頼されるリ...
新生活が始まって数ヶ月が経ち、新入社員のみなさんも、受け入れた会社側も、お互いに慣れてきた頃ではないでしょうか。最初は右も左もわからなかったところから、少...
2004年にAppleに入社したHuxley Dunsanyは、社員証の裏に書かれていた「成功のためのルール」を公開しました。その内容を実践したら、自身の...