好きなことを副業に。スモールビジネスに必要な「考え方」とは?

さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 

今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、どんなこともビジネスにできるビジネス脳を持つ方法、です。

私は基本的に得意なこと、好きなことを仕事として持っておくといいと思っています。手前味噌ですが、好きこそものの上手なれ、だからです。

それができない立場だとしても、世の中の流れとして副業はどんどん勧められてますし、 本業+好きなことを仕事にした副業、のあわせ技をやるのもいいですね。

ビジネスは大きく分けて
2通りしかない

D36b270dfa3c3da3600418342e16fc2812a2b4b0

本業としての仕事でなくとも、スモールビジネスは全員に持っていてほしいものです。月に使えるお金がもう2〜3万円くらい欲しい、そんな人にスモールビジネスは特にオススメです。

ただ「ビジネスなんてそんな簡単に思いつかないよ」とよく相談されます。ビジネスのタネは、コツさえ掴めばどこにでもあるもので、いくらでも持ってこれるんですね。ビジネスは大きく分けると、実は2通りしかないんです。

「マイナスを0、あるいはプラスにするか、0をプラスにするか」

マイナスをプラスにするには、緊急性のある悩みというマイナスを解決して、明るい未来を 見せることで、悩みがプラスに転換する、ということです。

たとえば、歯が痛くて歯医者にいくのは「マイナス→0」にしてますよね。 0をプラスにするのは、いま特に悩んでないけどもっと良くなる、もっと良い気持ちになる、ということです。

たとえばディズニーランドは、なにかに深く悩んでいるわけじゃないけど、夢の世界に行けるというプラスがあります。

ビジネスは、実はこの2つだけなんです。 

最初から何十万、何百万も
かける必要はない

初めてスモールビジネスに取り組むのであれば「マイナスを0にする」ほうがオススメです。

「悩みを書き出す or 友達に聞く→解決する」ができれば、とりあえずビジネスになります。

あとは、ほんとにそれでいいのか、できるだけ費用をかけずに実際にやってみて、小さくテストを重ねます。自信がなければ、最初は赤字覚悟の金額でスタートして、反応が良かっ たら、需要と供給のバランスが取れるようになるまで値段をあげていく。

1円でも売上が出れば、それが始まりです。

ビジネスにするとはいっても、初期投資で何十万、何百万もかける必要はなくて、例えば私の場合、自分の得意・好きなジャンルをテーマにしたセミナーを時々やっていますが、新しく始めるセミナーなら会場代さえ払えばできちゃいますよね。会場は探せば、 都内でも無料で貸し出してくれるところもあります。 

何が売れるかなんてわからない
テストの回数は多いほうがいい

E2ad6c84061a76216b80ae9036670b2ab78b4c1d

スモールビジネスで大事なことは、最初に考えたアイデアは改良していくことを前提に、 早く試すことです。価値観が多様化した今、何が売れるのかはやってみないとわからないことが、ほとんどです。つまり、テストをした数が多ければ多いほどいいんです。

逆にやりたいことがありすぎる場合は、絞る必要があります。どれにするのかは、それらを並べてみて、

情熱がどれくらいあるか
×
どれくらいの人が求めているか
×
どれくらい得意か

をそれぞれ10点満点で計算して、3つを掛けてみてください。その中で一番高いものを選びます。

これはどんなビジネスをするのにも使える方程式ですが、スモールビジネスの場合「どれくらい得意か」あるいは「情熱がどれくらいあるか」を最優先で考えることができます。

よく、得意・好きなことだけではビジネスにはならないと言われますが、それは市場の大きさの問題で、スモールビジネス程度であればどんな分野でも成り立ちます。

得意なことがない人は「どれくらいの人が求めているか」を重視して考えてみるといいでしょう。

仕事が心から楽しくなる
「ビジネス脳」

スモールビジネスを作れるようになると、収入をコントロールできるようになります。

スモールビジネスの良いところは、2つあります。まず、やればやるだけどんどんスモールビジネスの数を増やしていけます。次に、1つのスモールビジネスを一度作りあげると、 あとは手入れする程度なので、かける時間も減ります。

さらにスモールビジネスとはいっても、自分が使える時間がたくさんあればマーケティング、経営、セールスなどを学んで、本業にしていくこともできます。この場合は、どれくらいの人が求めているか、が少なすぎると限界がありますが。

どんなこともビジネスにできる「ビジネス脳」を持てれば、得意・好きなことを仕事にするわけなので、仕事をすることが心から楽しくなりますし、本業でも活きてきます。

ビジネス脳を持つために、どの分野でやっていくのかジャンルを決めて、その分野で悩みを解決してあげてください。

それがスモールビジネスを作れるようになる、最初の一歩になります。

スモールビジネスの作り方について、もっと詳しく学びたい方がいましたら、こういったネットには書いていない、実践的な情報が集まるオンラインサロンを運営しているので、興味 があればぜひ一度のぞいてみてください。

Licensed material used with permission by Ryutaro Imoto, (blog), (coconala), (オンラインサロン)
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
今の時代、これまでは考えられなかったほどのスピードであらゆることが目まぐるしく変化することで、価値観が多様化して働き方や生き方について考える機会が増えてき...
前回、・ITを使った業務の効率化で働く時間を減らすこと ・どんなことでもビジネスにできるビジネス脳を持つことで「好き」を仕事にすることができるようになると...
2013年にポートランドで始まった、100%プラトニックな添い寝ビジネス『Cuddle Up To Me』。このアイデアが生まれたきっかけは、設立者の壮絶...
「先週末(10月12日〜14日)、NYCでは銃撃事件がありませんでした。これは何十年も達成できていなかった目標の1つです」──ニューヨーク市警察本部長Ro...
若者たちで連日賑わう遊び場「Szimpla Kert(シンプルケルト)」は、ジドー・ネジェドというユダヤ人街にある廃墟バー。廃墟となって放置されていた集合...
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。フツーのキャリアから始...
このコラムでは、ここ数回に渡り、どんなこともビジネスにできるビジネス脳を持ってITを使った業務の効率化で働く時間を半分にできれば「自由に働き方を選べる...
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。vol.5はライターで...
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
いま、東京でもっとも勢いのあるレストランを牽引する"破廉恥"シェフ(これ、ほめ言葉です)-鳥羽 周作-小学校教諭を辞め32歳で料理の世界に飛び込み、わずか...
アメリカで広がる大麻合法化の流れをうけて、前回はその税金の使われ方やテクノロジー業界の大麻ビジネスについて紹介した。今回は、急増する大麻サービスに触れつつ...
世界には年収1000万以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。起業した時、手持ちの資金は...
世界を相手にビジネスで渡りあっていくためには、グローバルな人材でなければいけない。それには「5つのツール」が必要と説くのは、布留川勝さん。近著『パーソナル...
コンサルティング会社に勤め、のべ3,000人以上の成功者を近くで見てきたそう。世で成功をつかんできた人たちの多くは、占い師との交流があったと言います。間接...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で秋の夜長を楽しむ女の子をスナップ&セルフィー。アンケートへの名解答&珍解答にも注目!
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
大好きなことを仕事にできたら最高。でもそんなの夢のまた夢…とあきらめてしまうのはまだ早い!イギリスには、好きなことをSNSで発信しまくっていたら、今まで存...
10年後、僕たちの働き方はどう変わっていると思いますか?
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
「海外勤務」に憧れている人が、その夢を実現させるためには、一体どんな力が必要なのでしょうか。まず最初に思いつくのが「語学力」だと思いますが、それよりももっ...
ビジネスを始めたい!など、何か目標があるからといって、大学を中退するのは大きな賭けとも言えます。4年間も大学に通うなんて無駄だな…と感じながらも、そうしな...
ヴァージン・グループの創設者、リチャード・ブランソン。彼は航空事業にモバイルビジネス、さらには宇宙旅行のサービス開発など、多岐にわたる事業を起こし成功して...
時間や場所などに拘束されないフリーランサーたちの生活は、一度は憧れるワークスタイルかもしれません。でも、複数の仕事を掛け持ちしているからこそ、時間と収入の...